2018年4月18日に伊丹空港先行リニューアル部である中央エリアと展望デッキがオープンし、伊丹空港らしからぬとってもオシャレなエリアとなりました。今回のリニューアルでは飛行機に乗る時でなくても訪れたくなるお店が増えた気が個人的にはしています。1回目は飛行機を眺められるカフェ「NORTHSHORE CAFÉ&DINING」を、2回目は世界で初めて空港内にオープンしたワイナリー&ワインバルである「大阪エアポートワイナリー」、3回目はマグロが美味しい「黒門市場 まぐろのエン時」をご紹介しました。4回目は肉が旨いカフェ「NICK STOCK」をご紹介します。

スポンサーリンク

「NICK STOCK」はどこにある?

伊丹空港ターミナルビル中央エリア2階の最も南ターミナル側にあります。以前マネケンなどがあった場所で、南ターミナル2階から少し階段を降りてすぐ左手です。下の地図では4番の場所になります

「NICK STOCK」はどんなお店?

京都発の「肉が旨いカフェ」で東京、横浜、名古屋、博多などにも出店しているようです

朝はモーニングセットがあり、お昼からハンバーグやステーキなどの肉料理が食べられて、カフェタイムはパンケーキなどのスイーツ、夜はアルコールも楽しめ一日中使えるお店のようです。

スポンサーリンク

「NICK STOCK」のお店の中は?

伊丹空港店は通路側の壁がなく開放的なお店になっています。

天井からは観葉植物が吊るされていて、壁には絵画がかかっていて、アメリカ的な感じで照明もほどよく落ち着いた空間です。

テーブル席、カウンター席があり、椅子の種類も多彩です。特に奥の席のソファーの座り心地はとてもよくゆっくりと食事を楽しむことができました。

「NICK STOCK」のメニューは?

看板メニューはやはり肉で「極太ホットドッグ」(880円)「熟成牛ハンバーグ」(1280円)です。

パンケーキやパフェなどのデザートもありカフェ使いもできそうです。またアルコールやちょっとしたつまみもありちょい飲みもできますし、実際お隣の方はポテトをつまみながらビールを飲まれていました。

伊丹空港店限定メニューは大阪らしいメニューとして「串カツカレー」です。そして空港らしい飲み物として飛行機搭乗前後の体に効くという「アップルジンジャー」があります。むくみ防止や疲労回復に効くデトックスドリンクだそうです。

今回私は「サーロインステーキ」(1980円)を頂きました。

ファミレス的なステーキを想像していましたが「肉が旨い」というだけあって思っていたよりも柔らかく美味しかったです。ちょっと脂っぽい部分もわさびと一緒なら美味しく頂けるのでわさびがついているのも個人的には嬉しいですね。

また子供は「熟成牛おろしハンバーグ」(1380円)を注文しました。あらびきで手ごねのハンバーグはナイフで切ると肉汁がじゅわーっとたっぷり出てきます。一口もらいましたが肉肉しい感じで肉汁たっぷりで御飯と食べると美味しい!

写真はありませんが家内は「熟成牛ハンバーグデミグラスソース」(1480円)を頂きました。こちらのデミグラスソースはすじ肉がゴロゴロ入っておりとても美味しかったです。

美味しいのですが全般的に値段の割に量が少なめですかね…

「NICK STOCK」店舗情報

「NICK STOCK」

営業時間:6:30~21:30 (LO.21:00)

 560-0036
大阪府豊中市蛍池西町3-555大阪国際空港中央棟2F

TEL 06-4867-3027

最後に

肉を売りにしているだけあってハンバーグはとても美味しかったです。看板メニューの肉だけでなく、スイーツやおつまみ、アルコールもありカフェや居酒屋代わりにも使えそうなお店でした。

 

なお伊丹空港リニューアル部全店舗を紹介した記事は以下からどうぞ!

伊丹空港に新たにオープンした「NORTHSHORE CAFÉ&DINING」「大阪エアポートワイナリー」「まぐろのエン時」をご紹介していますので以下の記事もどうぞ!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事