翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 スーペリアツイン「月の音」宿泊記

渡月橋や紅葉で有名な京都の観光名所・嵐山にある「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」は歴史ある建造物を利用したマリオットグループの高級ホテルです。スーペリアツイン・キング「月の音(つきのね)」の客室内の様子をご紹介します

スポンサーリンク

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」とは?

ラグジュアリーコレクションとはマリオットグループ(マリオット、SPG、リッツカールトンが合併したホテルグループ)の最高級ブランドであるラグジュアリーブランドのひとつです。

公式ホームページからの引用です

清らかな保津川の流れと悠久の稜線が織りなす自然美を望む世界的景勝地、嵐山。 世界遺産「天龍寺」や「渡月橋」など数多くの名所・史跡を擁す、格式ある歴史と文化に育まれた地として知られ、 春には満開の桜、夏には豊かな緑と清流、秋には錦織る紅葉、そして冬には白銀の雪景色と、日本らしい四季折々の風景を堪能いただけます。 日本の伝統美を随所にあしらったモダンなデザインの客室 全39室のうち、17室には天然温泉が楽しめる露天風呂をご用意しています。ホテル内には、明治期の歴史的建造物を生かしたレストラン「京 翠嵐」や嵐山の絶景を一望できるカフェ「茶寮 八翠」、宴会場、プライベートスパ、そして伝統の風格に現代的なエッセンスが加えられた日本庭園など、嵐山が持つ自然美、四季折々の風景と共に、他では味わうことのできない格別な体験をご提供いたします。

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の外観は旅館のよう!

外観は外資系のホテルと思えないまるで旅館に来たような錯覚に陥る門構えです。

フロントに着くまでの道もワクワクします!

スポンサーリンク

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の館内図と客室タイプ

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」館内図

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の館内は以下のようになっています。

1階

茶寮 八翠
レストラン 京 翠嵐(鉄板焼 観山)
宴会場 茜
客室(京月琴、柚葉)

2階

客室(渡月、暁露、翠月、月の音、白菫)
フィットネスルーム

公式案内には載っていませんが2階の一番奥(216号室の隣)にフィットネスルームがあります。下の写真のようにエルゴメーターが2台しかないこじんまりとしたフィットネスルームです。

3階

客室(翠嵐、翠月、月の音、玉兎)

 

貸切露天風呂(プライベートスパ 庵、プライベートスパ 洛)

プライベートスパ洛はヒノキ風呂、プライベートスパ庵は岩風呂です

貸切露天風呂「プライベートスパ 庵」の詳細については別記事をご参照下さい!

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」客室タイプ

翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都には以下の9種類の客室があります。

翠月(すいげつ) モデレートツイン(バルコニーなし):2階203~208、3階302~308
月の音(つきのね) スーペリアツイン・キング:2階209~215、3階309~315←今回紹介

以上は客室に温泉なし

柚葉(ゆずのは)温泉露天風呂付 デラックスツイン・キング:1階102~116

温泉露天風呂付デラックスツイン・キング「柚葉(ゆずのは)」の客室内の様子は以下の記事をご参照下さい。

京月琴(きょうつきこと)プレミアム和室:1階101
白菫(しろすみれ)温泉露天風呂付 プレミアムキング:2階216
暁露(あかときつゆ) 温泉露天風呂付 エグゼクティブスイート:2階202
渡月(とげつ)温泉露天風呂付 エグゼクティブスイート:2階201
玉兎(ぎょくと)温泉露天風呂付 ガーデンテラススイート:3階316
翠嵐(すいらん)温泉露天風呂付 プレジデンシャルコーナースイート:3階301

 

 

客室「月の音」室内の様子をご紹介

今回は1ランクアップグレードされ「月の音(つきのね) スーペリアツイン・キング」となりました。

ベッドは幅120cm × 長さ200cmのものが2台です。今回はツインでしたが、月の音にはキングの部屋もあるようです

ベッドサイドには4本のミネラルウォーターが並べられています

このミネラルウォーターはなかなかまろやかで気に入りました!調べてみると日本有数の酒どころである京都・伏見の有名酒造メーカー「月桂冠」が酒造り用の仕込み水として使用している名水だそうです!

