琵琶湖マリオットホテル宿泊記~プラチナ会員特典・ラウンジ・朝食・プラネタリウム

日本一大きな湖「琵琶湖」のほとりにある琵琶湖マリオットホテルは滋賀県にありますが京都からのアクセスも悪くなく、ホテル内にプールや体育館などのスポーツ施設、温泉、プラネタリウムなど館内設備も充実しています。プラチナ会員特典、客室・ラウンジや朝食の様子、プラネタリウムなどの館内施設について詳細にご紹介します。

スポンサーリンク

琵琶湖マリオットホテルとは

以前より森ビルグループが運営する「ラフォーレホテルズ&リゾーツ」というリゾートホテルチェーンがあります。ラフォーレとはフランス語の「森」を意味する語 "foret"に、冠詞の "la" を付けた合成語のようです。「森」ビルグループが経営するからラフォーレなんでしょう(笑)

琵琶湖マリオットホテルは旧ラフォーレ琵琶湖のリブランドで2017年7月28日にオープンしました。同時に多くのラフォーレがマリオットホテルにリブランドしています。ラフォーレのままのホテルもありますが、以下の記事によるとマリオットにリブランドした基準は外国人観光客が多い地域かどうかのようです。

琵琶湖マリオットは7月にオープンと言っても改装中のところも多かったのですが、2017年12月1日にすべての改装を終えグランドオープンとなっています。外観は新しさを感じませんが内部はかなりキレイにモダンな感じになっています!

同時にリブランドした南紀白浜マリオットホテルの宿泊記は以下のリンクからどうぞ!

ロケーション

滋賀県と言えば琵琶湖!琵琶湖の一番くびれている部分にかかっている琵琶湖大橋の東詰の近くにあります。守山市という市にありますがJR守山駅からはかなり離れています


京阪神からアクセスする場合は電車でも車でも湖西側に出て琵琶湖大橋を渡るのが一番便利です

東海関東地方からアクセスする場合は車の場合は名神高速を降りてから一般道を30分ほど走る必要があります。電車の場合は一旦京都駅まで出て湖西線でアクセスした方が便利です。

JR守山駅、JR堅田駅からホテルのシャトルバスが出ていますので電車の方は利用されると便利でしょう。

琵琶湖マリオットシャトルバス時刻表

守山駅からのシャトルバスは予約が必要ですのでご注意ください。

路線バスもありますが相当時間がかかりますのでご注意ください

滋賀県は公共交通機関のアクセスが良くない場所が多くありますがこの辺りは車以外ではアクセスしにくく、商業施設にとっては鬼門の場所です…数年前「明るい廃墟」として有名になったピエリ守山は目と鼻の先です。

スポンサーリンク

部屋

琵琶湖マリオットホテルの客室は以下の通りです。

何回か泊まっていますが我が家は基本的に小さい子供を含む家族4人で宿泊するので和室を選んでいます!一度だけ温泉付きプレミアムルームに宿泊しました。

和室(2017年12月宿泊時)

マリオットという外資ホテルらしからぬ和室はラフォーレブランドだった名残でしょう。 廊下はラフォーレのイメージはなく琵琶湖をイメージしたのかブルーの絨毯が素敵で高級ホテルって感じです(笑)

和室はこのような感じです。

和室は時間を伝えると旅館のようにホテルの方が布団を敷きに来てくださいます。

水回りは改装されてきれいな印象です。

風呂は狭いですが最上階に大浴場があるので問題ないと思います。

浴室のシャンプーなどはマリオットおなじみのTHANNでした。

アメニティは最低限用意されています。頼めば追加で持って来てくれるアイテムのリストが部屋においてありました。

テーブルの上にはお菓子とボディローションが置いてありました。ゴールド会員のウエルカムギフトでしょうか?

温泉付きプレミアムルーム(2018年12月宿泊時)

その名の通り何と言っても部屋の中に温泉があるのが素敵ですね~大浴場の温泉もいいのですが、大浴場はお湯の温度が高すぎて長くゆっくり入れないので、部屋の温泉の方がお湯もぬるめでゆっくりと入れて個人的には好みでした!

