ユナイテッド航空のマイルを使ってANA国内線特典航空券を発券するとANAマイルで発券するより少ないマイル数で発券できることが多くお得であることは知られています。

ユナイテッド航空のマイルへSPGスターポイントから直接移行するともったいないのですが、ある方法を使ってSPGスターポイントをユナイテッド航空のマイルに移行すると直接移行よりかなりお得に使えます。

SPGスターポイントの使い道を迷っておられる方にとってはこの方法を使うとANA国内線特典航空券をお得に発券できますので実際に移行した経験をもとにご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スターポイントの使い道に悩みませんか?

マイラー界隈ではSPGアメックスをお持ちの方が多いと思います。

SPGアメックスは紹介キャンペーンで入会すると10万円以上利用で17,000スターポイントがもらえます。またSPGアメックスで決済したり、SPGホテルに宿泊するとまあまあポイントが溜まっていきます。スターポイントの使い道は皆さんどうされますか?

SPGホテルでの無料宿泊、ホテルで部屋のアップグレードやレストランでも使えますが僕はマイルに交換することを考えました。ユナイテッド航空のマイレージプログラム『マイレージプラス』に交換することに決めました!その理由と交換方法についてご紹介したいと思います。

ユナイテッド航空マイルに交換する理由

ANAマイルでANA国内線特典航空券を発券すると少なくとも片道5000マイルかかります。距離やシーズンによって必要マイル数が異なり、ローシーズン以外は高いです。

例えば私がよく利用する大阪⇔鹿児島は片道6000マイル(ローシーズン)~9000マイル(ハイシーズン)です。

詳細は以下のリンクをご参照ください!

ユナイテッド航空のマイレージプログラム『マイレージプラス』でマイルをANA国内線特典航空券に使うと、ほとんどの区間(800マイル以下の路線)で片道5000マイルで発券できます。つまり、ANAマイルでANA国内線特典航空券を発券するより少ないマイル数で発券できることが多いのです。

ちなみに大阪発着の区間マイルを見てみましょう!下の表の赤で囲んだ範囲が片道800マイル以下です。


つまり宮古、石垣線以外は片道5000マイルで発券できます(沖縄もOKです)。

しかも、乗り継ぎがあっても出発地と到着地の距離が800マイル以下であれば5000マイルで特典航空券を発券できます。

例えば私は東京(羽田)→新千歳→大阪(伊丹)の2区間をユナイテッド航空マイルを用いてANA国内線特典航空券を発券しましたが、東京-大阪間の距離が800マイル以下ですので合計5000マイルで発券できました。

SPGスターポイントからユナイテッド航空マイルへの直接交換は効率が悪い

ただし注意すべき点があります。SPGスターポイントからユナイテッド航空マイルへの直接交換は効率が悪く損をするのです…

スターポイントから直接マイルに交換した場合の、主なマイレージプログラムの移行比率です。

ほとんどの航空会社が1:1の比率で交換できるのですが、ユナイテッド航空の交換比率は2:1と他に比べて悪いのです…

マリオットリワードを経由するとお得にユナイテッド航空マイルに交換できる

SPGスターポイントを直接ユナイテッド航空マイルに交換するのは効率が悪いのです。しかし、とある方法を使うと他のマイレージプログラムへの移行比率よりもむしろいい比率でユナイテッド航空のマイルに移行できるのです。

それは

マリオットリワードを経由する
方法です。

つまり

第一段階:スターポイントをマリオットリワードポイントに交換
第二段階:マリオットリワードポイントをユナイテッドマイレージプラスに交換
するのです。

①スターポイントをマリオットリワードポイントに交換

2016年のマリオットがSPGを買収したことにより、各々の会員プログラムが統合に向けて動き出しています。完全に統合されるまでの期間は、SPGスターポイントをマリオットリワードポイントに交換することが可能なのです。

