ヒルトン・ホテルズ&リゾートはマリオット&スターウッドに次いで世界2位のメガ・ホテルチェーンです。ヒルトン、コンラッド、ダブルツリーbyヒルトンなどを展開しておりご存知の方も多いと思います。ヒルトンには「ヒルトン・オナーズ」というメンバーシップ・プログラム(会員制度)があります。2016年までは「ヒルトンHオナーズ」という名前でしたが、アルファベット1文字が抜けました。

そんなヒルトン・オナーズの最高ランクであるダイヤモンド会員をホテルに一泊もせずに取得・維持できる方法をご存知でしょうか?

スポンサーリンク

ヒルトン・オナーズとは?

入会金・年会費など登録や維持に関するコストは一切かからず完全無料です。 ヒルトン・オナーズに入会するだけで以下の特典を利用できます。

・ヒルトン・オナーズポイント獲得
・デジタルチェックイン(アプリでチェックイン・客室の選択などが可能)
・スタンダードWi-Fi無料
・専用のチェックインカウンター
・レイトチェックアウト(状況が許す場合のみ)
・エクスプレスチェックアウト
・2人目の客は宿泊無料(一部)

ちなみにヒルトン・オナーズの特典利用、ポイント付与、上級会員資格取得のための宿泊カウントのされるのは、公式サイト・電話などでの直接予約のみが対象です。つまり楽天トラベルや一休.com、エクスペディアなど公式サイト以外での予約は対象外です。 ただ、会員証を見せると一部の特典を適用してくれる場合もあるので、ダメもとで出すのもいいでしょう。私はアメックスのフリーステイギフトを使って宿泊しましたがゴールドメンバーの特典をつけて頂きました。以下の記事をご参照ください。

ヒルトン・オナーズの会員ランクは?

ヒルトン・オナーズの会員ランクは4段階あります。登録(入会)直後のステータスは「メンバー(旧ブルー)」となります。シルバー⇒ゴールド⇒ダイヤモンドの順で上位のステータスとなります。

ではゴールドとダイヤモンドにはどんな特典があるのでしょう

・空室状況に基づくプリファードルームへのアップグレード

空きがあれば上位クラスの部屋にアップグレードしてもらえます。

ゴールド:予約の一つ上のクラスへのアップグレードが可能です

ダイヤモンド:スイートルームを含めたアップグレードが可能です

・無料朝食とボーナスポイント

1滞在につき1,000 オナーズ・ボーナスポイント、滞在中に毎日無料の朝食がつきます

ゴールド:ボーナスポイントか朝食のどちらかです。基本は朝食です。

ダイヤモンド:ボーナスポイントと朝食の両方です

・エグゼクティブフロア・ラウンジの利用

エグゼクティブフロア・ラウンジへの入室が以下の条件で可能です。

ゴールド:エグゼクティブフロアにアップグレードした場合に会員本人と同室の1人が無料で入れます。

ダイヤモンド:常に会員本人と同室の1人が無料で入れます。

僕はアメックスプラチナカードを持っています。こちらのカードにはヒルトンゴールドが自動付帯しているため、現時点では僕はヒルトンに年間1-2泊しかしていなくてもゴールドのままです。

ダイヤになるとラウンジが常時利用できる、数段階の客室アップグレードが期待できるとのことでダイヤモンド会員に興味があるのは事実です。

スポンサーリンク

ダイヤモンド会員への近道は?

ずばりクレジットカードの発行です!以下のカード発行にダイヤモンド会員への近道があります!

ヒルトン・オナーズVISAプラチナカード

その名の通り三井住友VISAカードの提携カードですのでカードブランドはVISAのみとなります。年会費は本会員が¥66,500(税込)で、家族会員は無料です。原則として満30歳以上の安定・継続した収入がある方なら申込み可能です。審査はありますが…

最大のメリット

ヒルトン・オナーズVISAプラチナカードを取得すると、ランクが一気にゴールドに昇格します。ここでクレジットカードに詳しい方は「なーんだ」と思われることでしょう。ゴールドになるだけであればこのカードより年会費が安い『ヒルトン・オナーズ VISA ゴールド カード 』で十分だからです。

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード の概要
年会費:13,950円(税込)
新規入会時や対象ホテル宿泊時のボーナスポイントが2000ポイント、更新時も1000ポイントが付与されます。
また、保有するだけで自動的にゴールドステータスが与えられます。

では、ヒルトン・オナーズVISAプラチナカードのメリットは何でしょうか?

ヒルトン・オナーズVISAプラチナカードを保有していると、ヒルトン・オナーズ最高位ランクの「ダイヤモンド」への昇格条件が大幅に緩和されます。

通常ダイヤモンドに昇格するにはどのような条件が必要なのでしょうか?

ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンド会員の資格を獲得・維持するには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。
(1)1年間に30回のご滞在、または
(2)1年間に60泊のご宿泊
(3)1暦年間に120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

普通の生活をしていると時間的にも資金的にもとても無理です…

それが

プラチナカード会員のダイヤモンドステータス獲得・維持条件(Fast track to Diamond)

滞在・宿泊条件:1暦年間(1月1日~12月31日)に10回の滞在または20泊すること

プラチナカードご利用条件:1月~12月のご請求金額のうち、お買物ご利用分の合計が120万円(含む消費税等)以上になること

年間10回の滞在、もしくは、120万円のカード決済でダイヤモンドが維持できます

年間10滞在なら何とかって方はいらっしゃるのではないでしょうか?そしてヒルトンに1泊もせずにこのクレジットカードで年間120万円決済すれば実質年会費だけでヒルトンのダイヤを取得・維持できるようになります。

これは大きなアドバンテージですよね。ホテル修行するよりは安くヒルトンダイヤを維持できるのではないでしょうか。そして、他のホテルプログラムへステイタスマッチも可能ですので他のホテルチェーンでも上級会員を取得できる可能性が高まるのもメリットでしょう。

ちなみにダイヤへのファストトラックのための10滞在はすべてヒルトン・オナーズVISAプラチナカードで宿泊費を決済する必要があることにご注意ください。

・滞在・宿泊数をカウントするためには、宿泊費を含むすべてのお支払いをプラチナカードでお支払いいただく必要がございます。  他社カードや現金の併用、各種割引券やギフト券、ヒルトン・オナーズポイント利用時などは滞在・宿泊数のカウントはされませんのでご注意ください。

他の特典は?

・『ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)』の会員資格

『ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)』(http://www.hpcj.jp/)の会員資格が得られることがあげられます。こちらは通常年会費25,000円(早期更新手続で10,000円)かかりますが無料となります。

HPCJの特典としては現在はヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンが対象としているホテルの宿泊料金が、お盆や年末年始を含めていつでも20%OFFになるほか、レストランは宿泊時に20%OFF、宿泊以外の利用についても10%OFFで利用することができます。また、カード入会時と更新の際には、対象ホテルに会員料金で宿泊するときに使える¥10,000分のクーポンがもらえますので、実質年会費が10000円引きと同じ価値があると考えていいと思います。

ちなみに2017年10月1日からはこれらの特典が少し変更になります。

宿泊に関しては

シンプルステイ(部屋のみ)とシンプルステイ(朝食付)の料金からあらかじめ25%OFFを適用した2つのHPCJ会員限定割引プラン
1) HPCJ会員限定割引プラン(部屋のみ)
2) HPCJ会員限定割引プラン(朝食付)
宿泊除外日:12月31日(2017年より)

割引券に関しては

額面:5,000円HPCJ割引券 x 2枚(10,000円分)
用途:HPCJ会員限定割引プランのご宿泊およびHPCJ割引対象レストラン料金のお支払い
ご宿泊でもレストランでも、どちらにもお使いいただけるようになります。

となります。レストラン割引は変更ないようです。

・ヒルトン・オナーズボーナスポイント

新規入会時に3,000オナーズ・ボーナスポイント、カードの更新時には1,000オナーズ・ボーナスポイントが付与されます。 対象ホテルの利用で、最大2,000オナーズ・ボーナスポイントをもらえます。 国内や海外のVisa加盟店での買い物で、¥1,000ごとに10ヒルトンオナーズ・ボーナスポイントが付与されます。

・VISAプラチナの特典

クレジットカードの発行は三井住友カードが行っており、ヒルトンオナーズの独自特典と、Visaプラチナカードとしての特典が両方受けられます。

注意点としては、オリジナルのプラチナカードに付帯している「プラチナグルメクーポン」と「カード利用プレゼント」及び「メンバーズセレクション」は付帯されないとのことです。

まとめますと

ヒルトン・オナーズステータス:自動的に「ゴールド」、通常より有利に「ダイヤモンド」を取得
ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン:入会・更新が無料
ショッピングボーナスポイント:利用額1,000円につき、10オナーズ・ボーナスポイント
入会ボーナスポイント:3,000オナーズ・ボーナスポイント
更新ボーナスポイント:カード更新時に1,000オナーズ・ボーナスポイント
宿泊ボーナスポイント:対象ホテル利用でボーナスポイント
VISAプラチナカードの特典:一部を除いて受けられる

これだけ話をしておいて僕はどうするのかというと現状では発行は見送ります… ヒルトン系にもうちょっと泊まる機会があれば躊躇なく発行するのですがね。仕事が落ち着いて子供が大きくなって旅行に出かける機会が増えれば発行をしたいと考えています。

結論

ヒルトン・オナーズVISAプラチナカードを取得するとヒルトンダイヤの取得・維持のハードルが下がります。1泊もしなくてもヒルトンダイヤを取得・維持できる可能性があります!

スポンサーリンク
おすすめの記事