年会費が13万円+税というアメックスプラチナカード。その高額の年会費を見て躊躇する方も多いでしょう。しかし旅行(特に海外旅行)に行かれる方にとってはベネフィットを理解し使い倒せば年会費の元はすぐとれるとおっしゃる方もいらっしゃるくらいサービスは充実しています。

今回はアメックスプラチナカードのベネフィットのうち旅行関連のものをまとめてみました!

アメックスプラチナカードのホームページ「プラチナウェブ」に掲載されているベネフィットのうち旅行関連のものが挙げられている部分を抜き出しました。ゴールドカードのサービスと重なっているものも多いですがプラチナ特有のもの、またゴールドと重なっているもののお得なベネフィットについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ホテル編

ホテルメンバーシップ

アメックスプラチナカードで個人的に一番重宝しているのが「ホテルメンバーシップ」というサービスです。簡単に言うとホテルの上級会員資格の自動付帯です。

ホテルの上級会員の資格というのは、通常は年間でかなりの宿泊数を稼がないとなれることができなかったり、高い年間登録料が必要であったりします。しかし、アメックスプラチナカードの会員は申し込みをするだけで無条件でこれらの上級会員資格を得られます。

前回年会費が10万円→13万円に値上げのタイミングでこのサービス追加されたのですが、年を追うごとに入れ替えがありました。

2017年12月現在自動付帯しているものは以下の通りです

スターウッドホテル&リゾート スターウッド・プリファード・ゲスト ゴールド会員

ヒルトン・ホテルズ ヒルトン・オナーズ ゴールド会員

シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ シャングリ・ラ・ゴールデンサークル ゴールド会員

カールソンレジドールホテルズ クラブ・カールソン ゴールド会員

また、スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)ゴールド会員であればマリオット リワードのゴールドエリート会員、ザ・リッツ・カールトン・リワードのゴールド会員資格が自動的に得られます。マリオットとスターウッドの合併があり、ポイントプログラムの相互利用が開始になっているためです。

マリオットホテルに宿泊した際のゴールド会員のベネフィットの例を以下の宿泊記の中でご紹介していますのでご参考になさって下さい

これらのホテルに宿泊した際に、アップグレードされたり、レイトチェックアウトができたり、ヒルトンやマリオットでは朝食が無料になります。

そして、家族カード会員にも上級会員資格がもらえるのがまたすごいです。

ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FINE HOTELS & RESORTS:FHR)

世界900ヶ所以上の高級ホテルで、特別優待を受けられるというサービスです。

以前は予約するにはコンシェルジュに電話するしかありませんでしたが、現在は以下のページから予約できます。コンシェルジュに電話すると値段が違うという噂もありますが、以前は電話するまで相場が分からなかったのでネットでだいたいの値段が分かるようになったのは個人的にはありがたいです。

優待内容の例は以下の通りです。 各ホテル共通のベネフィットで

朝食無料(2名まで)

Wi-Fi無料

部屋のアップグレード(空室状況による)

12時からのアーリーチェックイン(空室状況による)

16時までのレイトチェックアウト

ホテルのオリジナル特典(ホテル内で使用できる100US$クーポンなど)

日本では、リッツカールトン東京/京都/大阪、グランドハイアット東京、コンラッド東京、ザ・ペニンシュラ東京、セントレジスホテル大阪などで特典を受けられます。 ネット予約と同じレベルの金額(といいますがちょっと高め?)で優待特典もついてきてお得です。

時々3連泊とか4連泊とかすると1泊無料というキャンペーンもあります。かなり古いものしか見つけられなかったのですが以下の画像のような感じです。

左下赤丸の部分に「3連泊で3泊目無料」という記載がありますが右側のようにレイトチェックアウトやアップグレード、朝食など通常のFHRの特典もついています。

そして地味に大きいのは、ホテルの公式サイト以外の代理店やサイトから予約するとホテル上級会員のベネフィットやポイント加算は対象外となることがほとんどですが、FHRで予約するとホテルの公式サイトで予約した時と同様、上級会員のベネフィットも受けられますし、ポイントもつきます。

僕は以前パリに行った時に「パーク ハイアット パリ - ヴァンドーム」に宿泊した際にFHRを使いました。

4連泊すると4泊目無料のキャンペーンも大きかったですし朝食無料でレイトチェックアウトできるのも有難かったです。またホテル内の飲食クーポンがついていたのでルームサービスもほぼ無料で使えてとっても快適な滞在でした。そして、HYATTのポイントもきっちりつきましたので1年限りでしたが上級会員になることができました。

このFHRを使った時のアップグレード1回だけで年会費の元を取ったという経験談をネット上でよく見かけるくらいうまく使えばとてもお得なベネフィットです。

フリーステイギフト

アメックスプラチナカードの年会費を更新する際に対象ホテルの1泊2名分の無料宿泊券がもらえる特典です。

またフリーステイギフトを用いて宿泊した時の宿泊記は以下のリンクをご参照ください。

手荷物無料宅配サービス (旅館・ホテル)

