アメックスプラチナカード特典まとめ(旅行関連)
スポンサーリンク

アメックスプラチナカードは年会費が13万円+税と高額で躊躇する方も多いでしょう。しかしベネフィットを使い倒せば年会費の元はすぐ取れるくらい特典は充実しています。プラチナウェブに掲載されているベネフィットのうち旅行関連のものを抜き出し、プラチナ特有、またゴールドと重なっているもののお得なベネフィットにつきご紹介します。

ホテル編

ホテルメンバーシップ

アメックスプラチナカードで個人的に一番重宝しているのが「ホテルメンバーシップ」というサービスです。簡単に言うとホテルの上級会員資格の自動付帯です。

ホテルの上級会員の資格というのは、通常は年間でかなりの宿泊数を稼がないとなれることができなかったり、高い年間登録料が必要であったりします。しかし、アメックスプラチナカードの会員は申し込みをするだけで無条件でこれらの上級会員資格を得られます。

前回年会費が10万円→13万円に値上げのタイミングでこのサービス追加されたのですが、年を追うごとに入れ替えがありました。

2019年3月現在自動付帯しているものは以下の通りです

Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ) ゴールド会員

ヒルトン・ホテルズ ヒルトン・オナーズ ゴールド会員

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ シャングリ・ラ・ゴールデンサークル ゴールド会員

カールソンレジドールホテルズ Radisson Rewards ゴールド会員

Marriott Bonvoy上級会員の特典につきましては以下の記事をご参照ください

これらのホテルに宿泊した際に、アップグレードされたり、レイトチェックアウトができたり、ヒルトンでは朝食が無料になります。

ヒルトンホテルに宿泊した際はゴールド会員は朝食が無料なのが大きいです。こんな朝食が無料になります!

そして、家族カード会員にも上級会員資格がもらえるのがまたすごいです。

ホテル上級会員については以下の記事もご参照下さい

ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FINE HOTELS & RESORTS:FHR)

世界900ヶ所以上の高級ホテルで、特別優待を受けられるというサービスです。

以前は予約するにはコンシェルジュに電話するしかありませんでしたが、現在は以下のページから予約できます。コンシェルジュに電話すると値段が違うという噂もありますが、以前は電話するまで相場が分からなかったのでネットでだいたいの値段が分かるようになったのは個人的にはありがたいです。

優待内容の例は以下の通りです。 各ホテル共通のベネフィットで

朝食無料(2名まで)

Wi-Fi無料

部屋のアップグレード(空室状況による)

12時からのアーリーチェックイン(空室状況による)

16時までのレイトチェックアウト

ホテルのオリジナル特典(ホテル内で使用できる100US$クーポンなど)

日本では、リッツカールトン東京/京都/大阪、グランドハイアット東京、コンラッド東京、ザ・ペニンシュラ東京、セントレジスホテル大阪などで特典を受けられます。 ネット予約と同じレベルの金額(といいますがちょっと高め?)で優待特典もついてきてお得です。

時々3連泊とか4連泊とかすると1泊無料というキャンペーンもあります。かなり古いものしか見つけられなかったのですが以下の画像のような感じです。

左下赤丸の部分に「3連泊で3泊目無料」という記載がありますが右側のようにレイトチェックアウトやアップグレード、朝食など通常のFHRの特典もついています。

そして地味に大きいのは、ホテルの公式サイト以外の代理店やサイトから予約するとホテル上級会員のベネフィットやポイント加算は対象外となることがほとんどですが、FHRで予約するとホテルの公式サイトで予約した時と同様、上級会員のベネフィットも受けられますし、ポイントもつきます。

僕は以前パリに行った時に「パーク ハイアット パリ - ヴァンドーム」に宿泊した際にFHRを使いました。

4連泊すると4泊目無料のキャンペーンも大きかったですし朝食無料でレイトチェックアウトできるのも有難かったです。またホテル内の飲食クーポンがついていたのでルームサービスもほぼ無料で使えてとっても快適な滞在でした。そして、HYATTのポイントもきっちりつきましたので1年限りでしたが上級会員になることができました。

