大分に宿泊した時にホテルの朝食がちょっと高めでしたので、安くて大分らしい朝食を探してみたところ、大分市公設地方卸売市場内に安くて美味しい朝食が食べられるお店がいくつかあることが分かりました。そこで市場での朝食を求めて朝から大分市公設卸売市場に行ってきました。いのうえ食堂の刺身盛り合わせ定食は580円ながらボリュームたっぷりで大変お得でしたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大分市公設地方卸売市場の場所

大分市公設地方卸売市場は大分市豊海という場所にあります。私は大分駅にある「JR九州ホテル ブラッサム大分」に宿泊していました。ホテルの様子は以下の記事でご紹介しています。

記事でもご紹介しているようにホテルの朝食は美味しかったものの少し値段が高かったですので安くて美味しい朝食を求めて市場に向かいました。大分駅から大分市公設地方卸売市場まで車で10分程度でした。

大分市場

市場の入り口には守衛さんが立っておられますが特にチェックなどされず市場内に入ることができました。

いのうえ食堂の場所

いのうえ食堂は大分市公設地方卸売市場内の定食屋さんです。

大分市公設地方卸売市場内の地図を以下に示します。

大分市場地図

この地図の上の真ん中あたりに「⑰関連商品売場」と表記がありますね。以下の市場の公式ホームページにも記載されています。

写真のような建物です。

こちらの関連食品売り場はまるで小さな市場のように食堂や喫茶店だけでなく、かまぼこ店、鶏卵店、漬物屋、肉屋、花屋、ラーメン屋などなどいろんな店舗が入っています。

その中のひとつがいのうえ食堂です。

スポンサーリンク

いのうえ食堂の店内の様子

店内はカウンター席メインで小上がりにちゃぶ台のようなテーブルが置かれた席もあります。昭和のレトロな雰囲気漂うまさに大衆食堂といった感じです。

日替わり定食「刺身盛り合わせ」を頂きました

メニューは大変豊富です。

朝は破格の290円の玉子かけ御飯定食(生玉子、焼きのり、漬物、小鉢、ごはん、味噌汁)や390円の朝定食(塩サバ、焼きのり、漬物、小鉢、ごはん、味噌汁)もありますが、やはり刺身盛り合わせ定食(580円)に目が行きましたのでこちらを注文しました。

刺身盛り合わせ定食の内容は

刺身の盛り合わせ(かんぱち・まぐろ)
白身フライ
小鉢5種(肉豆腐、塩サバとひじき、魚の皮の酢の物、おぼろ、あと一品忘れました…)
ごはん・味噌汁・漬物

刺身はさすが市場内の食堂だけあってボリューム、鮮度とも十分で美味しかったです。
刺身以外のおかずの種類も豊富で、どれも美味しいです。
味噌汁は九州らしく甘めの味噌で出汁が効いていて美味しい!
これで580円という値段は市場内だからこそだと思います。

最後に

大分市公設地方卸売市場にはいのうえ食堂を含めて安くて美味しい朝食を食べることができるお店がいくつかあるようです。大分で安くて美味しい朝食が食べたくなった時は是非市場での朝食を選択肢に入れてみて下さい!市場での刺身盛り合わせ定食はボリュームたっぷりで安くて最高でした!

スポンサーリンク
おすすめの記事