テーブルの上にはウェルカムフルーツが置かれていました

テレビ台の端には急須と湯呑み

下段の引き出しを開けるとグラス、ミニバーのミニチュアボトルやスナックが入っています。

一保堂の緑茶、小川珈琲店のドリップコーヒーなど京都の老舗の飲み物も入っている右側の区画のドリンクは無料です。

冷蔵庫の中身は以下の通りです

ミニバーのお値段はちょっと高めです…

浴衣が大人2人分、子供2人分用意されていました!浴衣は客室内と後述する貸切露天風呂と部屋の往復しか着用してはいけません

子供用スリッパも用意されていました!

子供用スリッパにはこのような可愛らしい袋もついています

ウェットエリアをチェックしてみましょう。下の写真のようにバスタブとシャワーブースは別になっています。

洗面ボウルが陶器で京都らしくいい感じです。と思ったら洗面ボウルは滋賀県の信楽焼だそうです(^^;)

漆塗りの黒い箱と紅葉模様の手鏡が京都らしくて素敵です!

漆塗りの黒いボックスの中にはアメニティが入れられています。有難いことに子供用の歯ブラシも用意されていました!

子供用歯ブラシを取り出して改めてアメニティボックスの中を撮影してみました

アメニティボックスの中にも石鹸が入っているのですが、洗面ボウルの隣にはおしゃれな石鹸がさらに置かれています。こちらは翠嵐オリジナルの「翠嵐の石けん」です

お肌に優しい、オーガニック石けん。
オーガニック原料を使い、京都の職人が手作りした石けんです。
香りは柚子栽培発祥の地・水尾の柚子と京都産・檜の天然精油で調香しました。
しっとりとした洗い心地と、気品ある優しい香りです。

ホテルフロント横でお土産で販売されているのですが何と¥2,700(4個入)する高級石鹸です(^^;)

シャワーブースは独立しています。

アメニティは「REMEDE(ルメードゥ)」です。セントレジス大阪でも見かけましたね。

 2019年途中よりアメニティーは「REMEDE(ルメードゥ)」から「BYRADE(バイレード)」に変更になっています。

バスタブは独立しています。

トイレは部屋を入り、ウェットエリアと反対側にありました。

バルコニーからはレセプションやレストランがある建物や保津川の西側にそびえる嵐山を眺めることができます

紅葉の時期は絶景でしょうね~

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」のサービスやマリオット会員特典などその他の情報は?

その他、「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」へのアクセス、人力車での無料お迎えサービス、ホテルの概要やシャンパンディライトなどのサービス、マリオットボンヴォイプラチナ会員特典、貸切露天風呂の様子、観光名所竹林までの散策の様子など「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」についての詳細は以下の記事をご参照下さい!

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」京翠嵐の朝食のメニューや子供メニューについては以下の記事をご参照下さい

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」茶寮八翠の和のアフタヌーンティーの様子は以下の記事をご参照下さい

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」の概要

所在地:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12
電話番号:075-872-0101
客室数:39室
料飲施設:京 翠嵐(個室・鉄板焼 有)、茶寮 八翠
宴会場:茜(98㎡)
インターネット環境:無線LAN(無料)、客室・宴会場は有線LAN(無料)もあり
その他施設:プライベートスパ2室
駐車場:9台(有料)

 

最後に

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」月の音の宿泊記をご紹介しました!有償宿泊だといいお値段ですが、歴史ある建造物を活かしており京都に泊まっている雰囲気を味わえるホテルですので機会あれば是非宿泊してみて下さい!

「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」宿泊予約は以下のリンクからどうぞ!

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都 公式予約サイト

スポンサーリンク
おすすめの記事