JCBの最上位カードと位置付けられているJCB THE CLASS (ザ・クラス)というクレジットカードがあります。このカードのメリットとして東京ディズニーリゾートのラウンジ特典があります。今回ディズニーシーのJCBラウンジに行く機会がありました。ディズニーシーのJCBラウンジはどこにあるのか、ラウンジの内部の様子、ラウンジで受けられるサービスの内容などをご紹介したいと思います。 

 

スポンサーリンク

JCBザ・クラスとは?

JCB THE CLASS(ザ・クラス)というクレジットカードはJCBの最上位カードとして位置付けられており、招待制のカードとなっています。

取得を目指したい人はJCBオリジナルカードへの入会からクレジットヒストリーを積んでいきインビテーションを待つのが基本です。

しかしblogなどでは時々招待を待つのでなく自ら申込書を請求するといういわゆる突撃という手段で取得された方も見受けられます。表向きは年収や年齢が書かれていますが、クレヒス次第では表向きの条件を満たしていなくても取得できるようです。

私はJCBカード自体を所持していませんでしたが、数年前に医師会員制サイトで募集しているのを見て申し込んだ結果ラッキーにも取得できました。

このカードは年会費が54000円(税込)と決して安いカードではないのですが、東京ディズニーリゾートが好きな方にはとても人気です。理由は下記のラウンジだけでなく、メンバーズ・セレクションというサービスにあるようです。メンバーズ・セレクションは、JCB THE CLASS(ザ・クラス)会員がカードを更新した時に送られてくる約25000円相当のカタログギフトです。ですので年会費の負担感も実質半分程度になるのです。

このメンバーズ・セレクションに「東京ディズニーランド(R)ペアランチお食事券(大人2名様分)とパークチケット(2枚組)セット」があります。指定レストランでランチができるのですが、そのレストランがディスニーファン憧れの「クラブ33」なのです。「クラブ33」とはディズニーランドのスポンサーなどの紹介がないと入れないレストランでディズニーランドの中で唯一お酒が飲める施設として知る人ぞ知る場所なのです。 数年前まではこちらの申し込みができたためこのカードの取得を目指す人が多かったと思われます。今は残念ながら抽選制(抽選チャンスは年1回のみ?)となり、利用人数も大人2名のみという制限がつきました。

このように東京ディズニーリゾートの特典が充実しているため一部ではとても人気のクレジットカードのようです。

スポンサーラウンジとは?

東京ディズニーリゾートの全施設の維持費、管理費をオリエンタルランドが出しているわけではありません。アトラクションの大部分は協賛企業からのスポンサー料(資金援助)により支えられています。アトラクションの看板の下に小さく企業名が入っているのをご覧になられた方は多いと思います。その企業がアトラクションのスポンサーです。

例えばセンターオブジアースは第一生命保険株式会社、ディズニーシーエレクトリックレールウェイは株式会社タカラトミー、セイリングディブッフェは山崎製パン株式会社といった感じです。 

これらの企業はオフィシャルスポンサーと呼ばれています。そして東京ディズニーリゾートの一部アトラクションには、その企業の関係者や招待された方のみが利用できる「スポンサーラウンジ」が用意されています。 JCBカードもディズニーのアトラクションのスポンサーとなっているため、JCBラウンジというスポンサーラウンジが用意されているのです。

スポンサーリンク

ディズニーリゾートJCBラウンジとは?

東京ディズニーリゾートにあるJCBラウンジはランドとシーの二ヶ所にあります。

JCBは現在、以下の2つのアトラクションのスポンサーとなっています。

ディズニーランド「スター・ツアーズ ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」
ディズニーシー「ニモ&フレンズ・シーライダー」

よってこの2つのアトラクションにJCBラウンジが併設されています。

東京ディズニーシーのJCBラウンジは、アトラクション「ストームライダー」のクローズにより、2016年5月16日(月)にて一旦終了となりました。しかし、その後にできた新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」も引き続きJCBがスポンサーのため「ニモ&フレンズ・シーライダー」の施設内にJCBラウンジが改めてオープン(リニューアル?)しています。正直ストームライダーの時はあまり使おうとは思わなかったのですが、今回新しくオープンした「ニモ&フレンズ・シーライダー」に優先搭乗できるということで初めて東京ディズニーリゾートJCBラウンジを使ってみようと思ったわけです。

JCBラウンジを利用するには?

