5月にアメリカに学会出張した際にサンフランシスコ(SFO)からシカゴ(ORD)に移動しました。その時にユナイテッド航空を利用しました。その時にユナイテッドファーストというANAの国内線プレミアムクラスのような座席に搭乗しましたのでその時の様子をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

予約編

特典航空券で予約しなかった理由

この時の旅程は以下の通りです

特典航空券ですので

伊丹→成田→サンフランシスコ→シカゴ→成田→伊丹

と一気に取ってしまうことはもちろん可能でした。しかし、特典航空券を予約したのは5か月前でその時点では学会発表の日程が決まっていませんでした。つまり、一旦予約しても発表の日程次第では変更する可能性がかなり高かったのです。

一旦特典航空券でサンフランシスコ→シカゴを取ってしまうと特典航空券の枠がなくなってしまった場合希望の便に変更できない可能性があるのでサンフランシスコ→シカゴは別切りで発券することにしました。

ユナイテッド航空を選択した理由

サンフランシスコ→シカゴは直行便を飛ばしているのは

・ユナイテッド航空

・アメリカン航空

・ヴァージン・アメリカ

の3社でした。SFC修行中ということもあり少しでもPPが貯まるユナイテッド航空を選択しました。

どの便にするか悩む

次にどの時間帯の便にするか検討します。

サンフランシスコ→シカゴのユナイテッド航空の便は実に多彩な時間帯に飛んでいます。僕が乗った時期の時刻表を保存していなかったので下にお示しするのは現在の時刻表ですがだいたい同じような時間でした。

深夜に出発して早朝に到着する便はサンフランシスコ観光は夕方まで十分楽しめた上にホテル代が浮きそうですが、シカゴのホテルでアーリーチェックインは厳しそうですし、何より遅延すれば学会発表に遅れるという考えたくもない事態が生じそうなのでパスします。

夕方に出発して深夜に到着する便はサンフランシスコで最終日に昼頃まで観光できそうですが、シカゴに到着してからホテルへの移動が治安を考えるとタクシー一択になりそうなのでこれもパスします。

早朝に出発する便はサンフランシスコで早朝にホテルを出なくてはいけないことを考えてこれもパス…

よってお昼前後に出発し、夕方にシカゴに到着するUA624、UA794、UA698あたりに狙いを絞ります。

次にユナイテッド航空のホームページを見ているとサンフランシスコ→シカゴ便はいろいろな機材が飛んでいます。ふと見ると

こんな機材に目が行きました。

何と座席が後ろを向いているものがあります!

1日悩みましたが

・一度後ろ向き座席乗ってみたい!

・オーバーブッキングになった時に普通席、平会員なら後続便に変更されるかもしれない

完全に2つ目の理由は後付けですが思い切ってユナイテッドファーストを予約することにしました!

その後の便宜などを考えてユナイテッドの公式ホームページ経由でなく、アメリカンエキスプレストラベルで予約しました!

機材変更が何回も…

その後ワクワクして何回もユナイテッドのホームページを見ていると乗るはずの機材が変更になっています

後ろ向きじゃない普通の座席に変更になってる…

ユナイテッド航空に電話します。恥も外聞もなくオペレーターさんに頼み込みます(笑)

akaishi「搭乗予定の便が乗りたかった機材から変更になったのですがこれで最終決定ですか?」

オペレーター「いえ、まだ変更になる可能性はあります」

akaishi「どうしても予約していた機材に乗りたいんです。ひとつ前の便が乗りたい機材に変更になったので変更可能ですか?」

オペレーター「本当は変更不可なんですが…少し調べますね」

オペレーター「ビジネスクラスPという同じ運賃の空きがあれば変更しようと思いましたが空きはありませんでした。残念ながら変更はできません」

akaishi「…」

というわけで残念ながら777-200から757-300に機材変更になってしまいました。その後結局ひとつ前の便も機材変更になったのでどっちみち777-200には乗れませんでしたね…日本の航空会社と違ってユナイテッド航空は頻繁に機材を変更するということを今回学びました

