【淡路島グルメ】新島水産 東浦店(店員さんが焼いてくれる活貝のコース)

淡路島らしく美味しい海鮮を食べたい時におすすめしたい、店員さんが付きっ切りで焼いて下さる貝焼きのお店です。食べごろで提供される貝はもちろん、たこ釜飯や生しらす丼も美味しかったです。また、子供用のコースもあり小さなお子さん連れにもお勧めです。

スポンサーリンク

新島水産とは?

水産物卸会社がプロデュースする貝焼きのお店です。淡路島に2店舗、大阪福島に1店舗あります。本店はミシュランガイド兵庫 2016のビブグルマンに掲載されました

新島水産東浦店の場所は?

新島水産東浦店は淡路島北部にあり神戸淡路鳴門自動車道東浦ICの近くにあります。新島水産の本店は洲本市由良地区で淡路島南部にあります。

今回は淡路ICに近いウェスティンホテル淡路に滞在していましたので車で10分、タクシーで2300円程度でした。

淡路島はタクシー配車アプリUberもDiDiも使えて便利でした!

住所:兵庫県 淡路市 仮屋 63番地2
電話番号:0799-75-2222
スポンサーリンク

新島水産東浦店の営業時間は?

ランチタイム

11:30~15:00(ラストオーダー)

ディナータイム

17:30~21:00(ラストオーダー) 完全予約制

定休日

木曜日

ランチとディナーがありディナーは完全予約制となっています。ランチも我々が行った時は店の前には「予約で満席」の看板が出ていたので予約した方が無難と思います。

本来はディナーの時間に伺いたかったのですが、ディナーは営業していないということでランチに訪れました!食べログでも予約可能なのですがディナーは全日「×」になっていますので基本的にはランチ営業のみと考えた方がよさそうです。食べログのページは以下からどうぞ!

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 淡路市その他

新島水産コース内容は?

ランチコースは2つのコースがあります

活け貝の磯焼きコース(3200円)

・前菜 季節に応じたオススメの小鍋など
・名物!活け貝の磯焼き
・白ご飯 or たこ釜飯
・汁物
・香の物

活け貝の磯焼き+天ぷら&お造りのコース(5000円)

・前菜 季節に応じたオススメの小鍋など
・名物!活け貝の磯焼き
・旬の地魚の天ぷら
・旬の地魚のお造り
・白ご飯 or たこ釜飯
・汁物
・香の物

「活け貝の磯焼き+天ぷら&お造りのコース」の内容を紹介

最初にドーンと貝が運ばれてきて期待が高まります。

左側のお皿は子供のコース分です

大人の貝焼きコース2人前はこれだけの量になります

店員さんがそれぞれのテーブルに付きっ切りで貝をベストの焼き加減に焼いて下さいます。ですから焼き加減を気にすることなく、食べることだけに集中できて良いです!

前菜(鱧の小鍋)

まずは鱧の小鍋です。鱧、玉ねぎ、豆腐、水菜、麩などが入っています。鱧から良い出汁が出ていて美味しいです。

旬の地魚のお造り

淡路島らしく白身中心です。

貝がどんどん焼かれていい香りがしてきます!

旬の地魚の天ぷら

鱧の天ぷらを塩で頂きます

大あさり

貝のトップバッターは「大あさり」。こちらはそのまま何もつけずに頂きます。噛むと旨みがじわーっと出てきて美味しいです。残った汁も美味しい!

サザエ

肝がぷつっと切れて上手く引き出せないことが多いのですがキレイに取れました!プリプリのサザエとほろ苦い肝でお酒が進みます

ひおうぎ貝

見た目カラフルな貝ですね~醤油が香ばしいです!肉厚で食べ応えあります

大あさり

二つ目の大あさりは味付けに「ポン酢or醤油」を選択し、「バターの有無」を選択します。つまり、「ポン酢バターあり」「ポン酢バターなし」「醤油バターあり」「醤油バターなし」の4種類から味付けを選びます。

あわび

最後は鮑です。小さく切って肝のソースと和えた形で提供されます。これがまた酒が進みます。

しらす丼

僕は「しらす丼」を選択しました。ネギがぎっしり敷き詰められた上に、盛りだくさんの生しらす!そして、生たまごの黄身がトッピングされています。

たこ釜飯

家内は「たこ釜飯」を選択しました。蓋を開けるとめちゃくちゃいいにおいがして食欲がそそられます。

子供用コース紹介

フライドポテト

ハマグリ
海老

とうもろこし、フランクフルト、ご飯

このあたりは写真撮れてません(^^;)

最後に

貝焼きコースが美味しい淡路島の新島水産東浦店のコースメニュー、子供メニューの内容をご紹介しました。貝のコースではボリュームが足りないのではないかと心配でしたが意外とボリュームがありお腹いっぱいになりました。貝好きの方には是非オススメしたいお店です!

スポンサーリンク
おすすめの記事