ANA株主優待にはいわゆる株主優待券だけでなく、ANAグループ優待券の含まれた冊子も送られてきます。このANAグループ優待券(株主優待冊子)は金券ショップやヤフオクで数百円で売られているのですが、使い方によってはとってもお得になります。今回北海道での旅でANA FESTAでANAカードでの割引対象外の商品を割引価格で購入したり、IHG・ANAホテルズの1つである「ANAホリデイ・イン札幌すすきの」に株主優待割引で宿泊したりANAグループ優待券(株主優待冊子)を実際に使ってきましたのでご報告します。

スポンサーリンク

ANA株主優待の内容

ANA株主になると様々な優待を受けることができますが、主に以下のものが送付されます。

「株主優待番号ご案内書」(いわゆるANA株主優待券)と「ANAグループ優待券」(一般的に冊子株主優待冊子と呼ばれる)です。

株主優待番号ご案内書(ANA株主優待券)とは?

一般的にANA株主優待券というのは下の画像にある「株主優待番号ご案内書」になります。こちらを利用すれば普通運賃の約半額で乗ることができます。株主でなくてもこちらを保有していれば同様の優待を受けることができます。

私もSFC修行をした時や突然の不幸により急に飛行機に乗る必要が生じた時に積極的に利用しています。利用した時の体験談などにつきましては以下の記事をご参照ください。

この「株主優待券」は1年に2回送付されますが、保有株数により優待券がもらえる優待券の数が違います。

保有株数 優待券発行数
1,000株以上 1枚
2,000株以上 2枚
3,000株以上 3枚
4,000株以上 4枚 + 4千株超過分2,000株毎に1枚
10,000株以上 7枚 + 1万株超過分4,000株毎に1枚
1,000,000株以上 254枚 + 100万株超過分8,000株毎に1枚

また有効期限は1年間ですが、発行時期により3月末発行分は6月1日~翌年5月31日、9月末発行分は12月1日~翌年11月30日と有効期限が異なります。

スポンサーリンク

ANAグループ優待券(株主優待冊子、冊子)とは?

ANAグループ優待券は一般に株主優待冊子とか冊子と呼ばれているようです。ANAグループ優待券も株主優待番号ご案内書と同様に株主でなくてもANAのホテルなどで割引が受けられます。

株主優待番号ご案内書の有効期限は上述のように1年間ですが、ANAグループ優待券の方は半年間です。

ANAグループ優待券(株主優待冊子、冊子)の内容

 

IHG・ANAホテルズグループジャパンでのご優待

ご宿泊ご優待(ベストフレキシブル料金20%割引券6枚)

ANA株主はIHG・ANAホテルにベストフレキシブルレートより20%割引宿泊できます。

国内のIHG・ANAホテルグループジャパンの各ホテルで1枚で1室何泊でも利用できます。ただし、ホテルインターコンチネンタル東京ベイ、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル、インターコンチネンタルホテル大阪、ホリデイ・イン大阪難波は対象外です。

ちなみにANAカード・ANAマイレージクラブ会員特典もありますが内容は以下の通りです。

【5%割引】ANAマイレージクラブ、ANAカード、ANAワイド・ワイドゴールド、ANA「プラチナサービス」
【10%割引】ANA「ダイヤモンドサービス」

またスーパーフライヤーズカード(SFC)を所持していれば「ANAスーパーフライヤーズ会員特典」を受けることができ、以下の特典があります。

・宿泊料金10%割引
・レストラン10%割引
・ウェルカムドリンク無料(会員本人のみ)
・朝食無料(会員本人のみ)

詳細につきましては以下のリンクをご参照ください

レストラン・バーご優待(10%割引券5枚)

ご婚礼のご飲食ご優待(10%割引券1枚)

会議・一般ご宴会のご優待(宴会場・会議室室料15%割引券3枚)

お買い物ご優待

空港内売店・免税店のお買い物ご優待(10%割引券 5枚)

国内34空港のANA FESTAや成田・羽田・関西・那覇の各国際空港のANA DUTY FREE SHOPで10%割引が受けられます。

この割引券はうまく使えばとてもお得に使えます!その内容は後ほどご紹介します。

国内・海外旅行パッケージツアー商品のご優待

国内・海外旅行パッケージツアー商品のご優待(7%割引券6枚)

 ANAスカイホリデー(国内旅行)、ANAハローツアー(海外旅行)、ANAワンダーアース(海外・国内ツアー)といったパッケージツアーが7%割引となります。ちなみにANAカード所有者はこれらのツアーは5%割引です。