お湯は常に出ていますが、フロントに電話すれば止めることも再開することも可能です。

温泉の前には洗面台とトイレがあります。温泉付きの部屋でもデラックスルームや和室と部屋の広さが変わらないためウェットエリアが手狭なのがちょっと残念です。

温泉浴室とベッドルームの間には大きな窓があり開放感は抜群です

クローゼットは扉がなくオープンでとてもシンプルな造りです。ミネラルウォーターが置いてある台の扉の中には冷蔵庫があります。冷蔵庫の中身は空です。

温泉浴場

温泉浴場はホテルの客室棟とは別棟のスポーツセンターにあります。

1階の渡り廊下を通って

スポーツセンターに到着します。ここで靴を脱いで左手に上がりこちらの階段を降ります

すると温泉浴場に到着します

大浴場にはカードキーで解錠して入ります

脱衣所は改装直後でとてもキレイです

浴室内を撮影するのは憚られるので公式ホームページから拝借します。サウナもあり水風呂もあります。

2017年宿泊時はシャンプーなどはマリオットおなじみのTHANNでしたが、2018年は変更となっていました

朝食

琵琶湖マリオットホテル12階にあるGrill & Dining Gで提供される朝食ブッフェは滋賀県民のソウルフードである近江ちゃんぽんがあり、滋賀県の食材も使われているなどなかなか美味しいです。詳細につきましては以下の記事をご参照ください。

ラウンジ

1階にはマリオットプラチナ以上の会員が利用可能なラウンジがあります。ラウンジの営業時間、提供されるフードやドリンクなどの詳細につきましては以下の記事をご参照ください。

プラネタリウム

琵琶湖マリオットホテルは前身のラフォーレ時代から「デジタルスタードーム ほたる」というプラネタリウムがあります。このプラネタリウムはプラネタリウムそのものというよりは「星のお兄さん」という大変ユニークな解説をされる男性が以前から有名なのです。プラネタリウムは暗いところで星を見て、ゆったりとした声の解説を聞くので眠気が襲いがちですが、従来のプラネタリウムの概念を覆す大変ユニークなプラネタリウムで時間があっという間に過ぎます!

プラネタリウムのチケットはスポーツセンター1階の受付(下の地図の赤丸)で購入します。自動券売機もありますし、受付のスタッフに言えば部屋付けにもできます。

チケットを買うと一旦建物の外に出て右手の階段で2階に上ります。そこがプラネタリウムの入り口です。

2017年年末には僕はSTAR LIGHT LIVEというLive1時間+爆笑星兄星座解説1時間の2時間のスペシャルプログラムを見ました!星のお兄さん自らチケットもぎりをされていました。星のお兄さんはホテルの職員さんなので温泉浴場の見回りやスポーツセンターの受付など他の仕事もされていました。全国を飛び回って星座解説もされているのに大変ですね。

一般の方は1700円ですが宿泊客は1400円で見ることができます。

ライブもとっても素敵でしたし、星のお兄さんの星座解説は噂通りの面白さでした!面白いだけでなく「あ、昔こんな話聞いたな」と改めて星座のことをいろいろ思い出し勉強になりましたしおすすめですよ~大人だけでなく子供も楽しめる内容です!「日本一星が出てくるのが遅いプラネタリウム」とおっしゃっていました(笑)

そして今回のマリオットへのリブランドの際にリニューアルされて今まで6台のプロジェクターで投影していたものが1台で継ぎ目なく投影できる4Kのプロジェクターになったとのことで映像もとってもキレイです。

2018年に星のお兄さんは琵琶湖マリオットホテルを退職され、美しい星空で有名な長野県阿智村に移籍されました。それでも月に1度程度は琵琶湖マリオットホテルで「爆笑!星兄プラネタリウムショー」をされています!

その他のプログラムも豊富です。2018年途中まではポケモン、現在ではドラえもんのプログラムがあり子供でも楽しめます。

今回は「星のお兄さん爆笑星座解説」を見ましたが、8歳の長女はもちろん、3歳の次女も面白かったと言っていました。どこまで理解したのかは謎ですが(笑)。もちろん大人も楽しめます!

その他の施設

ホテルショップ

この近辺はコンビニすら遠いですからちょっとした飲み物などを買えるショップは重宝します

キッズルーム

そんなに広くもなくおもちゃも多い訳ではありませんが子連れにはちょっとした時間つぶしにいいのではないでしょうか?うちの2歳の子供は1時間くらい遊んでいました。

プラチナ会員ベネフィット

マリオットリワードプラチナメンバーになるには、本来マリオットホテルに年間50泊の宿泊が必要です。普通は高級ホテルに年間50泊なんてそうそうできるものではありません。その分プラチナメンバーにはとても魅力的な特典があります。 主なものを挙げ、琵琶湖マリオットホテルで受けられる特典を紹介します。

