翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都宿泊記~素晴らしいサービスを満喫!

渡月橋や紅葉で有名な京都の観光名所・嵐山にある「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」は歴史ある建造物を利用した高級ホテルです。人力車での出迎え、露天風呂の温泉、和のアフタヌーンティーなど京都らしいサービスを楽しむことができ、京都に泊まっている実感が湧きます。子連れ宿泊記をプラチナ会員特典と合わせてご紹介します。

目次

スポンサーリンク

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」とは?

ラグジュアリーコレクションとはマリオットグループ(マリオット、SPG、リッツカールトンが合併したホテルグループ)の最高級ブランドであるラグジュアリーブランドのひとつです。

公式ホームページからの引用です

清らかな保津川の流れと悠久の稜線が織りなす自然美を望む世界的景勝地、嵐山。 世界遺産「天龍寺」や「渡月橋」など数多くの名所・史跡を擁す、格式ある歴史と文化に育まれた地として知られ、 春には満開の桜、夏には豊かな緑と清流、秋には錦織る紅葉、そして冬には白銀の雪景色と、日本らしい四季折々の風景を堪能いただけます。 日本の伝統美を随所にあしらったモダンなデザインの客室 全39室のうち、17室には天然温泉が楽しめる露天風呂をご用意しています。ホテル内には、明治期の歴史的建造物を生かしたレストラン「京 翠嵐」や嵐山の絶景を一望できるカフェ「茶寮 八翠」、宴会場、プライベートスパ、そして伝統の風格に現代的なエッセンスが加えられた日本庭園など、嵐山が持つ自然美、四季折々の風景と共に、他では味わうことのできない格別な体験をご提供いたします。

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の外観は旅館のよう!

外観は外資系のホテルと思えないまるで旅館に来たような錯覚に陥る門構えです。

フロントに着くまでの道もワクワクします!

チェックインカウンターは2席ありゆっくりと座って手続きが可能です。カウンター上に硯箱が置かれており、お茶が出され、京都らしい和の雰囲気をいきなり満喫できます。

スポンサーリンク

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の館内図と客室タイプ

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」館内図

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の館内は以下のようになっています。

1階

茶寮 八翠
レストラン 京 翠嵐(鉄板焼 観山)
宴会場 茜
客室(京月琴、柚葉)

2階

客室(渡月、暁露、翠月、月の音、白菫)
フィットネスルーム

公式案内には載っていませんが2階の一番奥(216号室の隣)にフィットネスルームがあります。下の写真のようにエルゴメーターが2台しかないこじんまりとしたフィットネスルームです。

3階

客室(翠嵐、翠月、月の音、玉兎)

 

貸切露天風呂(プライベートスパ 庵、プライベートスパ 洛)

プライベートスパ洛はヒノキ風呂、プライベートスパ庵は岩風呂です

プライベートスパ庵を今回利用しましたので、後にご紹介します

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」客室タイプ

翠月(すいげつ) モデレートツイン(バルコニーなし):2階203~208、3階302~308
月の音(つきのね) スーペリアツイン・キング:2階209~215、3階309~315

以上は客室に温泉なし

柚葉(ゆずのは)温泉露天風呂付 デラックスツイン・キング:1階102~116
京月琴(きょうつきこと)プレミアム和室:1階101
白菫(しろすみれ)温泉露天風呂付 プレミアムキング:2階216
暁露(あかときつゆ) 温泉露天風呂付 エグゼクティブスイート:2階202
渡月(とげつ)温泉露天風呂付 エグゼクティブスイート:2階201
玉兎(ぎょくと)温泉露天風呂付 ガーデンテラススイート:3階316
翠嵐(すいらん)温泉露天風呂付 プレジデンシャルコーナースイート:3階301

 

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」へのアクセス

嵐山へのアクセス

嵐山は京都市中心部より西に9kmほどの「洛西」にあります。他の観光地と比べ市中心部からは少々距離があります。

簡単に図にしてみましたが、どこから行くにも乗り換えが必要となってきます…

新幹線や特急でアクセスすると京都駅からJR嵯峨野線(山陰本線)が1本で便利ですが、翠嵐は嵯峨嵐山駅からは遠くなります。

大阪方面からアクセスすると桂駅で乗り換えて阪急で行くのも選択肢に上がりますが、翠嵐はやはり阪急嵐山駅からは遠くなります。

嵐電嵐山駅からは翠嵐まで歩いてアクセスが可能な距離ですが、嵐電の駅は京都の他の交通手段と比べると中心部から離れており不便です

そこで活用したいのが下記の「無料お迎えサービス」です!