このFHRを使った時のアップグレード1回だけで年会費の元を取ったという経験談をネット上でよく見かけるくらいうまく使えばとてもお得なベネフィットです。

フリーステイギフト

アメックスプラチナカードの年会費を更新する際に対象ホテルの1泊2名分の無料宿泊券がもらえる特典です。

またフリーステイギフトを用いて宿泊した時の宿泊記は以下のリンクをご参照ください。

手荷物無料宅配サービス (旅館・ホテル)→ホテルは終了

先ほどご紹介したようなFHRなどで宿泊できる高級ホテルや旅館にプラチナ・コンシェルジェデスクを利用して予約すると、手荷物を無料で宅配してくれるサービスです。

公共交通機関で遠方に旅行する時にはとてもありがたいサービスです。

 




スポンサーリンク

空港・飛行機編

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

以下の空港ラウンジを利用できます

■センチュリオン・ラウンジ

■インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ

■国内提携空港ラウンジ

■プライオリティ・パス

■デルタ・スカイクラブ

■エスケープ・ラウンジUS

■エアスペース

■プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ

■ルフトハンザ・ラウンジ

主なものをひとつずつ見ていきましょう

・カードラウンジ

空港でよく見かけるゴールドカード所有者なら無料で入れるラウンジです。これはアメックスプラチナカード特有のさーびずではありませんが、もちろんアメックスプラチナカードでも無料で入れます。

・プライオリティーパス

国内外の700ヶ所以上のラウンジが利用可能です。アメックスプラチナカードに付帯しているのはプレステージ会員(通常の年会費は399米ドル)です。これが無料となります。プライオリティパスには回数制限がついているものがありますが、こちらは回数無制限で利用できるタイプです。家族カード会員にも同様のプライオリティーパスが発行できます。

またアメックスゴールドカードや楽天プレミアムカードなど他のカードに付帯しているプライオリティーパスは同伴者は有料(27ドル)ですがアメックス付帯のものは無料です。

プライオリティパスの詳細につきましては以下の記事をご参照ください

・デルタ空港ラウンジ

デルタ航空とアメックスが提携しているからかデルタ航空利用の場合は搭乗クラスにかかわらず、デルタ航空の専用ラウンジ「デルタ スカイクラブ」を利用できます。こちらは家族カード会員も無料で利用可能です。デルタスカイクラブは、通常はビジネスクラス以上の場合のみ利用できます。

・アメックスセンチュリオンラウンジ

アメックスが最近力を入れているのか世界の空港にどんどんできているアメックス独自のラウンジです。 

主にアメリカ国内の空港に設置されているセンチュリオンラウンジ(The Centurion Lounge)に入れます。2017年には新しく香港国際空港にオープンしました。

2020年5月現在センチュリオンラウンジは以下の空港に設置されています

アメリカ
シアトル・タコマ国際空港
サンフランシスコ国際空港
ラスベガス・マッカラン国際空港
ダラス・フォートワース国際空港
ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン空港
マイアミ国際空港
ラガーディア国際空港
フィラデルフィア国際空港
フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港
シャーロット・ダグラス国際空港
ロサンゼルス国際空港

香港

香港国際空港

また米国外に設置されているインターナショナル・アメリカンエキスプレス・ラウンジ(The International American Express lounges)も使えます。ゴールド会員以下だと50US$かかりますがプラチナ以上だと無料です。

インターナショナル・アメリカンエキスプレス・ラウンジは2020年5月時点で以下の空港に設置されています

インド
インディラ・ガンジー国際空港
チャトラパティ・シヴァジー国際空港
オーストラリア
シドニー国際空港
メルボルン国際空港
アルゼンチン
エセイサ国際空港
メキシコ
メキシコ・シティ国際空港
ヘネラル・マリアーノ・エスコベード国際空港
トルーカ国際空港
ブラジル
グアルーリョス国際空港
スウェーデン
ストックホルム・アーランダ空港

