宮崎のフェニックス・シーガイア・リゾート内のホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」クラブフロアに宿泊しましたのでホテル内施設とクラブフロア特典をご紹介します!。ホテル内施設が充実しており、冬は焼きマシュマロができるなど楽しめる工夫もあり、ホテル内で飽きずにゆっくりすることができます。

スポンサーリンク

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートは施設が充実!

「THE LIVING GARDEN」

宿泊者専用のガーデンエリア「THE LIVING GARDEN」があります。

大小2つのプールがある「水のエリア」と黒松林の木々に囲まれた「森のエリア」から成る空間です。

木々に囲まれた空間でリゾートという感じがします!

夜はライトアップされてキレイです

水辺のガゼボ

夏はプール利用者で人気の「水辺のガゼボ

季節によってインテリアが変わり、夏はリクライニングチェアやローベッドやクッションが置かれていてプール遊びの合間の休憩や食事に便利ですが、 冬は掘りごたつが設置されています。

後述するようにクラブフロア宿泊者は無料で利用できましたので、掘りごたつで暖まりながら家族でゆったりと過ごしました!
朝食でお腹いっぱいになったので断念しましたが、後述する「風待ちテラス」でピクニックバスケットを注文してのんびり食べたり、木製ゲームを借りて遊ぶことも可能ですよ!

焚火のリビング

昼間は人でいっぱいだったので夜の写真ですがこのようにオープンエアのリビングで真ん中で焚火が点火されています。

焚火の点火時間は9:30~11:00、16:30~18:00、19:00~KUROBAR営業時間なのですが、 9:30~11:00 と16:30~18:00には無料でドリンクとマシュマロを頂くことができます!

「KUROBAR」前のワゴンにマシュマロと「なかはら珈琲工場」の豆を使用したコーヒーが置かれており、自由に頂くことができます!

マシュマロとコーヒー

朝は「KUROBAR」内カウンターに2種類のフルーツフレーバーウォーターもあります!

焚火でマシュマロを炙って焼きマシュマロを作ることができます。

軽く炙った焼きマシュマロはふんわりととろけて美味しいですね!3歳の子供は気に入って何回もお替わりに行っていました。

KUROBAR

KUROBAR」は「THE LIVING GARDEN」のガーデンを見渡せるガラス張りのバーです。夜は雰囲気抜群です!

こちらの売りはプリフィックススタイルジン・トニックです!

また、日替わりフルーツのミクソロジーカクテルも目玉ドリンクのひとつです

おすすめされたので「タンカレーナンバーテン」と「キウイフルーツ」のジントニックを頂きました!

美味しかったのでもう1杯!「和美人」と「きんかん」のジントニックを頂きました。麹ベースのジンは初めて飲んだのですが麹の風味がしていて面白い味わいでした。

ミクソロジーカクテルやフレッシュフルーツを使ったカクテルは街中のバーで飲んでもいいお値段しますので、ホテルのバーで1500円以下で頂けるのはお値打ちだと思います。

風待ちテラス

カフェやベーカリー、アクティビティーセンター、レタールーム、ライブラリーなど様々なエリアで構成された宿泊者専用の共用スペース「風待ちテラス」があります

入って最初に目につくのは数々の雑誌や本!

「旅」をテーマにセレクトされた、多種多様な本を自由に読むことができます。

カフェも併設されています。

ベーカリーエリアにはデニッシュ類やベーグル、自家製天然酵母を使用したハード系パンなど豊富な種類なパンが売られています

宮崎市にあるコーヒー豆の専門店「なかはら珈琲工場」のハンドドリップコーヒー、スイーツも頂くことができます。

奥にはソファーなどが置かれており、ゆっくりと過ごすことができます。

一番奥にはレタールームがあります。SNSやメールが当たり前になっている現代では「手紙を書く」ことはとても新鮮ですね。

落ち着いたインテリアや上質な文房具に囲まれて、「PARKER(パーカー)」の万年筆、ドイツ製の色鉛筆や「gobe(ゴービー)」のスタンプなどを使って未来の自分や大切な人に手紙を書くスペースです。「未来へ」「大切な人へ」「あてのない手紙」といったテーマで書いた手紙はそれぞれのポストに投函します。

アクティビティーセンターではシーガイアのアクティビティーの予約だけでなく、宮崎の観光情報を提供してくれるなど宮崎旅行のサポートをして頂けます

 

松泉宮(温泉)

「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」隣には地下1000mの深さ、1千万年前の地層から湧き出ている温泉「松泉宮」があります。

営業時間は

奥の湯「月読」:6:00~23:00
前の湯「新月」:6:00~12:00、16:00~23:00
離れ湯:7:00~12:00、16:00~23:00
おゆのみや: 7:00~、15:00~、20:00~(2時間制)

となっています。

ホテル1階玄関を出て左手に向かうと温泉入口があります。

こちらの暖簾をくぐると「松泉宮」への道が続いています。

外に出て寒いのではんてんが置かれています

もし作務衣姿やすっぴんでホテルのロビーを歩くのは嫌だという方のためにホテル3階から人が少ない通路を通っていく方法もあります。

ホテル3階でエレベーターを降ります。エレベーターホールを出て左手を向くと下の画像のように見えます。

進んで行くと渡り廊下が見えてきます

渡り廊下を進むとこのような和の書斎的なスペースに出ます。

突き当りまで進むと「温泉」の看板が見えます。これに従い左に曲がるとエレベーターがあり、そのエレベーターで1階に降りると先ほどの1階温泉入り口からの通路と合流します。

さて1階から行っても3階から行ってもあとの道のりは同じです。

温泉へと通じる100m強の道を歩いて行きます

温泉受付でタオルを取っていきます

「新月」はかなり手狭で前日の夜は洗い場がなかなか空かず湯冷めしましたので、この日は朝一番に「月読」を目指します!
個人的には「月読」の方が広くてゆったりできましたのでちょっと奥まで歩く必要がありますが、「月読」の方がおすすめです!

