まだ幼稚園に入るか入らないかの頃、父が仕事でヨーロッパに行きました。お土産は真っ赤な2階建てバスと衛兵さんのおもちゃだったように記憶しています。僕にとって小さい頃外国のイメージはロンドンでした。長年行ってみたかったのと比較的長期に滞在できたので日帰りでロンドンに行くことにしました。

 

スポンサーリンク

パリからユーロスターでロンドンへ

8時過ぎのユーロスターに乗って3時間弱でロンドン・ウォータールー駅に到着!パリとは1時間の時差があり到着はまだ10時くらいでちょっと得した気分です。

ユーロスター搭乗記は以下のリンクをご覧ください

バッキンガム宮殿へ

まずは地下鉄に乗り、Changing the Guard(衛兵交代)をみるためバッキンガム宮殿を目指します。

 

衛兵交代は3月までは一日おきにしか行われていないのでわざわざロンドン行きをこれがある日にあわせたくらいどうしても見たかったのです。

 

10時半頃にバッキンガム宮殿に到着、衛兵交代は11時半からなのだがすでに人がいっぱい…なんとか最前列をキープしてめちゃくちゃ寒い中1時間待ちます。一人で待つのはとても辛かったです。

 

 

手前から2人目の衛兵さんのお腹が気になります(笑)

 

交代してすぐ終わっちゃうんだと思ってたら、楽団の演奏なんかが長時間あり全部終わったのは1時間後くらい。目の前で堪能できたし、楽団の演奏もよかったし、待ったかいがありました。

 

 

 

スポンサーリンク

昼食は定番を!

思ったより遅くなったので昼食をとります。ロンドンらしくフィッシュ&チップスを食べてビールを1杯!かなり満腹…

 

 

市内観光へ

その後は定番の観光スポットへ。ウエストミンスター大聖堂、ウエストミンスター寺院、ビックベン、ロンドンアイなどなど。

 

 

 

 

ロンドンは物価が高い…

しかしロンドンは物価が高いです。ウエストミンスター寺院なんて入るだけで10£…(当時1£=240円なので2400円!)ロンドンアイ(観覧車)は乗るのに15£、地下鉄も3£するし…(バス地下鉄一日乗り放題で5.1£)日本で1万円分=約40£しか両替してなかったのでけっこうカード使うハメになりました。

ロンドンアイに乗ってみる

とかなんだかんだ言いながらロンドンアイには乗ってみます。一つのカプセルに30人くらい乗れる想像以上に大きな観覧車でした!

 

 

 

 

タワーブリッジへ

そして地下鉄に乗って有名な跳ね橋タワーブリッジへ。

 

 

歩いてだんだんと近づいていく風景もいいものです!

 

今となっては跳ね橋は1日に1回上がるか上がらないからしいが…とても美しい橋でロンドンで最も印象に残った景色はこの橋です。

 

ちなみに塔は登れるようになってて、塔と塔の間の橋の上の水色の部分は遊歩道になっています。高いところは上ってみないと気がすまない僕はここでも5£を散財して上ってみましたw

 

 

「ロンドン橋落ち~た、落ち~た、落ち~た」って歌がありますよね。あれってタワーブリッジのことかと思ってましたが「ロンドンブリッジ」っていう橋が別にありました。ま、何の変哲もない普通の橋でしたが(笑)

憧れの旧式ダブルデッカーとの遭遇

そしてここから市内中心部に戻るためにバスに乗ります。2階建てバス(ダブルデッカー)も最近は新しいものが多く、旧式ダブルデッカーは2路線しか走ってないということでした。下の写真は新しいダブルデッカーです。

 

ロンドン塔から中心部にむかう15番路線には本数は少ないもののまだ旧式ダブルデッカーが走ってるというので「来ればいいなぁ~」くらいの気持ちで待っていました。すると来たのは旧式ダブルデッカー!!昔おもちゃで持ってたのと一緒!もう気分は子供と一緒でわくわくどきどき!

 

とりあえず2階に上がってみて一番前の席に陣取ります(笑)

 

地下鉄ばっかりでロンドンの街並みをあまり見てなかったのでちょうどいい観光になりました。 終点のトラファルガー広場に降りると帰りのユーロスターまで1時間ちょっとになっていたので駅へ向かいます。

大英博物館とかハロッズとかまだまだ行ってみたいところもあったけど見どころは一通り見れて日帰りにしては比較的満足!しかしユーロ高でパリの物価も高いと思ったけど、ポンドはもっと高い感じでロンドンはさらに物価が高く日帰りにしてよかったと思いました。いつかゆっくりと訪れてみたいものです!

パリ・ロンドン旅行記は以下のリンクからご覧ください!

スポンサーリンク
おすすめの記事