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」は無料お迎えサービスがある

上述のように嵐山は京都の中心街から離れており、観光客にとってはなかなかアクセスが難しいところです。しかし、翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都には宿泊者限定で「無料お迎えサービス」というものがあります。

選択肢は2つあります

嵐山の各駅からの無料の人力車による送迎サービス

JR「嵯峨嵐山駅」、京福電鉄嵐山線(嵐電)「嵐山駅」、阪急「嵐山駅」の主要3駅とホテル間の人力車による送迎を片道一回無料で利用できるというものです。

チェックイン3日前までにホテルに電話(075-872-0101)かメール(reservations@suirankyoto.com)で「到着する駅」「到着時間」を連絡すると当日駅前に人力車が待機してくれています。

JR京都駅からのタクシーによる無料送迎サービス

JR京都駅八条口にあるMKタクシー 八条口のりば (VIPステーション:イビススタイルズ京都ステーション1F)とホテル間のMKタクシーによる送迎を片道一回無料で利用できるというものです。

新幹線や空港バスで京都にアクセスすると京都駅八条口が便利ですので、荷物が多い場合はこちらのタクシー送迎が便利かもしれません。

詳細につきましては以下の公式サイトの「無料お迎えサービスのご案内」ページをご参照ください。

アクセスは無料サービスの人力車がおすすめ!

京都駅からタクシーの方が便利なのですが、せっかくなので京都らしいサービスを受けてみたいということで人力車での送迎を選択しました!そして、せっかくの人力車を楽しむならなるべく距離が長い方がいいかなぁとJR嵯峨嵐山駅からの利用を依頼しました!

時間を伝えると駅前に人力車のお迎えが来ています!JR嵯峨嵐山駅は改札を出た後に出口が2か所ありますが、予約の際にどちらの出口で人力車が待っているか案内がなく迷いました…人力車のお迎えがあるのは改札を出て左側に進んだ「南口」の方になります。

大人2名、小学生1名、幼児1名の計4名で利用しましたので2台に分かれて乗車します。

実は人力車初体験でしたが、思ったより揺れもなく快適ですね。天龍寺や渡月橋の前を通ってあっという間に翠嵐に到着しました!

人力車は1部屋あたり1台まで無料ですが、今回2台必要でしたので追加料金が発生します。ホテルの当初の説明では人力車1台追加は4000円とのことでしたが、お会計は2000円でした!子供がいたからなのでしょうか??

季節で変わるシールももらって子供は大喜びでした!

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」滞在を満喫する

今回はマリオットプラチナ会員ということで下記のサービスを受けることができました。

マリオット上級会員特典については以下の記事をご参照ください

マリオットBonvoyプラチナ会員特典

滞在ごとに50%のボーナスポイント

マリオットBonvoy会員は宿泊時の支払い1米ドルにつき10ポイントが付与されます(サービス料・税除く)が、プラチナ会員資格を所持していると50%のボーナスポイントが加算され、ホテル滞在でどんどんとポイントを獲得できます。

マリオットBonvoyポイントの貯め方や使い方については以下の記事をご参照ください。

ウェルカムギフト(ポイント、朝食、またはアメニティ)

大人2名分の朝食を無料で頂くことができます。レストラン「京 翠嵐」での朝食の様子は以下の記事をご参照ください。

より高速な無料の客室内インターネットアクセス

無料のWifiを利用できます(会員のみの利用ではなさそうですが…)

より望ましい客室へのアップグレード

今回はポイント宿泊ということで「翠月(すいげつ) モデレートツイン(バルコニーなし)」で予約されていたのですが、「月の音(つきのね) スーペリアツイン・キング」に1ランクアップグレードされました。

午後4時までのレイトチェックアウト

規約で「リゾートおよびコンベンションホテルでは、空室状況により、ご利用いただけない場合もあります」とありますが、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都はリゾートにあたるとのことで16時までのレイトチェックアウトは提供していないとのことでした。13時までのレイトチェックアウトをお願いしたところOKして頂きました。

ドリンク券あるいはスイーツチケット

ドリンク券かスイーツチケットを選択できます。我が家はスイーツチケットを選択しました。スイーツチケットを用いると茶寮 八翠で翡翠餅というオリジナルスイーツを人数分頂くことができます。

