翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 温泉露天風呂付デラックスキング「柚葉」宿泊記

渡月橋や紅葉で有名な京都の観光名所・嵐山にある「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」は歴史ある建造物を利用したマリオットグループの高級ホテルです。温泉露天風呂付デラックスツイン・キング「柚葉(ゆずのは)」の客室内の様子をご紹介します。フローリングのベッドスペースと畳スペースがあり靴を脱いで上がる部屋は旅館のよう!

スポンサーリンク

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」とは?

ラグジュアリーコレクションとはマリオットグループ(マリオット、SPG、リッツカールトンが合併したホテルグループ)の最高級ブランドであるラグジュアリーブランドのひとつです。

公式ホームページからの引用です

清らかな保津川の流れと悠久の稜線が織りなす自然美を望む世界的景勝地、嵐山。 世界遺産「天龍寺」や「渡月橋」など数多くの名所・史跡を擁す、格式ある歴史と文化に育まれた地として知られ、 春には満開の桜、夏には豊かな緑と清流、秋には錦織る紅葉、そして冬には白銀の雪景色と、日本らしい四季折々の風景を堪能いただけます。 日本の伝統美を随所にあしらったモダンなデザインの客室 全39室のうち、17室には天然温泉が楽しめる露天風呂をご用意しています。ホテル内には、明治期の歴史的建造物を生かしたレストラン「京 翠嵐」や嵐山の絶景を一望できるカフェ「茶寮 八翠」、宴会場、プライベートスパ、そして伝統の風格に現代的なエッセンスが加えられた日本庭園など、嵐山が持つ自然美、四季折々の風景と共に、他では味わうことのできない格別な体験をご提供いたします。

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の外観は旅館のよう!

外観は外資系のホテルと思えないまるで旅館に来たような錯覚に陥る門構えです。

フロントに着くまでの道もワクワクします!

スポンサーリンク

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の館内図と客室タイプ

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」館内図

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の館内は以下のようになっています。

1階

茶寮 八翠
レストラン 京 翠嵐(鉄板焼 観山)
宴会場 茜
客室(京月琴、柚葉)

2階

客室(渡月、暁露、翠月、月の音、白菫)
フィットネスルーム

公式案内には載っていませんが2階の一番奥(216号室の隣)にフィットネスルームがあります。下の写真のようにエルゴメーターが2台しかないこじんまりとしたフィットネスルームです。

3階

客室(翠嵐、翠月、月の音、玉兎)

 

貸切露天風呂(プライベートスパ 庵、プライベートスパ 洛)

プライベートスパ洛はヒノキ風呂、プライベートスパ庵は岩風呂です

貸切露天風呂「プライベートスパ 庵」の詳細については別記事をご参照下さい!

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」客室タイプ

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都には以下の9種類の客室があります。

翠月(すいげつ) モデレートツイン(バルコニーなし):2階203~208、3階302~308
月の音(つきのね) スーペリアツイン・キング:2階209~215、3階309~315

スーペリアツイン「月の音」の客室内の様子は以下の記事をご参照下さい。

以上は客室に温泉なし

柚葉(ゆずのは)温泉露天風呂付 デラックスツイン・キング:1階102~116今回紹介
京月琴(きょうつきこと)プレミアム和室:1階101
白菫(しろすみれ)温泉露天風呂付 プレミアムキング:2階216
暁露(あかときつゆ) 温泉露天風呂付 エグゼクティブスイート:2階202
渡月(とげつ)温泉露天風呂付 エグゼクティブスイート:2階201
玉兎(ぎょくと)温泉露天風呂付 ガーデンテラススイート:3階316
翠嵐(すいらん)温泉露天風呂付 プレジデンシャルコーナースイート:3階301

ホテルと交渉して「翠月」→「柚葉」にアップグレードして頂きました

今回はポイント宿泊で最安の「翠月」を予約していました。前日にマリオットアプリを確認すると「月の音」にアップグレードされていましたが、空室状況を見ていると宿泊当日になっても「柚葉」に空きがあるようでした。今回は露天風呂付きの客室に宿泊してみたかったのでホテルに「追加料金を支払えば柚葉にアップグレード可能ですか?」と尋ねたところ柚葉のキングの客室であればOKと返事を頂きました。私は大人2名に加え9歳と4歳の子供と宿泊する予定でした。キングの部屋はもちろんベッド1台しかなく、ベッド1台で4人寝るわけにいきませんのでエキストラベッド(エキストラ布団?)が必要です。エキストラベッド代(税サ抜:7000円、税サ込:8855円)をお支払いすることで「柚葉」にアップグレードして頂けることになりました!

客室「柚葉」内の様子をご紹介

エントランスから旅館のような格子戸で外資系ホテルであることを忘れます

ドアを開けて部屋に入るとフローリングにはスリッパが並べられ靴を脱いで上がるタイプの部屋になっており、こちらも旅館のようです。

「柚葉」は和洋室のような感じで手前のベッドスペース(フローリング)、奥の畳スペースに分かれています。ホテル公式の案内には「フローリングと畳のコンビネーションの和のしつらえと洋の快適性を持ち合わせた客室」と書かれていますがまさに日本的な旅館と西洋的なホテルの「いいとこ取り」をしたような部屋です!

