ヒルトン東京エグゼクティブキング宿泊記

ヒルトン東京エグゼクティブキングに宿泊しましたのでヒルトン東京の客室の種類、ヒルトン東京でのヒルトンダイヤモンド会員特典、エグゼクティブキングルームの室内の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

ヒルトン東京客室の種類

大きく分けて5カテゴリー12種類の客室があります

ヒルトンルーム(Hilton Room)

ヒルトンダブル(28~33㎡)
ヒルトンツイン(28~35㎡)

デラックスルーム(Deluxe Room)

デラックスキング(30~33㎡)
デラックスツイン(30~35㎡)

プレミアムルーム(Premium Room)

プレミアムキング(28~35㎡)
プレミアムツイン(28~35㎡)

エグゼクティブルーム(Executive Room)

エグゼクティブキング(28~35㎡)
エグゼクティブツイン(28~30㎡)

スイートルーム(Suite Room)

ジュニアスイートキング(44㎡)
ジュニアスイート ツイン(44㎡)
シティースイートキング(50㎡)
タワースイートキング(66㎡)

ヒルトン東京 ダイヤモンド会員特典

ヒルトンダイヤモンド会員特典を含め、各高級ホテル上級会員資格の特典や上級会員への近道については以下の記事をご参照ください

ヒルトン東京におけるヒルトンダイヤモンド会員の特典は以下の通りです

・部屋のアップグレード
・エグゼクティブラウンジ利用可
・エグゼクティブラウンジ、マーブルラウンジ、または十二颯での朝食
・BAR&LOUNGE ZATTAでのウェルカムドリンク1杯
・100%ボーナスベースポイント
・マイウェイベネフィットによる1000ボーナスポイント
・ミネラルウォーター2本/日
・レイトチェックアウト
・エクスプレスチェックアウト
・プレミアムWi-Fi無料
・2人目宿泊無料

ウェルカムドリンク券は以下の画像のようにZATTAだけでなく1階のSt. George's Barでも利用可のようです

僕はZATTAでスパークリングワインを頂きました!

ヒルトン東京エグゼクティブラウンジは2019年5月改装されました。改装後のラウンジの様子は以下の記事をご参照下さい

上述のようにダイヤモンド会員はエグゼクティブラウンジ、マーブルラウンジ、または十二颯での朝食を選択できます。3か所の朝食の様子は以下の記事をご参照下さい

ヒルトンオナーズダイヤモンド会員にステータスマッチする方法やステータスマッチに成功しやすい会員資格については以下の記事をご参照ください。

ヒルトンダイヤモンド会員に1泊もせずになる方法は以下の記事をご参照下さい

スポンサーリンク

ヒルトン東京 エグゼクティブキング 室内紹介

入り口を入ったところです。ヒルトンと言えば窓の障子と襖が印象的です。

さらに進むと部屋はこのような感じです。

ベッドサイズは 180x200cmと広々としています

枕元にはコンセント1口と照明のスイッチ、アラームクロックスピーカー

反対側の枕元にもコンセントが1口と照明のスイッチがあります。

窓際には革張りのチェアとオットマンが置かれています。赤が印象的です。

デスクはオーバル型で天板はガラス製です。椅子はもうちょっと機能的な方がデスクワークをするのに適しており好みです

デスク横にはコンセントが2口(うち1口はマルチ対応コンセント)

デスク側から部屋を見たところです。ベッド横の障子奥はバスルームとなります。障子を閉めると目隠しになります。

ベッド枕元側から部屋を見たところです。デスク横にはテレビがあります。

テレビ横の入り口側にはキャビネットがあります。

キャビネットの上には無料のミネラルウォーターが2本

私はヒルトンダイヤモンド会員なのですが、もともとエグゼクティブルームの予約だったのですがアップグレードされなかったためワインを1本頂きました

Viña La Rosa La Palma Chardonnay(チリ)でした。楽天で1本1000円くらい…アップグレードできなかった代わりとしてはちょっとしょぼいです(^^;)

また箱の中には無料のコーヒーやお茶などが入っています

キャビネットを開けるとこんな感じです

左手の冷蔵庫内はこんな感じです

右手には食器など

上段はグラスやカップ、スプーン、マドラー、ミニバーの伝票など

下段は電気ケトル、アイスペール、ティーポット

入口横にはラゲッジスペースとクローゼットがあります

クローゼット内はこんな感じです。ハンガーは10本近くあり十分です。セーフティボックス、アイロン、アイロン台、スリッパが置かれています。

ラゲッジスペース下の引き出しには浴衣が入っています。

入口右側にはウェットエリアがあります。

シングルシンクで女優ライト付きの大きな鏡です。左手には拡大鏡もあります。

右側に洗面台、左側にバスルーム、正面にトイレがあります。

アメニティはヒルトンおなじみCrabtree & Evelyn(クラブツリー&イヴリン)です

バスルームは洗い場付きです

前述のように障子風の扉を閉めなければベッド側から丸見えです…

浴槽はやや深め

シャワー横にもボディウォッシュが置かれています

最後に

ヒルトン東京の客室の種類、ヒルトン東京でのヒルトンダイヤモンド会員特典、エグゼクティブキングルームの室内の様子をご紹介しました。

スポンサーリンク
おすすめの記事