ちなみにドリンク券では茶寮 八翠でスパークリングワインを含むアルコールやソフトドリンクを1杯頂くことができるようです。

客室「月の音」内の様子をご紹介

前述のように今回は1ランクアップグレードされ「月の音(つきのね) スーペリアツイン・キング」となりました。

ベッドは幅120cm × 長さ200cmのものが2台です。今回はツインでしたが、月の音にはキングの部屋もあるようです

ベッドサイドには4本のミネラルウォーターが並べられています

このミネラルウォーターはなかなかまろやかで気に入りました!調べてみると日本有数の酒どころである京都・伏見の有名酒造メーカー「月桂冠」が酒造り用の仕込み水として使用している名水だそうです!

テーブルの上にはウェルカムフルーツが置かれていました

テレビ台の端には急須と湯呑み

下段の引き出しを開けるとグラス、ミニバーのミニチュアボトルやスナックが入っています。

一保堂の緑茶、小川珈琲店のドリップコーヒーなど京都の老舗の飲み物も入っている右側の区画のドリンクは無料です。

冷蔵庫の中身は以下の通りです

ミニバーのお値段はちょっと高めです…

浴衣が大人2人分、子供2人分用意されていました!浴衣は客室内と後述する貸切露天風呂と部屋の往復しか着用してはいけません

子供用スリッパも用意されていました!

子供用スリッパにはこのような可愛らしい袋もついています

ウェットエリアをチェックしてみましょう。下の写真のようにバスタブとシャワーブースは別になっています。

洗面ボウルが陶器で京都らしくいい感じです。と思ったら洗面ボウルは滋賀県の信楽焼だそうです(^^;)

漆塗りの黒い箱と紅葉模様の手鏡が京都らしくて素敵です!

漆塗りの黒いボックスの中にはアメニティが入れられています。有難いことに子供用の歯ブラシも用意されていました!

子供用歯ブラシを取り出して改めてアメニティボックスの中を撮影してみました

アメニティボックスの中にも石鹸が入っているのですが、洗面ボウルの隣にはおしゃれな石鹸がさらに置かれています。こちらは翠嵐オリジナルの「翠嵐の石けん」です

お肌に優しい、オーガニック石けん。
オーガニック原料を使い、京都の職人が手作りした石けんです。
香りは柚子栽培発祥の地・水尾の柚子と京都産・檜の天然精油で調香しました。
しっとりとした洗い心地と、気品ある優しい香りです。

ホテルフロント横でお土産で販売されているのですが何と¥2,700(4個入)する高級石鹸です(^^;)

シャワーブースは独立しています。

アメニティは「REMEDE(ルメードゥ)」です。セントレジス大阪でも見かけましたね。

バスタブは独立しています。

トイレは部屋を入り、ウェットエリアと反対側にありました。

バルコニーからはレセプションやレストランがある建物や保津川の西側にそびえる嵐山を眺めることができます

紅葉の時期は絶景でしょうね~

シャンパンディライトは是非参加を!

チェックイン時にフロントで「シャンパンディライト」の案内を渡されます。「シャンパンディライト」とは茶寮八翠で行われているシャンパンなどのドリンクを無料で頂ける宿泊者限定のサービスです。

開催時間:17:00~19:00
開催場所:茶寮八翠

5:00 p.m. - 7:00 p.m.
場所:「茶寮 八翠」
料金:無料 (ご宿泊の方限定のサービスです)
※ 上記時間内のお好きな時間帯にご利用ください。
※ 当サービスはご宿泊者様限定です。
※ シャンパンの他、ワイン、日本酒、ソフトドリンクをご用意しております。

築100年を超える歴史的建造物を和モダンカフェ風にリノベーションした茶寮八翠で開催されています。

まずはおつまみがやってきます

チーズの風味がアルコールにあうケークサレ、砂糖漬けの黒豆、抹茶でコーティングされたチョコレートです。

このように保津川や渡月橋を眺めながら頂きました!

シャンパンはグラスの柄に「Veuve Clicquot」の文字が入っているようにヴーヴクリコです!

他にも白ワイン、赤ワイン、日本酒、ソフトドリンクも頂くことが可能です。カウンターにはアルコールやおつまみが準備されていました!

貸切温泉露天風呂もおすすめ!

3階には2つの貸切温泉露天風呂(プライベートスパ)「洛(らく)」と「庵(あん)」があります。利用料金は45分間で1回1組3,500円(税・サービス料、入湯税150円別)です。

「洛」がヒノキ風呂、「庵」が岩風呂となります。ヒノキ風呂に惹かれたのですが、時間が合わず「庵」を利用することとなりました!