搭乗当日編

ダウンタウンからサンフランシスコ国際空港へ

サンフランシスコ国際空港に早めに着きました!空港へもBARTを使います。BARTの切符は初見では買うのが難しいです。BARTの切符の買い方などは以下の記事をご参照ください。

そして休日は空港行きのBARTは便が少なくて驚きました。休日朝に空港に向かう場合は注意が必要です。下の写真の一番下の段が日曜日の時刻表ですが8時台からしかダウンタウン発がない上に時刻表もスカスカです…

空港に到着します。Terminal3なので歩いても行けるのですがせっかくなのでAirtrainを使います。これを使えば広いサンフランシスコ国際空港内でもターミナル間移動が簡単です。

チェックインは自動チェックイン機を使います。これだけなら日本の国内線のJALやANAと同じですがこちらのチェックイン機では受託手荷物の計量も自分で行い、出てくるタグを自分でつける必要があります。

サンフランシスコで写真を撮り忘れたのでこれはシカゴオヘア国際空港の写真ですが…

まずStep1 Tag your bagのところでチェックイン機でチェックインを済ませ、荷物の計量、タグを出して荷物につけるところまでセルフサービスです。

そして奥のStep2 Drop your bagのカウンターに行き手荷物の半券をもらうだけです。

手荷物検査は大行列でしたがステータスマッチで期間限定でゲットしていたスターアライアンスゴールドで優先レーンに入りそれほど時間がかからずに通過できました。

その後はアメックスセンチュリオンラウンジで搭乗時間を待ちます。アメックスセンチュリオンラウンジの内部の様子については以下の記事をご参照ください。

いよいよ搭乗

まずびっくりしたのが11時35分発の便なのに搭乗開始が50分前の10時45分だったことです。国内線なのにめちゃ早いです…

ユナイテッドファーストにしたため搭乗のグループはGroup1でしたので早めにゲートに向かいます。

しかしもうこんな行列でした…

機内の様子

座席

乗り込むと隣には大柄な欧米人のおじさんが座っていたので座席の写真は撮れず…

ユナイテッド航空のホームページから写真を借ります

こんな感じの革張りの座席です。座席幅52cm、シートピッチ96cmとのことなのでANAのプレミアムクラスよりちょっと広い座席に、JALのクラスJくらいのシートピッチということになるでしょうか。座り心地はANAのプレミアムクラスほどよくはありません(笑)

機内Wi-Fi

機内Wi-Fiに繋ぐとこんな画面が見られて今どのあたりを飛んでいるのか、残りの飛行時間はどれくらいかチェックできてよかったです。

ちなみに機内Wi-Fiのお値段は以下の通りです。1時間プラン9.99ドル支払いました。ANAのWi-Fiよりは快適でした。しかしJALの機内Wi-Fi無料っていうのはすごいサービスですよね!

機内食

まずはビールとナッツが出てきます

機内食は2種類から選択できました!魚かタンドリーチキンだったのでタンドリーチキンを選択しました。

以前ユナイテッド航空国際線に搭乗した時の機内食よりはかなり美味しかったです。比べる対象が違うのかもしれませんが(笑)

その後はアイスクリームのサービスもありました

アメリカらしい景色が見えてきていよいよシカゴオヘア国際空港に着陸です

やはりオヘアはデカい!

ターンテーブルに「学会へようこそ!」の看板があり、ようやく「学会に来たんだなぁ」と観光から気持ちが切り替わりました(笑)

CTAでダウンタウンへ

Chicago Transit Authority(CTA)という公共交通システムがあります。空港からはCTA Blue Lineでダウンタウンに向かいます。

空港の地下に駅がありますので地下通路を通って駅に向かいます

こんな券売機で切符を購入して改札を通りさらに階段を降りてホームに到着です

この列車に乗ってダウンタウンに向かいました!

 



スポンサーリンク
おすすめの記事