昨年学会へ向かう途中でサンフランシスコに寄りました。あくまでメインは仕事なので2泊49時間の滞在となりました。49時間で初めてのサンフランシスコをできるだけ満喫しようと自分なりにいろいろ考えて、できるだけ観光名所を回り、できるだけ食べたいものを食べてきました。行ってみた観光名所、食べたサンフランシスコグルメをまとめた旅行記になります。

目次

スポンサーリンク

今回の日程

1日目 10時35分 サンフランシスコ国際空港着
2日目 サンフランシスコ観光
3日目 11時35分 サンフランシスコ国際空港発
という日程でサンフランシスコの空港に到着してから出発するまで49時間という日程でした。

サンフランシスコに到着するまでの様子は以下のリンクからどうぞ!

1日目

サンフランシスコ国際空港到着後BARTでPowell駅へ

サンフランシスコ国際空港に到着後入国審査の行列が長く時間がかかりました。その後はBARTという高速交通でダウンタウンに向かいました。12時10分発のBARTに乗車できました。空港についてからBARTに乗るまで1時間半かかりました。その時の様子、ちょっと戸惑うBARTの切符の買い方をまとめた記事が以下になります

ホテルにアーリーチェックイン

12時40分頃にはPowell駅に到着し、12時50分にはPark Central Hotelにチェックインできました。

SPG系ということと観光の利便性からPark Central Hotelを選択しました。宿泊記は以下のリンクからどうぞ!

まずはMuni Passport(ミュニパスポート)をゲット!

サンフランシスコ市内の交通機関であるミュニバス、ミュニメトロ、ケーブルカーに乗り放題のミュニパスポートを購入しにPawell駅に戻ります。Pawell駅の半地下にある観光案内所で3日用のミュニパスポートを購入しました!

昼食はハンバーガー!

アメリカに来たらやっぱりハンバーガーとビールでしょう!ということでホテル近くにあって、サンフランシスコでとても人気というSuper Duper Burgerにしました。サンフランシスコらしくオーガニック食材にこだわったとてもおいしいハンバーガーでした。詳しくは以下をご覧ください!

市内観光へ

Super Duper Burgerを出たのは14時20分くらいでした。この日は移動後であることより早めに夕食を食べて、早めに寝て、時差ボケの解消に努めようと思っていました。

まずは海外に来ると飲み物の確保やお土産などの物価の調査を兼ねてスーパーマーケットやドラッグストアのチェックをするのが私のルーティンです。

有名なスーパーマーケットTraders Joe'sやCVS Pharmacyというドラッグストアをチェックします

エンバーカデロからフェリービルディングへ海沿いを散策

その後早速Muni Passportを使って、Muni Metro (ミュニメトロ)Fラインでフィッシャーマンズワーフに向かいます。こちらのFラインはMetroと言いながらずっと地上を走っている上にマーケットストリート→フェリービルディング→アルカトラズ島ツアー発着所であるピア33→ピア39→フィッシャーマンズワーフと見どころを結んでいて街並みを見ながら地理も確認できて便利です。

時間の関係でピア39で下車し、フェリービルディング方面へ散策することにしました

海岸沿いを歩くとサンフランシスコに来たという実感が湧きますね

今回は時間の関係で断念しましたがアルカトラズ島へのフェリー乗り場などを見ながらエンバーカデロからフェリービルディングへ海沿いを散策します

Ferry Building(フェリービルディング)へ

その名の通りかつてはフェリー乗り場としての機能しかなかった建物でしたが、2003年にフェリービルディングマーケットプレイスとしていろいろなお店が集まり、地元の人々や観光客が集まり、いまやサンフランシスコのランドマークとなった場所です。今回は行けずに残念なのですが、火曜日、木曜日、土曜日はこちらの建物の前でファーマーズマーケットが開かれます。

建物の中で目を引くのはBlue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)の行列!とりあえず飲んでみました

その他にもHeath Ceramics(ヒースセラミックス)などの人気店が並んでいます。

夕食は海沿いのWaterbarで牡蠣とワインを中心に

夕食はサンフランシスコらしくシーフードを食べたいと思いWaterbarを予約しました!

