九州⇔関西間には多くのフェリーが就航していますがいくつ航路があるかご存知でしょうか?

大阪⇔別府、神戸⇔大分、大阪⇔志布志を結ぶフェリーさんふらわあ

北九州(新門司)と大阪(泉大津)・神戸(六甲アイランド)を結ぶ阪九フェリー

大阪南港⇔新門司港を結ぶ名門大洋フェリー

宮崎⇔神戸を結ぶ宮崎カーフェリー

と現時点で7航路あります!

僕は車の運転が好きなので以前は車で大阪⇔九州間を往復も苦痛でなかったのですが、年齢とともにしんどくなってきました(笑) そこで最近は片道はフェリーを使用することも多いです。今回は帰省の帰りに大分→神戸のさんふらわあぱーるに乗船してきましたのでご報告いたします。

スポンサーリンク

さんふらわあぱーるを選んだ理由

ずばり船が新しいからです。阪九フェリーが数年前に新船を導入して新しいのですが新門司まで行くと車で帰ってもいいかなと(笑)

就航年度を見てみると、

志布志⇔大阪航路のさんふらわあさつまとさんふらわあきりしまは1993年

別府⇔大阪航路のさんふらわああいぼりとさんふらわあこばるとは1997-1998年

宮崎⇔神戸の宮崎カーフェリーのみやざきエキスプレスは1996年、こうべエキスプレスは1997年

であるのに対して、

別府⇔神戸航路のさんふらわあごーるどは2007年、さんふらわあぱーるは2008年

と比較的新しいからというのが理由です。同じような値段を払うなら施設が新しい方が快適です。

ちなみに来年志布志⇔大阪航路は新船が導入されるようなので乗ってみようと思っています。

宮崎カーフェリーも新船導入の記事が出ているのですがまだ動きはないようです。 

乗船まで

乗船開始は出航1時間前です。乗船前にフェリーターミナルの建物で乗船名簿を提出して、車検証のチェックを受けて、乗船券と部屋のカードキーをもらいます。

航路と時刻表は以下の通りです

スポンサーリンク

いざ乗船

今回は早く着いたので車は1Fに誘導されます。

徒歩で乗るなら大分は旧ダイヤモンドフェリーの乗船口の位置に合わせているためか、乗船口が船首側にあるため徒歩で乗ると中央寄りにあるエントランスまで通路を歩くようです。神戸から乗船すると吹き抜けのエントランスにまず着きます。

階段の横には案内所もあり天気予報や日の出時刻の案内なども掲示されています

その向かい側には船長さんや船の紹介などウエルカムボード的なものもあります。三大大橋の通貨予想時刻も掲示されています。

船内の設備は?

船内は車両甲板を含め7層になっており、客室は5〜7階の3層です。展望浴室は6階にありますが、それ以外パブリックスペースは5階にあります。

5階の案内所横にはキッズルームがありました。 

ベビーベッドもあります

売店は飲み物、食べ物、おみやげなどなど小さいながら品揃えはなかなかです。おみやげを買い忘れても大丈夫です(笑)

さんふらわあグッズも販売されています。子供の頃はこのグッズを見て興奮したものです

その横にはゲームコーナーもあります。ゲームをしている人を見たことはないのですがフェリーにはよくありますね(笑)

展望浴室は写真が撮れないので公式ホームページよりお借りします。ちょっと狭いのが難点で夕食後や朝の時間は混みあうとシャワーやドライヤーは待ちが発生します。

船内は一応Wi-Fiが飛んでいるのですが速度が遅くてほとんど使い物になりませんでした…

船内設備の営業時間は?

夜間は休止していますが、乗船から消灯まで、日の出から下船までだいたい営業しています

レストランのメニューは?

レストランに向かいます。夕食はバイキング形式で大人1540円です。アルコールは生ビールは少々高いですが、缶ビールや缶チューハイは自動販売機でお手頃な価格で購入できます。

この日は結構いっぱいで入り口で席が空くまで待機します

メニューはこんな感じです

メインとなるのはカツオのたたきとローストビーフです。最初に並んでいます

サラダコーナー

揚げ物コーナーには大分名物とり天を始めとして、ちくわの磯部揚げ、コロッケが並んでいます

おでんや焼きそば

筑前煮や魚といったおかずたち

カレーやジャンバラヤなど御飯コーナー。もちろん白米、味噌汁もあります

デザートコーナーにはチョコレートファウンテンがあり子供たちが喜んでいました

その他にも夏限定のかき氷もあり、こちらも子供たちが喜んで作っていました

全体的に茶色くてビアガーデンのような食事になってしまいました(笑)

せわしなくなるので行きませんでしたが朝食もバイキング形式で提供されます

乗船記というより何だかレストラン紹介のようになってしまいました(笑)

船旅の醍醐味

朝は早起きしてデッキに出ます!真夏で暑いはずですが海の上は心地よい風が吹いていて気持ちいいです。そして明石海峡大橋をくぐります。下から見るとすごい迫力!

船内にいろいろな設備がありゆったりと食事をしたり横になったりしているうちに移動できるフェリーって車や新幹線、夜行バスと違って贅沢な旅をしている感じがします。時間に余裕がないと選択肢には入りませんが乗っていてわくわくする乗り物は僕にとっては飛行機とフェリーですね~

飛行機のマイレージのようなものとして「Clubさんふらわあ」というものもあります。スタンプを貯めると船内の食事や乗船券と交換できます!また運賃20%OFFなどの特典もありますので頻回に乗船される方は是非ご入会下さい

akaishi的結論

九州⇔関西間の移動は時間がある時や車で往復されるのがしんどい時に是非フェリーも選択肢に入れてみて下さい!意外と快適で楽しいですよ

新造船のさんふらわあさつま乗船記は以下のリンクからどうぞ!

スポンサーリンク
おすすめの記事