予約時間の5分前になるとスタッフの方が客室まで迎えに来て下さいます!

入り口には暖簾がかかっていて雰囲気があります。

中に入ると岩風呂とちょっとした庭園がありよい雰囲気です。外資系のホテルとは思えません(笑)

岩風呂はこのような感じです。浴槽はそれほど大きい訳でなく大人3名も入ればいっぱいになる程度です

岩風呂に出る前にはシャワーブースがあります。シャワーブースは広さもアメニティーも含め部屋のシャワーブースと変わらないように感じました。

脱衣所はこのような感じです。奥の扉はお手洗いです。

アメニティーも一通りそろっており部屋からは持参する必要はありません。

ドライヤーは客室と同じ「バイオプログラミング レプロナイザー 3D Plus」です

ミネラルウォーターは冷蔵庫の中にたっぷり入っていますので風呂上がりに便利です。タオルも十分に用意されており部屋から持参する必要はありません。

朝の嵐山散歩は空いていて快適!

京都の観光名所である嵐山はオフシーズンと言えど日中は観光客で溢れかえります。

朝の静かな嵐山を味わえるのは宿泊客の特権と言えるのではないでしょうか。私も京都には何度も泊まっていますが嵐山に泊まったのは初めてでせっかくの機会ですので早朝に嵐山散策に出かけました。

翠嵐を出て川を右手の上流の方に歩きます。すると以下のような「嵐山公園亀山地区」という看板があります

この看板の右手にあるこのような石段を登っていきます。

あとはひたすらトロッコ嵐山駅方面に歩いて行くと竹林の小径に到着します。

朝は人も少なく自分のペースでゆったりとみることができます。

竹林を抜けると野宮神社という神社があります

天龍寺を超えて渡月橋まで戻ってきました!

クオリティーの高い朝食を楽しむ

雰囲気が素敵な歴史的な建物の中にあるレストラン「京 翠嵐」の朝食は、京都に来ている実感が湧いてとてもお勧めです。料金、和食と洋食それぞれのメニュー、子供メニューについての詳細につきましては以下の記事をご参照ください。

和のアフタヌーンティーを楽しむ

茶寮八翠で和のアフタヌーンティーを楽しむこともできます。嵐山の景色を眺めながら歴史ある建造物を改装した和モダンな空間で、老舗和菓子店とコラボしたお菓子、和洋が融合した「おぞよ(おかず)」を15種類のドリンクと一緒に楽しむことができ、ランチ代わりにも使えます。レポートは以下の記事をご参照ください。

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」宿泊代金

今回宿泊したのはオフシーズンである1月の週末になります。もし「月の音」に有償で宿泊したとするとこの日は以下の料金となっていました。

およそ80000円となります!さすが高級ホテルですね~

今回私はマリオットポイント(マリオットボンヴォイポイント)を利用して宿泊しました!翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都のように新カテゴリー8に分類されるホテルは期間限定(2019年3月まで)で通常より少ないカテゴリー7のポイント数(60000ポイント)で宿泊可能となっています。

マリオットBonvoyポイントの貯め方、使い方については以下の記事をご参照ください!

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」子連れの場合は?

・12歳以下の添い寝の子供の宿泊代は無料です。
・子供向けのエキストラベッド(8,316円)も用意されています。
・子供用アメニティー(歯ブラシ、浴衣、スリッパ)は用意されています。
・レストランでの朝食はアラカルトでおにぎりやにゅうめんを注文することが可能です。

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の概要

所在地:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12
電話番号:075-872-0101
客室数:39室
料飲施設:京 翠嵐(個室・鉄板焼 有)、茶寮 八翠
宴会場:茜(98㎡)
インターネット環境:無線LAN(無料)、客室・宴会場は有線LAN(無料)もあり
その他施設:プライベートスパ2室
駐車場:9台(有料)

最後に

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」月の音の宿泊記、ホテルの概要やシャンパンディライトなどのサービス、マリオットボンヴォイプラチナ会員特典、人力車での無料お迎えサービス、貸切露天風呂の様子、観光名所竹林までの散策の様子などをご紹介しました!有償宿泊だといいお値段ですが、歴史ある建造物を活かしており京都に泊まっている雰囲気を味わえるホテルですので機会あれば是非宿泊してみて下さい!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
おすすめの記事