ホテルラウンジの利用

上述したラウンジを会員本人+同行者1名まで無料で利用できます。とてもありがたいのは12歳までの子供は無料で利用できることです。つまり夫婦+子供で宿泊しても全員で同時にラウンジを利用できることになります。

3名以上の利用では一人当たり4500円(税サ込)の追加料金がかかります。

チェックイン時にこのようなチケットが渡されます。

ラウンジの詳細は以下の記事をご参照ください。

2名分の朝食無料

上述のような朝食が2名分無料です。1名3500円するので大変ありがたいサービスです。ちなみに4~12歳の子供は1250円(税サ込)で朝食を頂くことができます。

朝食の詳細につきましては以下の記事をご参照ください。

レイトチェックアウト

プラチナ会員は16時までのレイトチェックアウトが利用可能です。(ゴールド会員は14時まで)

レストラン利用割引

プラチナ会員は12階レストランGrill & Dining Gでレストランを利用した際の代金が20%割引となります(ゴールド会員は15%オフ)。料理代金だけでなく飲み物の代金も20%オフとなります。こちらはおそらくマリオットリワード会員限定レストラン割引である「MEMBERS DINE MOREを適応しているものと思われます。「MEMBERS DINE MORE」について詳細は以下の記事をご参照ください!

Wi-Fi無料

チェックイン時に渡される紙あるいは部屋に置いている紙にパスワードが書かれており、Wi-Fiを無料で利用できます。ただこれは平会員でも無料で利用できると思われますので上級会員の特典とは言い難いです。

フィットネスクラブ利用無料

1階にあるフィットネスクラブ利用が無料です。しかし、こちらは宿泊者は無料ですので上級会員の特典とはなりません。

レンタサイクル無料

ゴールド会員以上はレンタサイクルが無料となります。気候の良い季節なら湖岸をサイクリングするのはとても気持ちがいいものです。琵琶湖大橋を渡ることもできますが傾斜が結構きついですのでご注意を(笑)

プール利用無料

本来宿泊者でも810円の利用料がかかるプールの利用が無料となります。公式ホームページから画像をお借りしましたが、天井が高く開放感があり、25m×10mと横幅も広くレーンが複数あるため快適です。

SHOP利用10%割引

1階にあるショップでの購入代金が10%オフとなります。こちらのショップでは滋賀土産なども売られていますので割引があるのは有難いです。

以下は2018年8月までの(旧)ゴールドメンバー特典となります。古い情報ですが参考までに残しておきます。

ウエルカムドリンク、ランドリー、プリントアウト、コピーといった特典がなくなりました。

 部屋の無料アップグレード

琵琶湖マリオットホテルの部屋のタイプ一覧です

スーペリアルーム
和室
デラックスルーム
温泉付プレミアルーム
温泉ビューバス付プレミアルーム
ジュニアスイート
エグゼクティブスイート

僕は和室に泊まることが多いですのでアップグレードは希望していないのですが、フロントからはより上層階にアップグレードしましたとの案内がありました。上級会員であれば温泉付きの部屋にアップグレードされたというお話もよく聞きます。

マリオットリワードポイントにボーナスポイントが加算

宿泊すると積算されるポイントがプラチナ会員は25%アップします(ゴールド会員は10%)。

マリオット上級会員特典については以下の記事をご参照ください。

頻回に宿泊されるならクラブマリオット入会がお得!

マリオットの会員制度はSPG&マリオットリワードが有名ですが、Club Marriottという有料会員制度もあります。クラブマリオット会員特典は参加ホテル共通の特典と入会したホテルのみ適用される特典があり、よく利用するホテルで入会すると特典を多く享受できます。

琵琶湖マリオットはコートヤードバイマリオット新大阪と共通の会員プログラムとなっており、入会すると飲食が30%割引となる会員証だけでなく、何と30枚もの優待券が束になった冊子が送られてきます。

琵琶湖マリオット・コートヤードバイマリオット新大阪のClub Marriott(クラブマリオット)会員特典についての詳細は以下の記事をご参照ください。

最後に

琵琶湖マリオットホテルはプールや体育館などのスポーツ施設、温泉、プラネタリウムなど館内設備も充実し、スタッフの方のサービスもよく、個人的に気に入ったのでオープン以来何回も泊まりに行っています。周辺にも三井アウトレットパーク 滋賀竜王、たねやのフラッグシップ店「ラ コリーナ近江八幡」も近くにあり、大阪や京都からのアクセスも悪くありませんので滋賀県にお越しの際は是非宿泊してみて下さい!

スポンサーリンク
おすすめの記事