IHG100%ボーナスポイントセールは買った方がいい?ポイントの使い道から考える
スポンサーリンク

IHGが6月15日まで100%ボーナスポイントセール中です。IHGのポイント購入のセールは100%ボーナスが最大なのでこの機会にポイント購入した方がいいのでしょうか?IHGポイントをどのように使えばお得なのかを実際のケースから検証し、今回のポイントセールでポイントを購入した方がいいのかを考えていきます。

IHGは6月15日まで100%ボーナスのポイントセール中

IHGリワーズポイントは以下のリンクより購入することができます。

普段は1000ポイント=13.5ドルで購入できますがこのレートでの購入はオススメできません。

IHGはポイント購入セールをよく実施しています。IHGのポイント購入のセールは100%ボーナスが最大です。現在2020年6月15日まで100%ボーナスのキャンペーン中ですのでもし購入を考えておられるならチャンスと言えます。

期間:2020年5月6日から2020年6月15日まで

内容:7000ポイント以上の購入で最大100%のボーナス

キャンペーン中は年間ポイント購入の上限が25万ポイントに引き上げられています

このような感じでポイントを購入すると同じだけボーナスが付与される、つまり100%ボーナスとなります。

また、以下の画像で26000ポイントの価格が25000ポイントの価格より安くなっていることからお分かりいただけると思いますが、IHGのポイントは26000ポイント以上を購入すると最安となります。逆にそれ未満のポイントを購入した場合は割高になることに注意が必要です。

100%ボーナス時に26000ポイント以上購入すると1ポイント=0.6円程度になります(1ドル=110円とした場合)。使用する時は以下にも述べますようにそれ以上の価値になるように使いましょう。

ちなみにキャンペーンの規約は以下の通りです

キャンペーンでの購入は、2020年5月6日午前0時(東部時間)から2020年6月15日午後11時59分(東部時間)までです。1回のご購入で7,000ポイント以上ご購入いただいた場合に、100%のボーナスポイントを加算いたします。年間購入限度の引き上げ(250,000ポイントまで)の対象期間は2020年5月6日~2020年6月15日です。本キャンペーンはこの案内を受け取られた方のみが対象で、譲渡や転送はできません。キャンペーンは変更されることがあります。他のキャンペーンとの併用はできません。

表記金額には、税金や手数料等の金額がすべて含まれております。ご購入されたポイントの払い戻しはできかねます。購入後のポイントは、IHG® Rewards Club リワーズのすべてのポイント交換商品にお使いいただけます。ポイントは、1暦年に最大150,000ポイントまでご購入またはギフトとして受取ることができます。ご購入されたポイントがお客様のアカウントに反映されるまでに、72時間かかりますので予めご了承ください。その他、ご購入の際はIHG® Rewards Club リワーズの一般会員規約が適用されます。

スポンサーリンク

ポイント購入以外のIHGリワーズポイントの貯め方

IHGリワーズポイントは他のホテルグループと比べると比較的サクサクと大量に貯めることも可能です。

IHGのキャンペーンを利用する

IHGはボーナスポイントを獲得できるキャンペーンをしばしば行っています。

主なものは「スピードアップキャンペーン」です。いくつかのお題(オファー)ごとにポイントが付与されるものです。 与えられるオファーは人によって違いますし、すべて達成した時のポイントも大きく違います。ゲーム感覚でクリアするのを楽しめます。過去のスピードアップキャンペーンの内容については以下の記事をご参照ください。

しかし最近は単純に宿泊回数や滞在回数に応じてポイントが2~4倍になるキャンペーンが多くなっています。たくさん宿泊される方にフェアにポイントが増える制度となりましたが、個人的にはゲーム感覚がなくなり寂しいです…

また「OTA book direct」というキャンペーンなど大型キャンペーンも行われたことがあります。

このようなキャンペーンのおかげでIHGは他のホテルグループと比べ比較的ポイントがサクサクと貯まっていきます。

IHGホテルに宿泊してポイントを貯める

最も基本となる貯め方になるでしょう。先ほど述べたようにIHGホテルに宿泊すると「1ドルごとに10ポイントの基本ポイント」+「エリート会員資格による10~100%のボーナスポイント」が貯まります。