アメリカ・サンフランシスコ国際空港にあるアメックス・センチュリオンラウンジに行ってきましたのでその内部の様子やサービスについては以下の記事をご参照ください。

インターナショナル・エアライン・プログラム

提携航空会社の日本発着ビジネスクラスを優待料金で手配してもらえます。料金についてきちんと教えてもらおうと思えばコンシェルジュに電話する必要があります。

2020年4月時点では対象の航空会社としては以下の通りです

・エミレーツ航空(ファースト・ビジネス、2020年6月30日まで)
・ユナイテッド航空(ビジネス、2020年7月16日まで)
・アメリカン航空(ファースト・ビジネス・プレミアムエコノミー、2020年12月31日まで)
・エティハド航空(ファースト・ビジネス・エコノミー、2020年12月31日まで)
・カタール航空(ファースト・ビジネス・エコノミー、2020年12月31日まで)
・シンガポール航空(ファースト・ビジネス・プレミアムエコノミー、2020年12月31日まで)
・デルタ航空(ビジネス、2021年3月31日まで)

手荷物無料宅配サービス(空港)

海外旅行をする際に、自宅から空港まで、もしくは空港から自宅まで、スーツケースを2つまで無料で配送してくれます。アメックスゴールド以下は同様のサービスはありますが確か無料なのは1つまでだったと思います。

対象となる空港や宅配可能物は以下の通りです

【対象空港】

羽田空港(第3ターミナル)、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港

【宅配可能物】

スーツケースまたはゴルフバッグ、縦・横・高さの合計が160cm以内で重量が30キロ以内までのもの

※スキー、スノーボード、サーフボードなどはお預かりできません。

※重量や形状によってはお預かりできない場合がございます。

行きは荷造りがギリギリになりがちなのであまり使わないかもしれませんが、帰りは疲れているところに大きなスーツケースを持って移動するのは大変ですから重宝します。

スターアライアンスゴールドを取得可能(非公式)

公式なものではありませんが、ステイタスマッチでスターアライアンスゴールドを取得することも可能です。

それはシンガポール航空とシャングリラホテルのステータスマッチを使う方法です。

先ほどホテルメンバーシップの項目でアメックスプラチナカードの会員は「シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ シャングリ・ラ・ゴールデンサークル ゴールド会員」に無条件でなることができると説明したことは覚えていらっしゃるでしょう。

シャングリラホテルのGolden Circle Jadeの場合、

無条件でシンガポール航空のKrisFlyer Elite Silverが与えられる

シンガポール航空、もしくは子会社のシルクエアーに3回搭乗すれば、

KrisFlyer Elite Goldになることができる

KrisFlyer Elite Goldはスターアライアンスゴールドでもあるので、 アメックスプラチナホルダーは、シンガポール航空に3回だけ搭乗すればスターアライアンスゴールドにめでたくなることができるわけです。

スポンサーリンク

最後に

このようにアメックスプラチナカードには旅行関連の特典が充実しています。他にも保険関連も手厚い保障がついています。詳細は以下の記事をご参照ください。

旅行に多く行かれる方はこれらの充実した特典を使い倒せばアメックスプラチナカードの年会費分は簡単に元を取れるのではないでしょうか?

 

さてアメックスプラチナカードのWEBでの申し込み方法ですが以下のリンクから申し込めます。

ここから申し込めば私からの紹介ということにはなりますが、

入会3か月以内に10万円以上の決済で20000ポイント
入会3か月以内に合計50万円以上の決済でさらに20000ポイント
入会3か月以内にさらに合計100万円の決済でさらに20000ポイント

計60000ポイントがボーナスとして付与されます。ANAマイルだと60000マイル、その他の航空会社だと48000マイルに相当します。

2019年4月5日からアメックスの公式サイトからオンライン申込できるようになりました。しかしながら、アメックスの公式サイトを通すと

入会3か月以内に50万円以上の決済で20000ポイント
入会3か月以内にさらに50万円(合計100万円)の決済でさらに20000ポイント

計40000ポイントしか得ることができません。

つまり、紹介プログラムを通した方が同じ金額を決済してももらえるポイントが20000ポイントも変わってしまいます

もし「よくわからないリンクを踏んで大丈夫かな」とご心配される方がいらっしゃればサイトタイトル横にあるお問い合わせフォームよりお問い合わせください。直接メールでやり取りするなど他の方法でご紹介いたします。お名前は偽名やハンドルネームなどでも大丈夫です。紹介を希望される方の個人情報(お名前、お仕事、年収など)を僕が知ることはありませんのでご安心ください。また逆に紹介を希望される方が僕の個人情報を知ることもできません(笑)

アメックスプラチナカードについては他の記事もご参照下さい!

スポンサーリンク
おすすめの記事