「新月」の前を通り過ぎてさらに100m歩いて行きます

途中にはこのように「ティーテラス」という名前の休憩所があります。ウォーターサーバーや飲み物の自動販売機があります。

ようやく奥の湯「月読」に到着しました

一番乗りでしたので脱衣所だけ写真を撮らせてもらいました

あとは公式ホームページから写真をお借りします。

松林の中にあってゆったりと落ち着く温泉でした!

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート クラブフロア特典

36階クラブラウンジ「Sheraton CLUB」利用

36階にあるクラブフロアラウンジ「Sheraton CLUB(シェラトンクラブ)」が利用可能です。

宮崎牛ローストビーフのクロワッサンサンドが美味しい朝食、スイーツを楽しめるティータイム、モエ・エ・シャンドンや宮崎らしく5種類の焼酎とアルコールが充実したカクテルタイムやバータイムと1日中楽しめるラウンジです。

ラウンジのフードやドリンクの詳細につきましては以下の記事をご参照ください。

クラブラウンジレセプションでのチェックイン・チェックアウト

36階クラブラウンジレセプションでチェックイン(14:00~)、チェックアウト(~12:00)が可能です。
僕が訪れた年末の時期は2階フロントはチェックインの大行列ができていました。クラブラウンジレセプションは混んでいてもラウンジの中でお茶をしながらチェックインを待つことができますので子供連れには大変ありがたかったです!

ピローギャラリーで好みの枕を選べる

ホテル2階に「ピローギャラリー」という場所があります。

こちらではピローアドバイザーがいらっしゃって理想的な枕の高さを計測し、最適な枕を一緒に選んでくださいます。

部屋の冷蔵庫内のドリンク無料

部屋の冷蔵庫の中身はビール、コーラ、炭酸水、そして宮崎らしくスコール、日向夏ドリンク、ころころかんきつが入っています!ころころかんきつは宮崎産の柑橘だけを使用した果汁飲料です。

こちらのドリンクが全て無料でした!

クラブフロア専用タルゴジャポンのアメニティー

世界90ヵ国のホテル、スパ、サロンで用いられているタラソテラピーのプロフェッショナル化粧品のトップブランド「タルゴジャポン」のアメニティーが用意されています。

3階フィットネスクラブ「ジ・オーシャンクラブ」を無料で利用可能

宿泊者でも通常利用料金が2,100円かかる3階のフィットネスクラブ「ジ・オーシャンクラブ」を無料で利用可能です。ただし、利用できるのは16歳以上となります。

写真は公式ホームページからお借りしましたが、ジムやプール、バス、サウナが揃っています。

営業時間はジム(7:00~21:00)、プール(7:00~12:00、13:30~21:00)、バス・サウナ(9:00~22:00)となっています。

松泉宮の貸切風呂「離れ湯」「おゆのみや」利用可能(クラブスイート宿泊者のみ)

前述しましたように「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」隣には地下1000mの深さ、1千万年前の地層から湧き出ている温泉「松泉宮」があります。

新月、月読という露天風呂は宿泊者も無料なのですが、「離れ湯」は宿泊者でも1棟 5,000円(90分)、クラブフロア宿泊者でも1棟 3,000円(90分)、「おゆのみや」は宿泊者でも1棟 6,500円(2時間)、クラブフロア宿泊者でも1棟 5,200円(2時間)の料金がかかります。しかし、クラブスイート宿泊者は無料となります。ただし、無料となるのは1泊あたり「離れ湯」「おゆのみや」のどちらか1回だけとなります。

おゆのみや」は茶道における茶室のように小山薫堂氏が提唱する“湯道(ゆどう)”を体現する湯室で大変ユニークな個室温泉となります。個人的には話のタネに一度入ってみたいです(笑)。しかし、大人2名での利用となっており子連れでの利用はダメなので先の話になりそうです…

「水辺のガゼボ」利用無料

先にご紹介したTHE LIVING GARDENにある「水辺のガゼボ」の利用が無料となります(1日1回90分)。

「バンヤンツリー・スパ」利用料金割引

39階にある「バンヤンツリー・スパ」のトリートメントを各種マッサージ20%OFF 、フェイシャル10%OFFの割引料金で受けることができます。

クラブフロア特典まとめ

以下の画像がチェックイン時に渡されるクラブフロアの案内となります

スポンサーリンク

最後に

宮崎のフェニックス・シーガイア・リゾート内のホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の充実したホテル内施設とクラブフロア特典をご紹介しました!ホテル内やシーガイア敷地内は今回ご紹介した以外にも施設が充実しており、季節により様々なイベントが開催されるなど楽しめる工夫もあり、ホテル内で飽きずにゆっくり過ごすことができます。今度は夏に行って楽しみたいと思っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事