先ほどご紹介したようなFHRなどで宿泊できる高級ホテルや旅館にプラチナ・コンシェルジェデスクを利用して予約すると、手荷物を無料で宅配してくれるサービスです。

公共交通機関で遠方に旅行する時にはとてもありがたいサービスです。

 




空港・飛行機編

空港ラウンジ

大きく分けて次の4種類に入れます

・カードラウンジ
・プライオリティーパス
・デルタ航空ラウンジ
・アメックスセンチュリオンラウンジ

ひとつずつ見ていきましょう

・カードラウンジ

空港でよく見かけるゴールドカード所有者なら無料で入れるラウンジです。これはアメックスプラチナカード特有のさーびずではありませんが、もちろんアメックスプラチナカードでも無料で入れます。

・プライオリティーパス

国内外の700ヶ所以上のラウンジが利用可能です。アメックスプラチナカードに付帯しているのはプレステージ会員(通常の年会費は399米ドル)です。これが無料となります。プライオリティパスには回数制限がついているものがありますが、こちらは回数無制限で利用できるタイプです。家族カード会員にも同様のプライオリティーパスが発行できます。

またアメックスゴールドカードや楽天プレミアムカードなど他のカードに付帯しているプライオリティーパスは同伴者は有料(27ドル)ですがアメックス付帯のものは無料です。

・デルタ空港ラウンジ

デルタ航空とアメックスが提携しているからかデルタ航空利用の場合は搭乗クラスにかかわらず、デルタ航空の専用ラウンジ「デルタ スカイクラブ」を利用できます。こちらは家族カード会員も無料で利用可能です。デルタスカイクラブは、通常はビジネスクラス以上の場合のみ利用できます。

・アメックスセンチュリオンラウンジ

アメックスが最近力を入れているのか世界の空港にどんどんできているアメックス独自のラウンジです。 

主にアメリカ国内の空港に設置されているセンチュリオンラウンジ(The Centurion Lounge)に入れます。2017年には新しく香港国際空港にオープンしました。また米国外に設置されているインターナショナル・アメリカンエキスプレス・ラウンジ(The International American Express lounges)も使えます。

ゴールド会員以下だと50US$かかりますがプラチナ以上だと無料です。

アメリカ・サンフランシスコ国際空港にあるアメックス・センチュリオンラウンジに行ってきましたのでその内部の様子やサービスについては以下の記事をご参照ください。

インターナショナル・エアライン・プログラム

提携航空会社の日本発着ビジネスクラスを優待料金で手配してもらえます。料金についてきちんと教えてもらおうと思えばコンシェルジュに電話する必要があります。

現在対象の航空会社としては、日本航空(JAL)、デルタ航空、ユナイテッド航空、アリタリア航空、エティハド航空、エールフランス航空、キャセイパシフィック航空、大韓航空、ニュージーランド航空などです。

手荷物無料宅配サービス(空港)

海外旅行をする際に、自宅から空港まで、もしくは空港から自宅まで、スーツケースを2つまで無料で配送してくれます。アメックスゴールド以下は同様のサービスはありますが確か無料なのは1つまでだったと思います。

行きは荷造りがギリギリになりがちなのであまり使わないかもしれませんが、帰りは疲れているところに大きなスーツケースを持って移動するのは大変ですから重宝します。

スターアライアンスゴールドを取得可能(非公式)

公式なものではありませんが、ステイタスマッチでスターアライアンスゴールドを取得することも可能です。

それはシンガポール航空とシャングリラホテルのステータスマッチを使う方法です。

先ほどホテルメンバーシップの項目でアメックスプラチナカードの会員は「シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ シャングリ・ラ・ゴールデンサークル ゴールド会員」に無条件でなることができると説明したことは覚えていらっしゃるでしょう。

シャングリラホテルのGolden Circle Jadeの場合、

無条件でシンガポール航空のKrisFlyer Elite Silverが与えられる

シンガポール航空、もしくは子会社のシルクエアーに3回搭乗すれば、

KrisFlyer Elite Goldになることができる

KrisFlyer Elite Goldはスターアライアンスゴールドでもあるので、 アメックスプラチナホルダーは、シンガポール航空に3回だけ搭乗すればスターアライアンスゴールドにめでたくなることができるわけです。

スポンサーリンク

最後に

このようにアメックスプラチナカードには旅行関連の特典が充実しています。他にも保険関連も手厚い保障がついています。詳細は以下の記事をご参照ください。

旅行に多く行かれる方はこれらの充実した特典を使い倒せばアメックスプラチナカードの年会費分は簡単に元を取れるのではないでしょうか?

アメックスプラチナカードはインビテーションがなければ発行できないと思っておられる方もいらっしゃいますが現在はインビテーションなしでも申し込みが可能です。詳細は以下の記事をご参照ください。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事