ベッドは180×200cmのキングサイズ

ベッドサイドには照明の集中スイッチとコンセント1つ、目覚まし時計があります

 

畳スペースは朱色のテーブルと黄金色の座椅子が印象的です。この座椅子は旅館のように畳と座面が接しているわけでなく、ちょっと高さもあっていい感じに座れます。

黒塗りの箱の中にはホテルの案内、インルームダイニングのメニュー、テレビのリモコンが入っています。

エキストラベッド(エキストラ布団?)をお願いしましたので、ターンダウンの後はこちらの畳スペースに布団が敷かれます!ここだけ見ると旅館にしか見えません(笑)

畳スペース左側にはウェットエリアがあります。「月の音」はトイレは個室となっていましたが、「柚葉」は洗面所とトイレが一体となっています。

洗面台の下にはタオル、ドライヤー、脱衣かご、体重計が置かれています

洗面台の上にはアメニティーが置かれています

以前はアメニティーは「REMEDE(ルメードゥ)」でしたが2019年途中から「BYRADE(バイレード)」に変更になっています。

黒い箱の中には歯ブラシ、かみそり、ソーイングセット、綿棒などが入っています。子供の歯ブラシもこちらに用意されていました。

洗面台のボウルを挟んで逆側には手鏡が置かれています。紅葉模様の手鏡は京都らしくて素敵です!

コップも陶器様でいい感じです。

アメニティボックスの中に入っている石鹸とは別に、翠嵐オリジナルの「翠嵐の石けん」がさらに置かれています。

お肌に優しい、オーガニック石けん。
オーガニック原料を使い、京都の職人が手作りした石けんです。
香りは柚子栽培発祥の地・水尾の柚子と京都産・檜の天然精油で調香しました。
しっとりとした洗い心地と、気品ある優しい香りです。

ホテルフロント横でお土産で販売されているのですが何と¥2,700(4個入)する高級石鹸です(^^;)

ドライヤーはレプロナイザーです。昨年宿泊時はレプロナイザー3D plusだったのですが、なんとレプロナイザー4D plusに変わっています!昨年発売されたばかりの商品をすでに導入されておられるのは流石です

洗面台の隣にはシャワーブースがあり、外の露天風呂に続いています。

シャワーブースはハンドシャワーのみでレインシャワーはありません

シャワーブースを抜けると露天風呂です!

このように畳スペース側の窓からは格子の引き戸で仕切られています

このように引き戸を開けてオープンなスペースにすることも可能です。ちょっとした庭園もあり、庭園を眺めながら檜の露天風呂に入るという過ごし方は、外資系ホテルであることを忘れて旅館にいる気分になります。露天風呂はかけ流しの温泉ではありませんが常に適温で、ちょっとぬめりが感じられるお湯で気持ちいいです!

さて室内に戻りましょう。

畳スペースからベッドスペース、入口を見るとこのような感じになっています。玄関に靴が並べられているのがお分かりかと思います。

畳スペースとベッドスペースの間にはテレビがあります。

またベッドと反対側の壁側には黒塗りのクローゼット、キャビネットがあります。

キャビネットの上には無料のミネラルウォーターとネスプレッソが置かれています。

こちらのミネラルウォーターはまろやかなのですが日本有数の酒どころである京都・伏見の有名酒造メーカー「月桂冠」が酒造り用の仕込み水として使用している名水だそうです!

キャビネットの上には急須や茶碗も置かれています。また扉を開けると、右側は冷蔵庫、左側はミニバーや食器が置かれています。

左側上段の引き出しにはミニバーのお酒やワイングラスが入っています。またサービスのコーヒーやお茶も置かれています。

京都らしく小川珈琲のドリップコーヒー一保堂の煎茶です。他には紅茶が置かれていました

その下にはカップソーサ、グラス、電気ケトルなどが入っていました。

冷蔵庫の中身はこんな感じです。

バゲージスペースの下の引き出しは上段はセーフティボックス(ぶれました…)

下段はランドリーの袋などが入っていました

玄関横にはクローゼット!ハンガーたっぷりで冬に4人で宿泊しても問題なしです。またバスローブもかけられています。

プラチナ会員特典などで京都のお菓子をたくさん頂きました!

ホテルについてしばらくするとおそらくマリオットプラチナ会員特典であるウエルカムフルーツとウエルカムギフトを持って来て下さいました!

りんごとみかん、ちょっとおおぶりな柑橘はポンカンでしょうか?

フルーツのお皿に一緒に載っている丸い容器は「京からん 円満」という和柄缶入りの京都らしいあられ・おせんべいでした!

フルーツはお願いするとカットして頂けます!夜に温泉上がりに食べるフルーツは美味しかったです

一緒に持って来られた箱の中には京都 鳴海屋のあられなどのお菓子の詰め合わせでした。

またターンダウン後には枕元にさらにお菓子が置かれています!

京都の有名なチョコレート屋さんDari K(ダリケー)のものです

たくさんお菓子を頂いて幸せな気分でした(笑)

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」のサービスやマリオット会員特典などその他の情報は?

その他、「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」へのアクセス、人力車での無料お迎えサービス、ホテルの概要やシャンパンディライトなどのサービス、マリオットボンヴォイプラチナ会員特典、貸切露天風呂の様子、観光名所竹林までの散策の様子など「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」についての詳細は以下の記事をご参照下さい!

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」京翠嵐の朝食のメニューや子供メニューについては以下の記事をご参照下さい

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」茶寮八翠の和のアフタヌーンティーの様子は以下の記事をご参照下さい

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の概要

所在地:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12
電話番号:075-872-0101
客室数:39室
料飲施設:京 翠嵐(個室・鉄板焼 有)、茶寮 八翠
宴会場:茜(98㎡)
インターネット環境:無線LAN(無料)、客室・宴会場は有線LAN(無料)もあり
その他施設:プライベートスパ2室
駐車場:9台(有料)

最後に

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」柚葉の宿泊記をご紹介しました!ご紹介したように柚葉は畳スペースや露天風呂もあり、温泉旅館に来たような気分で外資系ホテルであることを忘れさせるようなお部屋でした。

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」宿泊予約は以下のリンクからどうぞ!
翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都 公式予約サイト

スポンサーリンク
おすすめの記事