「サンフランシスコといえば?」と聞かれた時、多くの人はまずケーブルカーを思い浮かべるでしょう。旅人にとって急な坂をガタンゴトンとゆったり走る姿は昔から変わらぬサンフランシスコの風景なのでしょう。 

スポンサーリンク

ケーブルカーの歴史と現状

坂の街であるサンフランシスコでは欠かせない交通だったであろうケーブルカーの歴史は古く、1873年に始まるようです。その後、バスなど他の交通手段の出現や地震で衰退し、何度も廃線の危機にさらされました。しかし市民の反対運動で現在まで存続しています。

しかし、現状ではケーブルカーに乗っているのはほとんど観光客で地元の人々はあまり使うことはありません。理由のひとつとして値段の高さが挙げられると思います。1回7$と他の交通手段よりかなり高めです。また、他の理由としては混雑が挙げられるでしょう。先述のようにサンフランシスコといえばケーブルカーのイメージのためか常に大行列です。ディズニーランドのアトラクションかと思うような行列ができており、30分以上の待ちが常態化しており、1時間近く待つこともあります。他の交通手段の方がすぐ乗れて、ケーブルカーよりスピードも速く、目的地に到着するにはケーブルカー以外の方が早いです。

人気のケーブルカーに並ばずに乗る方法

それでもサンフランシスコに行けば一度は乗ってみたいケーブルカーになるべく並ばずに乗る方法を考えてみました。

サンフランシスコのケーブルカーは3つの路線があります

POWELL - HYDE LINE(パウエルハイドライン、 地図の赤、3-4間)

POWELL - MASON LINE(パウエルメイソンライン、地図の赤と青、3-5間)

CALIFORNIA LINE(カリフォルニアライン、地図のオレンジ、1-2間)

行き先はケーブルカー上部に表示されています。下の写真はPOWELL-HYDE LINEですね

コツ1:混んでいる路線、乗り場を避ける

最も行列が長いのはPowell St.(地図3番)です。ダウンタウンの中心でユニオンスクエアからも近く、空港からのBARTで直接アクセスできるため常に観光客の大行列ができています。

Powell St.には上述の路線のうちその名の通りHYDE LINEとMASON LINEの2種類が来ます。どちらもフィッシャーマンズワーフ方面で、終点同士は徒歩10分ほどですので観光客にとっては大きな違いはありません。しかし観光客にはHYDE LINEの方が人気です。

理由としては

・HYDE LINEの方が少し距離が長いので乗っていられる時間が長い

・終点近くは海に向かってダイナミックに下っていき景色が良い

・ゴールデンゲートブリッジも見ることができる

・観光名所ロンバードストリートの近くを通りアクセスしやすいため

と思われます。

ちなみにHYDE LINEが海に向かって下っていく時の景色を動画でお見せします。

 

話は戻ってPowell St.での乗車時に時々まだケーブルカーが空いているのに列が進まず、車掌さんが叫んでいる時があります。どうもHYDE LINE待ちの人が多くMASON LINEにもうちょっと乗れるようです。ケーブルカーに乗ること自体が目的で行先はどちらでもよければ遠慮なく行列を追い抜いて乗ってみるのもいいでしょう!

よって並ばずに乗る方法としてまず最初に考えられるコツは

・2路線が出発する人気のPowell St.から乗るのを避ける

・人気のHYDE LINEでなくMASON LINEに乗る

ちなみに一番空いている路線は東西に走るCALIFORNIA LINEです。とりあえずケーブルカーに乗りたいが時間が取れない場合はこちらに乗りましょう。こちらも急な坂道を上下するのは同じなので十分楽しめます。

次に考えられるコツは

・Powell線にこだわらないのであればCALIFORNIA LINEに乗る

コツ2:途中乗車を考える

ケーブルカーは基本的に途中でお客さんを拾うために始発駅のPowell St.を出発するときに完全に満席では出発しません。そのため途中の停留所で乗ることが可能です。Powell St.があまりに混んでいる時は数駅歩きましょう。すごく混んでる時は1~2個先の停留所でも30分くらい待ちそうな行列ができていますが…あとは例えばロンバードストリート観光の帰りにPowell行きのケーブルカーに途中の停留所から乗るなどの方法も考えられます。

次のコツは

・混雑する始発駅を避けて途中の停留所から乗る

コツ3:チケット売り場でチケットを買わず朝早くに乗る

何を言っているんだと思われるかもしれませんがケーブルカーには運賃の支払い方が複数あるのです。

BARTなどのPowell St.を出てエスカレーターを上がったところにケーブルカーのチケット売り場があります。チケットを買うのにも行列ができていることがあります。チケット売り場に並んでようやくチケットを購入した後で、さらにケーブルカーに乗るために行列に並ぶのはうんざりです。

チケットは実はケーブルカーの車内で購入することができます。乗ってから車掌さんに現金を払えばOKです。ただしおつりはないのでちょうど7$用意しておく必要があります。

僕がおすすめする方法はMuni Passportを購入する方法です。こちらはケーブルカーだけでなくMuni Bus、Muni Metroも乗り放題となる乗車券です。1日用($21)、3日用($32)、7日用($42)の3種類があり、1日用ならケーブルカーに3回乗れば元が取れます。

Muni Passportの一番分かりやすい販売場所はPowell駅半地下のビジターセンターです。僕はここで購入しました!

表紙はこんな感じです

下のように使用する日を前もってコインなどで削って使用します

僕は3日間滞在してケーブルカーやMuni Bus、Muni Metroにかなり乗ったので買ってとてもよかったです。観光客にとっては、何回も市内を移動するため非常に使い勝手がよく、サンフランシスコ観光には欠かせないチケットと言えます。

またチケットを買わないとケーブルカーに乗れないと思っている観光客も多いです。8時までチケット売り場はオープンしないので朝早くの時間はほとんど並ばずに乗れます。朝チケット売り場がオープンする前に現金をきっちり用意して乗るか、Muni Passportを使って乗れば並ばず快適にケーブルカーを楽しめます!

朝一番のPowell St.のケーブルカーです。名物の転車台での方向転換の動画をお見せしますがご覧のように僕の他に並んでいるのは1人だけです!

 

乗っても空いています

終点のフィッシャーマンズワーフ側の始発駅の午前もやはり空いています。

最後のコツは

・Muni Passportを活用してチケットを買わずに乗る、もしくはおつりなく車内で現金で払う

・チケット売り場がオープンする前の朝早くに乗る

せっかくサンフランシスコに行かれたら名物ケーブルカーには是非乗りたいものです!この記事が参考になり少しでも待ち時間のロスなく楽しめれば幸いです。

スポンサーリンク

結論

サンフランシスコ名物ケーブルカーは大人気で常にすごい行列です!
①混んでいる停留所、路線を避ける②途中乗車を考える③チケット売り場でチケットを買わず朝早くに乗るなどの方法で混雑を避けて楽しんでください!

スポンサーリンク
おすすめの記事