フェリービルディングから海沿いをさらに歩いていくとベイブリッジのたもとにあります。Waterbarで食べたものなど詳細については以下のリンクからどうぞ!

スポンサーリンク

2日目

まずはplowで朝食

調べているととても美味しそうな朝食を出すお店がありました。plowという日本ではまだ珍しい朝食とブランチの専門店です。ちょっとダウンタウンから離れたところにあるのでUberで向かいました。plowに向かうためにUberを初めて使ったのですがとても便利でした

plowはとても人気店で平日の開店直後に入店したのですが20分経たないうちに満席で待ちが出るような状態でした。plowの紹介と食べたものについては以下のリンクからどうぞ!

ケーブルカーに乗る

食後Uberでダウンタウンに戻りケーブルカーに乗ります。朝早い時間は空いていて乗りやすいです。

Alamo Square(アラモスクエア)

ケーブルカーとミュニバスを乗り継いでアラモスクエアへ

パステルカラーの7軒のビクトリアハウスが並ぶサンフランシスコの象徴と言える景色です。遠くに並ぶダウンタウンの高層ビルと歴史を感じるビクトリアンハウスがミックスしてサンフランシスコらしい風景です。『フルハウス』というドラマで有名になったそうですね。

工事中で一瞬焦りましたがこの景色を撮影できる一角だけは開放されていました

アラモスクエア周辺でコーヒーを飲みアイスを食べる

アラモスクエア周辺でどうしても行きたかったお店が2軒ありました。

まずはサンフランシスコで一番人気というアイスクリームのお店Bi-Rite Creamery(バイライト クリーマリー)です。

そしてサンフランシスコでの4大サードウェーブコーヒーの一つであるFour Barrel Coffee(フォーバレルコーヒー)の2号店であるThe Millです。サードウェーブコーヒーの飲み比べもしてみましたので以下の記事もご覧ください

市内観光ツアーに参加

午後からは限られた時間でできる限り見どころを回りたいこと、なかなか行きにくいゴールデンゲートブリッジの対岸やツインピークスに行ってみたいことより半日市内観光ツアーを申し込みました。

僕がお願いしたのはHISのツアーです。一人でも申し込めるのはこちらしかなかったというのもあります…

Fisherman's Wharf(フィッシャーマンズワーフ)

11時半頃に集合し、まず車に乗り込みガイドさんの説明を聞きながらChinatown(チャイナタウン)とNorth Beach(ノースビーチ)を通ってFisherman's Wharf(フィッシャーマンズワーフ)へ

港町サンフランシスコをもっとも感じることができるエリアですね!一番有名なのはこの巨大なカニの看板でしょう!こちらの近くにはシーフードの屋台が並んでいます。

本当はこの奥に見えるBoudin(ボウディン)でクラムチャウダーを食べたかったのですが朝食が多くてお腹が全然空かずに断念しました(>_<)

Ghirardelli Square(ギラデリスクエア)は昔のチョコレート工場が改装されたショッピングモールです。ギラデリのチョコレートをお土産に購入しました。

そしてフィッシャーマンズワーフを散策しピア39へ!有名な野生のアシカを見て再び車に乗り込みます。

Lombard Street(ロンバードストリート)

400mほどの非常に急な勾配の道を車でも通行可能にするために8つのカーブを加えて作られた別名「世界一曲がりくねった坂道(The Crookedest Street in the World)」です。

見ている間にもどんどん車が下ってきます。自分で運転してみるとどんな感じなのか気になります。

The Palace of Fine Arts(パレスオブファインアーツ)

まるで古代建築のような印象深いドームで、かなり以前から建っている建造物かと思いきや、1915年に開催されたサンフランシスコ万国博覧会のシンボルのようです。

Golden Gate Bridge(ゴールデンゲートブリッジ)

