祝伊丹空港グランドオープン!ウォークスルー商業エリア新店舗紹介(南ターミナル編)
スポンサーリンク

伊丹空港はリニューアルを終えウォークスルー型商業エリアが2020年8月5日オープンしました。早めに保安検査場を通過しても、搭乗までの待ち時間に買い物や食事が楽しめるようになりました。南ターミナルのウォークスルー商業エリア新店舗をご紹介します

伊丹空港ターミナル改修プロジェクトとは?

2018年4月18日伊丹空港(大阪国際空港)中央エリアの商業施設と屋上エリアがリニューアルオープンしました。この時のリニューアルで新たに誕生した店舗を以前にご紹介しました。

1969年の開業後大規模改修は初めてのことでしたが、このリニューアルは「先行リニューアルオープン」という位置づけでまだまだ現在でも伊丹空港のリニューアル工事は続いていました。2014年9月に発表された大阪国際空港(伊丹空港)ターミナル改修プロジェクト「Speedy&Smart 都市型先進空港 ITM」の資料、公表されている改修スケジュールを元に今後伊丹空港がどのように改修され、リニューアル後はどんな伊丹空港に変化していくのかをまとめた記事が以下になります。

到着動線を先行して変更した後、引き続き南北ターミナルの出発エリアのリニューアルを進めていました。航空会社のラウンジも移転、新装となりました。

当初は東京五輪前の2020年7月24日のグランドオープンを予定していましたが、新型コロナウイルスの影響で延期し、2020年8月5日にグランドオープンしました。

先ほどの記事内でも触れていますが、グランドオープン前にリニューアルが終わっていなかった項目で主なものが以下となります

制限エリア内

ウォークスルー型商業エリアオープン

保安検査場通過後、搭乗口へ向かう通路に国内線空港初のウォークスルー型商業エリアを設け、物販ゾーンから飲食ゾーンへと回遊しながら搭乗口へ向かう形になります。まぁギリギリの時間に保安検査場を通過して急いでいる場合は通路が曲がりくねっていると不便なことこの上ないでしょうけど(笑)店舗は保安検査場通過後に計31店舗(南17店舗、北14店舗)、保安検査場通過前に5店舗(南1店舗、北4店舗)が出店します。

保安検査場

スマートレーン本格運用

南北保安検査場でのスマートレーンの本格運用を開始する他、ムービンウォークも増設します。

 

今回は南ターミナルのウォークスルー商業エリア新店舗をご紹介します

スポンサーリンク

伊丹空港南ターミナルのウォークスルー商業エリア新店舗紹介

南ターミナルには物販9店舗(うち7店舗が新規出店)、飲食8店舗(うち6店舗が新規出店)となります。利用客には早めに保安検査場を通過してもらい、定時運航率の向上にもつなげていく狙い

 

ちなみに上の画像左側のお店に囲まれたオープンスーペースはたくさん椅子があってゆったりと食事を楽しめそうです!

ウォークスルー型商業エリアの新店舗

1→じゃらんマルシェ

業種:菓子・雑貨・旅行情報誌
じゃらん編集部がセレクトしたお土産ショップです。旅の思い出や帰省時など、お客様のシーンに合わせたお土産をご提供します。旅行情報誌もご用意しております。

関西2府4県のこだわりのご当地銘菓をじゃらん編集部がセレクトし販売するお土産ショップです。各エリアの「じゃらん」も販売されています。

手土産におすすめの季節に合わせた関西の商品を販売予定とのことで楽しみです。

個人的おすすめは京都祇園あのんの「あんぽーね」(上の写真下段真ん中)!粒あんとマスカルポーネチーズを自分好みの割合で最中皮にサンドするお菓子です。皆さんお目が高く、僕が行った時点で一番残りが少なかったです(笑)

あのんは実際に京都祇園にあるお店に行って「あんふぉんでゅ」を頂いたことがありますがあんこ美味しいです!

祖母がよく買ってくれたため個人的に思い出深いお菓子である神戸・元町 一番舘の「ポーム・ダムール」(上の写真上段右端)も置かれていました。リンゴの蜜煮にチョコを薄くコーティングしたお菓子で美味しいですのでこちらもおすすめですよ!

2→アンリ・シャルパンティエ

業種:洋菓子
1969 年にオープンした兵庫・芦屋市の喫茶店に起源をもつ、ハイクオリティなフォーマルブランドです。創業以来、素材や製法にこだわり続け、感謝の気持ちとともにお届けします。地元兵庫の特産品を使用した地域限定品もご用意しております。

兵庫県芦屋市で生まれた焼き菓子店アンリ・シャルパンティエといえば、関西デパ地下手土産界の王道です(笑)。マドレーヌやフィナンシェなどを持っていけば間違いありません!