その交換比率は

スターポイント:マリオットリワードポイント=1:3

になります。

②マリオットリワードポイントをユナイテッドマイレージプラスに交換

マリオットとユナイテッド航空は連携が良好です。マリオットプラチナ会員は自動的にユナイテッド航空マイレージプラスシルバーステイタスを獲得できますし、マリオットリワードポイントからユナイテッドマイルへの交換が20%割引されています。

詳細は以下のリンクをご参照ください

マリオットリワードポイントからユナイテッド航空マイルへの交換は以下の比率になっています。

56000あるいは112000マリオットリワードポイントからの交換が最大の交換比率で交換可能となります。

この方法を用いると交換比率は以下のようになります。

直接交換では半減していたスターポイントが最大134%の比率でユナイテッド航空マイルに交換できます。




スターポイントをマリオットリワードポイントに交換する方法

まずはSPGスターポイントをマリオットリワードポイントに交換しましょう!

最初にSPGのサイトにログインした後、下の画像の黄色丸印の「スターポイントの交換」から入ります。

すると下の画像のような画面になりますので下にある赤四角で囲った「スターポイントをマリオットリワードポイントに移行」をクリックします。

同様に下の画像の「スターポイントをリワードポイントに移行」をクリックすると、

交換するポイントを入力する画面に入ります

今回は16000スターポイントを移行したいので入力します。

1:3の交換比率なのでマリオットリワードポイントは48000ポイントになります。下のような確認画面が出ますので問題なければ「移行完了」ボタンを押しましょう!

これで無事に移行完了です

これで無事に移行完了です!移行完了のメールも来るので確認しましょう!

マリオットリワードポイントをユナイテッドマイレージプラスに交換する方法

まず最初に重要な点を記しておきますね!

 
マリオット日本語ホームページでは何故かユナイテッド航空マイレージプラスへの移行画面が出てきません!英語ページから移行申し込みしてください!

頂いた情報によると英語版ホームページから申し込むか、コールセンターへ電話すると対応して下さるようです。

英語版ホームページにログインすると下の画像のような画面になりますので左上の赤丸「MENU」をクリックしましょう!

次にメニューが展開されますので下の画像の赤四角「MARRIOTT REWARDS」をクリックしましょう

次に下の画像赤丸の「Use Points」をクリックしましょう

すると画面が大きく変わり下のような画面になります

下の方にスクロールしていくと下の画像のような画面になります。赤四角で囲まれた「Travel reward programs」をクリックしましょう

すると以下のようなユナイテッドマイレージプラスへの交換のページが出てきます。希望のポイント数の横の「Order」をクリックしましょう!先ほども申しあげたように最大に効率よく交換できるのは「56000リワードポイント(→25000マイル)」「112000リワードポイント(→50000マイル)」の2パターンです。

「Order」をクリックすると下のような画面に飛びます

 

この画面でまずオーダーした内容があっているか確認しましょう!上の水色四角で囲んだようにきっちりと「56000リワードポイント→25000ユナイテッドマイル」になっていますね。

次に赤四角で囲った部分にユナイテッド航空マイレージプラスの会員番号を入力しましょう

「CONTINUE」をクリックすると下のような画面になります

先ほど入力したマイレージプラス番号が正しければ自分の名前と登録したメールアドレスが自動で出てきます。住所や電話番号など残りの項目を入力しましょう

「UPDATE」をクリックすると下のような画面になります

今までに入力した内容の確認画面です。チェックして問題なければ「SUBMIT」をクリックしましょう。すると下のような確認画面になり終了です。

登録したメールアドレスに確認メールも届きますので確認しましょう!

結論

SPGスターポイントからユナイテッド航空のマイレージプラスへの移行について、マリオットリワードポイントを経由することで最大限効率的に交換できることをご紹介しました。

SPGスターポイントをユナイテッド航空マイレージプラスに直接移行すると半減してしまうのですが、一旦マリオットリワードポイントに交換してからマイレージプラスに交換することで最大1.34倍で交換できます。

スターポイントの使い道を迷っておられる方にとってはこの方法を使うとANA国内線特典航空券をかなりお得に発券できますので是非試してみて下さい!

スポンサーリンク
おすすめの記事