「金門橋」と日本で呼ばれるほど日本でも有名なサンフランシスコの顔ともいえる橋です。サンフランシスコ市とノースベイの街をつないでいるのですが、6車線の車道に歩道や自転車専用道からなる全長2737mの大きな橋です。印象的なオレンジ色は霧の中でもはっきりと見えるからという理由で決定されたそうです。

今回は車で対岸に渡り、サンフランシスコの高層ビル群も眺めることができました!特に欧米の観光客の方々はレンタサイクルで対岸まで渡ってきておられる方が多いようです。自転車であの橋を渡るのも気持ちいいでしょうね~

Twin Peaks(ツインピークス)

サンフランシスコには43の丘があるそうなのですがもっとも有名で展望がよいところでしょう。丘は高さ277mのふたつからなっておりこの名前が付いたようです。風がかなり強かったですが市内の街並みが見渡せて見晴らしは最高です!一人でなければ夜景も見に来たかったのですが残念です

Union Square(ユニオンスクエア)

15時20分頃にユニオンスクエア近くのホテルで市内観光は解散です。

有名なユニオンスクエアの中央に立つ円柱(写真やや右側)は1898年の米西戦争でマニラでの勝利を記念して建てられたものです。

AT&T Park

サンフランシスコジャイアンツの本拠地です。ぜひ観戦してみたかったのですが滞在中に試合がありませんでしたので仕方なくグッズのみ購入しに行きました。

夕食はアメリカらしくステーキを

夕食はアメリカらしくステーキを食べるためTad's Steak(タッズステーキ)で頂きました!リーズナブルにアメリカらしいステーキを頂ける店で、Powell駅やユニオンスクエアからも近く利便性もいい店です。詳細については以下のリンクからどうぞ!

サンフランシスコ最後の夜はちょっと飲みたくてクラフトビアを

サンフランシスコ最後の夜だったのでこのまままっすぐホテルに帰るのもなぁとBarに寄って帰ることにしました。Powell駅近くのMikkeller Bar(ミッケラーバー)に行きました。平日午後6時過ぎというバーにしては早めの時間だったにも関わらず若いお客さんで満席状態でした。お店の詳細については以下のリンクからどうぞ!

3日目

あっという間にサンフランシスコ最終日を迎えてしまいました…

朝食は4大サードウェーブコーヒーの1つであるSightglassへ

先ほども述べましたがサンフランシスコ4大サードウェーブコーヒーの1つであるSightglassで朝食を食べることにしました。店内の様子などは以下のリンクからどうぞ!

チェックアウト後BARTでサンフランシスコ国際空港へ

8時30分にホテルをチェックアウトしました。BARTは頻回に出てるだろうと詳しく調べずにPowell駅にやってきました。しかし週末、特に朝早い時間帯は本数が少ないようですのでご注意ください。

サンフランシスコ国際空港でAir Trainに乗ってみた

9時20分頃に空港に到着しました。今回出発はTerminal 3だったので歩いても行けるのですがせっかくの機会なのでターミナル移動にAir Trainに乗ってみました。

 山手線や環状線のように時計回りも反時計回りもあります。

アメックスセンチュリオンラウンジに行ってみた

今回はステイタスマッチで期間限定でユナイテッド航空のゴールド会員になっており、優先保安検査場を使用でき10時には制限エリア内に入れたため時間が余りました。そこでアメックスセンチュリオンラウンジを使ってみることにしました。アメックスセンチュリオンラウンジの入室資格や内部の様子などは以下のリンクからどうぞ!

そしてシカゴへ

シカゴへはユナイテッド航空ユナイテッドファーストに搭乗しました。搭乗記は以下のリンクからどうぞ!

結論

市内観光のオプショナルツアーを用いて自分では回りにくい場所に行くことができ、滞在時間の割には比較的効率的に観光できたと思います。アルカトラズ島に行けなかったり、ボウディンのクラムチャウダーやギラデリのチョコレートサンデーを食べられなかったりした以外は満足できました。素敵な街だったのでいつの日かまたゆっくりと訪れてみたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事