そんなアンリ・シャルパンティエも伊丹空港に登場です

一番目立つ場所には「えびすフィナンシェ」が置かれていました

こちらのえびすフィナンシェは、福の神・えびす様を祀る神社の総本社で毎年1月に開門ダッシュで福男が選ばれる「開門神事」で有名な「西宮神社」の奉納菓子として、献上されています。伊丹空港、新大阪駅、神戸空港、エビスタ西宮店、通販限定の商品のようですので関西土産としても適しています!

3→中村藤吉本店

業種:日本茶、菓子、実演販売
1854年に創業した京都宇治の茶商。煎茶、玉露、抹茶など様々な日本茶と、茶スイーツをご提供いたします。

お茶処として知られる京都の宇治市にある老舗が伊丹空港に登場です!宇治でもトップレベルの人気を誇るお店で、本店に行ったことがありますが週末はカフェの待ち時間に平等院鳳凰堂の観光が完結してしまうくらい数時間程度待ちます…関西以外では銀座のGINZA SIXにもお店がありそちらも長蛇の列なのでご存知の方もいらっしゃると思います。

大人気の生茶ゼリイは抹茶、ほうじ茶ともに販売されていました!ひとつ購入してラウンジで頂きました(笑)

4→浪芳庵

業種:和菓子、実演販売
安政五年(1858年)創業。小豆、もち米、粟、水など素材にこだわり、可能な限り国産・無農薬農産物を使用。食べて安心な和菓子をめざしております。

本店は大阪難波・木津市場の近くにあります。古い歴史を持つ老舗のようですが、大阪人の私にとってもあまりなじみのないお店です…なんばウォークで見たことあるなぁという程度ですね(^^;)

みたらしとろとろという商品が目立っていました

5→ANA FESTA

業種:土産
国内34空港に店舗を構え、その地域ならではの商品やANA FESTA限定商品をお客様のニーズにお応えできるよう幅広く取り揃え、心のこもった接客でお迎えいたします。

おなじみのANA FESTAもあります!

6→カルビープラス

業種:菓子、実演販売
「カルビープラス」は、お客様との直接的なコミュニケーションを通じて、グローバルなファンづくりを目的とし、“おいしい” “たのしい“を体感できるアンテナショップです。揚げたてスナックをはじめ、地域限定商品やショップ限定商品などをご用意いたします。

「カルビープラス」はポテトチップスでおなじみのカルビーのアンテナショップです。大阪ではららぽーとEXPOCITY、心斎橋に続いて3店舗でしょうか。

伊丹空港店限定デザインの『じゃがりこ地域の味シリーズ』や関西エリア限定商品も販売されています。工場と同じように店頭で皮むきやスライス、揚げ工程を見せつつ販売を行なうのが特徴のお店ですが、現在は新型コロナウイルスの影響か行われていません。2020年秋以降からは「揚げたてスナック」の提供も開始予定とのことです。

7→むぎとオリーブ

業種:ラーメン
三重県桑名から毎朝直送の蛤を使用したスープに京都の老舗製麺所との共同開発による麺を使用した「蛤SOBA」は看板主力商品です。「アニマルオフ」という魚介100%のスープは特に女性に熱烈な支持を頂いております。また疲れた肝臓に効果があり男性にも人気です。

東京・銀座の人気ラーメン店「むぎとオリーブ」が関西初登場です。ミシュランガイドのビブグルマンにも選ばれたお店で、カフェのようなラーメン店らしからぬ店構えは女性も一人で入りやすそうです。

お値段は1180円からとちょっと高いですが、フレンチ出身の店主が手がける低温チャーシュー、噛んだ時に小麦の風味が広がる麺とこだわりのラーメンなのでやむなしでしょうか…

写真は以前銀座のお店に行った時に頂いた「鶏・煮干・蛤トリプルSOBA」ですが、あっさりとした醤油スープに鶏の甘味、蛤の香り、煮干しの旨みが複雑に絡み合っていてとても美味しかったです。

8→たこ家道頓堀くくる

業種:たこ焼・明石焼
道頓堀に本店を構えるたこ料理専門店「たこ家道頓堀くくる」大たこ入りのふわとろたこ焼が自慢です。「コナモン王座日本一」にも輝いた、これぞ本場道頓掘の味です。

「たこ家道頓堀くくる」は東日本にもたくさん出店されており全国展開されている数少ないたこ焼きチェーン店です。新大阪駅ではいつも行列ができています。

9→道頓堀 今井

業種:うどん、丼、土産
昭和21年創業の古き良き大阪の風情にこだわった“おだし”が身上のうどん店です。一杯のうどん・丼に真心を込めて、浪花の味をお届けいたします。

『道頓堀今井』は大阪No.1といっても過言ではないほどの大阪うどんの老舗です。

看板メニューのきつねうどんはシンプルながらめちゃくちゃ美味しいです。大阪らしい甘みのある昆布出汁、大阪うどんらしい柔らかいもちっとした麺、出汁をたっぷり含んだおあげさんの絶妙な三位一体が素晴らしいです。

