2017年5月に出張でシカゴを訪れました。シカゴは他の人気都市に比べると地味なイメージなのかあまり観光に行かれる方はいませんが美術や建築に興味がある方にはなかなか魅力ある都市だと思います。仕事だったのとメジャーリーグ観戦にも行ったのでシカゴ市内観光は1日しかできませんでした。シカゴを満喫しようと自分なりにいろいろ考えて、できるだけ観光名所を回ってきました。行ってみた観光名所をまとめた旅行記になります。また美味しいものも多く、シカゴグルメについてもまとめております(こちらは数日にわたって食べました)。陸マイラー界隈の方々にとっては特典航空券も取りやすいので乗り継ぎついでに観光に行かれてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シカゴのダウンタウンのエリア

シカゴ市内全体は南北42㎞、東西34㎞ほどに及びます。一般的には「ループエリア」と「マグニフィセントマイル&リバーノース」あたりをダウンタウンと呼び、シカゴ観光の起点となるのはこの2つのエリアです。またシカゴ市街は碁盤の目のようになっており、京都のように住所は通り名と、その通りの沿った番地により表示され非常に分かりやすいです。またループエリアを南北に走る「State.St」と東西に走る「Madison St.」の交差点でState St.を境に東(East)と西(West)に、Madison St.を境に北(North)と南(South)に分かれます。

ループエリア

シカゴのダウンタウンの中心にあるループ(通称:Chicago 'L')という高架鉄道に囲まれたエリア。ループとは「輪」の意味ですね。かつてのシカゴ中心部を市電が囲むように走ることからこう呼ばれました。シカゴのビジネスの中心地として機能しています。またシカゴ美術館やミレミアムパークなど観光ポイントも多いです。

Chicago 'L'
シカゴ交通局(CTA)により運営されるダウンタウンを走る高架鉄道及び地下鉄。シカゴ市民はこの高架鉄道及び地下鉄を'L'ではなく、CTAと呼ぶことがほとんどです。

 

リバーノース&マグニフィセントマイル

その名の通りダウンタウン東西を流れるシカゴ川の北側のエリアです。シカゴで最も華やかな場所で、リバーノースには有名なレストランが集まっており僕も食事はほぼ毎日リバーノース地区でとりました。「魅惑の1マイル」という意味のマグニフィセントマイルは北ミシガンアベニュー沿いのショッピングエリアのことを指します。

朝食はサードウェーブコーヒーの1つDollop Coffeeで

サードウェーブコーヒー巡りをサンフランシスコに続いてシカゴでもやってみました!サードウェーブコーヒーの定義とサンフランシスコでのサードウェーブコーヒー巡りについては以下の記事をどうぞ!

Dollop Coffeeはシカゴ発症のサードウェーブコーヒー店です。Chicagoにはいくつか店舗があるのですが、ホテルから近かったEast Ohio Streetの店舗「STREETER」に行ってみました

非常におしゃれで開放的な店舗でとてもいい雰囲気です!

ラテとパンオショコラを頂きました!ラテでしたがミルクに負けない香ばしさがしっかりと感じられ個人的には好みのコーヒーでした。

スポンサーリンク

まずはマグニフィセントマイルへ

高級デパートやホテル、ブランドショップなどが並ぶシカゴの目抜き通りです。ミシガンアベニュー(Michigan Ave.)のシカゴ川の北側からオークストリート(Oak St.)までの間を通称「マグニフィセントマイル(Magnificent Mile)」と呼びます。ショッピングはもちろん歩くだけでも楽しい人気観光スポットです。

 ジョンハンコックセンター展望台に昇る

ジョン・ハンコック・センターは、高さ343mとウィリスタワー、トランプタワー、AONセンターに次ぐ4番目の高さとなります。高さこそ4番目なのですが、歴史とX字に組まれた黒い鉄骨と台形の形が印象的でウィリス・タワーと並ぶシカゴの代表的な高層建築物です。

展望台「360°シカゴ」は94階にあります。

展望台の料金は21$なんですがこの日はシカゴ最後の夜だったので夜景も見に来たいなぁと思い「Sun and Stars」という48時間以内に2回展望台に入れるチケット(25.5$)を購入しました!地下一階の入り口からエレベーターでわずか39秒で到着します。

ウィリスタワーの方が高いのですが僕はジョンハンコックの方がなぜだか好きです。

南側にはジョンハンコックより高いトランプタワーやウィリスタワー、AONセンターが見えます

南側にはTiltというガラスの壁面がそのまま斜め下に傾くアトラクションがあります。

 写真を見るとガラスの壁が斜めになっているのがお分かりいただけると思います。こういう時って女性の方が大胆で男性って腰が引けがちですよね(笑)他人の事は言えませんがこの男性思いっきりへっぴり腰です…

マグニフィセントマイルでショッピング

 マグニフィセントマイルをぶらぶらしながらお土産探しをしました。

子供のお土産を買っていなかったので子供のお土産探しがメインになりました!レゴで作ったシカゴの高層建築がめちゃ印象的で子供のように見入ってしまいました(笑)また女の子のおもちゃやドレスは可愛いものがいっぱいあります。

写真を撮り忘れましたが自分にはシカゴカブス108年ぶりワールドチャンピオンの記念グッズを買いました!

シカゴの中心とあってアップルストアもありました

昼食はステーキ

昼食にはANAのパイロットの方が勧められていたステーキ店に行きました!

RPMステーキというお店です!一人ではディナーの予約ができなかったのでランチタイムに行きました。食べたものなど詳細につきましては以下の記事をご参照ください。すごく高級なお店でしたがランチは比較的手ごろに美味しいステーキを頂けました。

昼食後知っている先生に挨拶をする必要があり一旦学会会場のMcCormick Placeに向かいます。用事を終え、シャトルバスでダウンタウンに戻ります

ミレニアムパークへ

ミレニアムパーク(Millennium Park)は2005年にオープンした比較的新しい公園ですがシカゴの人気観光スポットとしてたくさんの人で賑わっています。夏は無料のコンサートが開かれ、冬は屋外のアイススケートリンクも作られ市民の憩いの場でもあります。

クラウドゲート

一番有名と言っても過言ではないのが「クラウドゲート」。通称「ビーン」と呼ばれるミレミアムパークほぼ中央のプラザに作られた高さ10m、長さ20m、重さ110トンの巨大オブジェです。

訪れる人々と周囲の景色を反射させ、曲がりくねった鏡のように幻想的な景色を映し出します。

クラウンファウンテン

こちらには「クラウン・ファウンテン」という噴水も人気のようです。僕が訪れた5月は寒くて人がいませんでしたが…

高さ15mの長方形の2つのタワーから水が流れ落ちる噴水?です。

ANAのホームページにも紹介されており写真と紹介文をお借りしました

特に大きな顔のイメージが映された噴水「クラウン・ファウンテン」は、顔のイメージの変化により水が噴き出すため、子供たちに大人気。この噴水で遊ぶ家族連れの姿が多くみられました。

時間がないので早足でミレミアムパークを見物し、シカゴ美術館へ向かいました。

シカゴ美術館以降の旅行記につきましては後編に続きます…

シカゴグルメ

シカゴグルメについては以下の記事をご参照下さい

・シカゴ三大名物グルメについて
・シカゴおすすめの朝食レストランについて
スポンサーリンク
おすすめの記事