ゴルフご優待

武蔵の杜カントリークラブゴルフプレー料金ご優待(4枚)

早来カントリークラブゴルフプレー料金ご優待(3枚)

今回の旅行ではANAグループ優待券(株主優待冊子、冊子)が大活躍

IHG・ANAホテルで20%割引

今回の札幌の旅では「ANAホリデイ・イン札幌すすきの」に宿泊しました!初夏の週末とあって最初に予約しようとした時は1泊あたり20000円を超えていました。

こちらのホテルはポイント宿泊が20000ポイントです。

上記の記事のようにIHGリワーズクラブのポイントは1ポイントあたり約0.6円程度の価値と考えていますのでこの値段であればポイント宿泊がお得だと判断しポイント宿泊で当初は宿を確保していました。

直前になって1泊当たりの料金ベストフレキシブル料金で17000円まで下がりました。今回の旅行では朝早くの便で大阪に戻るため朝食は不要です。

SFCプラン:17000×0.9=15300円 朝食(2000円+税)付き
株主優待:17000×0.8=13600円

朝食が必要ならSFCプランの方がお得なのですが、朝食が不要なら株主優待の20%オフの方がお得です。また今回有償で宿泊すればスピードアップキャンペーンのポイントも稼ぐことができます。

ですので今回はポイント宿泊をキャンセルして、ANAグループ優待券(株主優待冊子)についている株主優待券を用いてベストフレキシブル料金の20%オフで宿泊しました!

オフシーズンはもっと安いのでしょうが、初夏の週末にこの値段で宿泊出来て満足です!

新千歳空港ANA FESTAでANAカード割引対象外のお土産を割引で購入

ANAカードを持っている方であればANA FESTAで10%割引を受けられることはご存知かと思います。ただし、ANAカード割引は対象外商品があり、北海道では「白い恋人」で有名な石屋製菓や「マルセイバターサンド」で有名な六花亭、最近では「ドゥーブルフロマージュ」で有名なルタオまで割引対象外とされています。

しかし株主優待冊子に含まれている株主優待券では割引対象外商品も10%割引されるのです。

下の画像「ANA FESTAで使える割引サービス」を見て頂いてお分かりのようにANAカードの部分には赤枠のように対象外商品があるという記載があるのですが、株主優待券の部分にはその記載がないのがお分かりかと思います。ということはANAセールス主催ツアー10%割引も「白い恋人」や「マルセイバターサンド」といった割引対象外商品に適用されるのでしょうか?なかなかツアーで行くことはないかと思いますが、もし行かれることがあればチャレンジして教えて頂ければ嬉しいですm(_ _)m

今回「白い恋人」と「マルセイバターサンド」、「じゃがポックル」をANA株主優待券を出し、ANAカードで決済してみたレシートをお示しします。

「マルセイバターサンド」と「白い恋人」には株優の表記があり10%割引が適応されているのがお分かりいただけると思います。「じゃがポックル」は一番下の小計の部分で「株優その他割  10%」が適応されています。これはおそらくANAカード割引ではないかと推測されます。数年前までは「じゃがポックル」も割引適応外だったのですが今は割引適応となっているようです。

ANAグループ優待券(株主優待冊子、冊子)の入手方法

当たり前ですがANAの株主になれば株主優待券と同様定期的に手に入れることができます。

あとは金券ショップかヤフオクで手に入れる、株主から譲ってもらうという方法になるかと思います。

金券ショップでは取扱品目が多いところでは入手できそうですが株主優待券と違いすべての金券ショップで置いているわけではありません。僕は大阪で何軒か回ったのですが見つけられず、出張先の大分の金券ショップで偶然1つだけ残っていたものを300円で購入しました。金券ショップやヤフオクでの相場は数百円となっているようです。

最後に

ANA株主優待券の存在は多くの方に知られていてもANAグループ優待券(株主優待冊子)はあまり知られていません。金券ショップでも相当安く売られており人気もあまりないようです。しかし、ANA FESTAでの買い物やIHG・ANAホテルでの宿泊で場合によってはかなりお得になります。ANAカード割引対象外のお土産はその地方の人気のお土産が多いですので10%オフされるのはとても大きいです。また繁忙期のIHG・ANAホテルに宿泊するなら株主優待券を用いた宿泊はかなりお得になります。ANA FESTAでの買い物やIHG・ANAホテルでの宿泊の予定があるなら手に入れておいてもいいかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事