10→白雲台

業種:コリアンダイニング
創業45 年、鶴橋で焼肉文化を培った老舗「白雲台」です。石焼ビビンバの日本発祥店であり従来の韓国料理は勿論、空港特製、新メニューもご提供いたします。

大阪の焼肉の聖地・鶴橋で有名な焼肉店のひとつです。

鉄板焼肉も食べられるようです

11→寿司 魚がし日本一

業種:立喰い寿司
豊洲・福島から仕入れたネタと温かいシャリの江戸前寿司をリーズナブルな価格で提供する立喰い寿司店です。1種(2貫)から注文可能で、朝食には寿司屋のおにぎりもご提供いたします。

あちこちで見かける立ち食い寿司のお店です

朝食時間帯はおにぎりもあり気軽に利用できそうですね

12→堺 銀シャリ げこ亭

業種:和食
昭和38年、堺市に開業した大衆食堂です。初代店主・村嶋氏は創業当時からごはんの味に徹底的にこだわりを持ち続け、“飯炊き仙人”と呼ばれており、村嶋氏の培ってきた思いや技術を継承しております。釜戸の炊きたてご飯と一緒に栄養満点のおかずをいっぱいご賞味下さい。

日本一美味しいご飯を提供する大衆食堂として有名なお店ですが、数年前「まいどおおきに食堂」などを展開する飲食チェーン「フジオフードシステム」が運営を行うようになっています。大丸心斎橋店でも見かけましたし多店舗展開していくのでしょうか?

定食にしてはかなり強気な価格設定ですね…

13→スターバックス

業種:スペシャルティ コーヒーストア
アメリカ シアトル生れのスペシャルティ コーヒーストア。高品質のアラビカ種コーヒー豆から抽出したエスプレッソがベースのバラエティ豊かなドリンクやペストリー、サンドイッチをお楽しみいただけます。

おなじみのスターバックスもようやく伊丹空港に復活です!今回は制限エリア内になってしまいましたが個人的には復活待っていたので嬉しいです

14→ViTO

業種:ジェラート
ViTO独自の製法で仕上げる「シンプルななめらかさ」を追求した濃厚感と、サッパリ感のバランスとれた他とは違うジェラートを伊丹空港国内線ゲート内でご堪能ください。

「ViTO」のジェラートがようやく関西で食べられます!

現在は11:00~18:30と営業時間が短縮されており残念ながら食べることができませんでした…ディスプレイも食欲をそそりますね!

15→いっぴんさん。

業種:食品・雑貨等
関西の良質な品物を当店の目利きで集めたセレクトショップです。
食品から雑貨まで、本物の良さとトレンドを感じる品揃えで、旅の時間のワクワク感を盛り上げます。

関西の工芸品や雑貨、食品、お酒などを集めたセレクトショップのようです。今年関西国際空港にもオープンしており2号店となります。

京都の老舗かばんメーカー「一澤信三郎帆布」のかばんは飛行機が描かれたものなど空港らしいオリジナルなもので空港でしか買えないそうです。このかばん気になるので次回買ってしまいそうです(笑)

16→ANA FESTA

業種:コンビニエンスストア
旅の必需品や書籍など機内で快適にお過ごしいただける商品を取り揃え、心のこもった接客でお迎えいたします。

搭乗口に近いこちらのANA FESTAはコンビニタイプです。お土産というよりは飲み物や弁当、雑誌などがメインとなっています。

17→豊岡鞄

業種:バッグ、サイフ、小物
鞄生産量日本一を誇る兵庫県豊岡市。厳しい審査に合格した製品を「豊岡鞄」ブランドとして認定。千年の伝統を持つ豊岡より生産者自らがお客様へお届けする、高品質な鞄・財布・小物を多数ご用意しております。

豊岡と言えばカバンが有名です。空港でカバンを買おうとはなかなかなりませんが…今回はお店が開いてなかったので次回ゆっくりとどんなものが置かれているのか見てみたいと思います。

保安検査場の手前(ランドサイド)にニューオープンするお店

18→551HORAI

業種:中華レストラン
看板メニューは「海鮮焼そば」と「豚まん」。お持ち帰りの販売カウンターも併設しております。お土産としてお求めの際も、是非ご利用ください。行きも、帰りも「551のある時~!」

今回個人的に嬉しいニュースのひとつは551蓬莱のイートインが伊丹空港に復活したことです!

仕事を終えて伊丹空港に着いて最終に近い便に乗る時は南ターミナルの旧到着口の前にあった551蓬莱でよくビールを飲んで豚まんを食べたものです。新到着口前の蓬莱は持ち帰り専門だったのでイートイン可能な551HORAIが復活したことは素直に嬉しいです。

 

新型コロナウイルス感染拡大の影響でなかなか飛行機に乗る機会がありませんが、JALにも乗り、北ターミナルの新店舗についても実際に利用してみたいと思います。

当ブログは今後も伊丹空港について注目しレポートを続けていきたいと思います。過去記事は以下のリンクからどうぞ!

スポンサーリンク
おすすめの記事