招待券の発行

ディズニーJCBラウンジを利用できるのはJCB THE CLASS(ザ・クラス)を所有している人のみです。利用するためには、ラウンジ招待券が必要です。事前にメンバーデスクに電話をしてラウンジ招待券の送付を依頼します。招待券の発行は1年に1回のみとなっています。有効期間は発行日から1年間のようです。招待券1枚で同伴4名までがラウンジを利用可能です。

電話予約

招待券は約1週間で郵送されてきます。その後、利用予定日の前日までに利用予定のJCBザ・クラス会員本人が電話で予約する必要があります。予約は利用予定日の1ヵ月前より受け付け可能です。予約する際の電話番号は招待券に記載されており、また予約には招待券に記載の番号を確認されるので、招待券が到着してからしか予約はできません。電話すると利用する日をまず伝えます。すると利用可能な時間を教えて下さるので希望の時間を予約します。 なおJCBラウンジの入場時には招待券とJCB THE CLASS(ザ・クラス)カードの提示が必要なのでもし招待券を譲り受けても会員以外は利用することはできません。

当日の流れ

ラウンジを予約していることをアトラクションのキャストに伝えるとアトラクションの入り口近くまで案内されます。 下のようなアトラクション入り口横の扉から中に案内されます。小さくJCBのマークが扉の横にあります。

裏の通路を抜けるとロックされた扉があります。ここまではアトラクションのスタッフが案内してくれます。インターホンで氏名を言うと、JCBの担当者が迎えに来てくれます。ここで招待券とJCB THE CLASS(ザ・クラス)カードの提示を求められ確認の上エレベーターに案内され4階まで上がるとそこがラウンジです。

JCBラウンジでは何ができるのか?

大きく3つのメリットがあります。

・ラウンジ内での休憩

・ソフトドリンク飲み放題

・アトラクションへの優先搭乗

ラウンジ内での休憩

テーブルが3つほどと、靴を脱いで上がる小上りのキッズスペースがあります。

テレビでは、ディズニー映画が上映されていました。子供たちはここでぬいぐるみで遊んだりテレビを見たり楽しんでいました。 

トイレは一つ下のフロア3階にあります。とてもきれいなトイレで快適に使えました。

スタッフの方が記念撮影されますかと写真を撮って下さいました!

ソフトドリンク飲み放題

飲み物はオーダー制になっていて、おかわりすることも可能です。ホットとアイスの両方が用意されています。コーヒー、紅茶、ジュースなどがありました。

 

アトラクションへの優先搭乗

「ニモ&フレンズ・シーライダー」はディズニー映画「ファインディング・ニモ」と「ファインディング・ドリー」の海の世界をリアルに体感できるアトラクションです。魚サイズに縮むことのできる潜水艇「シーライダー」に乗り込み、ニモやドリーたちと美しく広がる海底の世界へ冒険へ出かけるというものです。

ラウンジで20分ほど休憩すればアトラクションに優先搭乗できます。エレベーターで1階に戻り、他のお客さんが入ってくる前にアトラクションの扉の前でスタンバイできます。

うちは下の子供がまだアトラクションに乗れなかったので家内と上の子がまずアトラクションに搭乗に行き、その間はラウンジで下の子を遊ばせて待機できたのでとても助かりました。

先発の2人が終わった頃にラウンジを出てアトラクション外で待ち合わせるように指示されます。家内に下の子を預けて上の子と僕でアトラクションに搭乗できました。その間は家内はさすがにラウンジは利用できず外で待機です。上の子は2回搭乗することができ大喜びでした。ちなみに上の子によるとアトラクションに出てくるストーリーが2回目は違ったとのことなので「ニモ&フレンズ・シーライダー」はいくつもパターンがあり何回か乗っても違うパターンが出てくるアトラクションのようです。

結論

東京ディズニーシーJCBラウンジは現在人気の「ニモ&フレンズ・シーライダー」に待ち時間なく優先搭乗できてお得感がありました!

スポンサーリンク
おすすめの記事