ボーナスポイント
ゴールド会員:+10%
プラチナ会員:+50%
スパイア会員:+100%
スポンサーリンク

IHGリワーズポイントの使い方

せっかく使ったIHGリワーズポイントをどのように使うとお得に使えるのか使い方を考えていきましょう。

IHGリワーズポイントを無料宿泊に使う

日本国内のホテルで無料宿泊に必要なポイント数は15000~70000ポイント/泊

IHGのホテルではポイントでの無料宿泊が可能です。無料宿泊に必要なポイント数はホテルによって異なり日本国内のIHGホテルでは1泊あたり15000~70000ポイントになります。

最低の15000ポイントで宿泊できる日本国内のホテルは以下の3ホテル

ANAホリデイ・イン仙台
ANAホリデイ・イン金沢スカイ
ANAホリデイ・イン リゾート 宮崎

最高の70000ポイントが必要な日本国内のホテルは以下の1ホテル

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

となります。

今後はポイント変動制導入の可能性も?

2019年までは毎年1月に無料宿泊に必要なポイント数の見直しがあり発表されていました

2019_Point_Changes_Summary_120718_PDF

しかし、2020年は無料宿泊に必要なポイント数の見直しの発表がありませんでした。新型コロナウイルスの影響なのかそうでないのかは不明です。

ところが少なくとも台湾のIHGホテルの一部で無料宿泊に必要なポイント数が変動していることが確認されています。ひょっとしたら現在実験的に変動チャート制が導入されているのかもしれません。そして、今後他の地域のホテルにも変動チャートが広がっていく可能性も考えられます。

1ポイント=0.6円で使えるかが基準

キャンペーン時にポイントを購入した場合前述のようにだいたい1ポイント=0.6円になります。よってそれ以上の価値になるように、また可能な限り1ポイント1円程度の価値になるような使い方がベストです。

無料宿泊がお得なのかしっかり考えて使いましょう

特に今年は夏のハイシーズンでも例年と比べ日本国内のIHGホテルは宿泊料金が安めで、ベストフレックス料金で予約しなくても、安めのプランでも前日までキャンセル可のケースも見かけます。しっかりと候補先のホテルの宿泊希望の日程の料金を調べ、ポイント宿泊との比較を行った方がいいと思われます。

ケース1

先ほど述べたように国内で最高の70000ポイント/泊必要なANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートを例に見てみましょう!夏休み後半ですがまだまだ沖縄のリゾートはハイシーズンである8/17から1泊で調べてみると有償なら1泊55575円となっています

ポイント宿泊のケースもチェックするともちろん70000ポイント必要となっています。

55575円/70000ポイントですので1ポイントあたり0.79円となりポイントでの無料宿泊は少しお得と判定できます。

ケース2

インターコンチネンタル大阪のケースもチェックしてみましょう。8/15から1泊で調べてみると有償なら1泊62182円となっています

ポイント宿泊では60000ポイント必要ですから、62182円/60000ポイントですので1ポイントあたり1.04円となりポイントでの無料宿泊はかなりお得と判断できます。

ケース3

次のケースを見てみましょう!観光シーズンに入る前の5月の平日にANAホリデイ・イン札幌すすきのに宿泊する場合を考えてみます。8/15は19000円で宿泊可能です。

一方ポイント無料宿泊特典では40000ポイント必要となります。19000円/40000ポイントですので1ポイントあたり0.48円となりポイントを使った無料宿泊は少しもったいないということになります。

このように無料宿泊特典を利用する際は1ポイントの価値がいくらくらいになるのか考えて使うのがよいでしょう!

ポイント&キャッシュで宿泊する

公式ホームページから引用します。

IHGリワーズクラブの「ポイント&キャッシュ」は、無料宿泊特典獲得の際のオプションです。無料宿泊特典は、貯まったポイントを使ってご希望の無料宿泊特典に交換いただけるだけでなく、不足ポイントをさまざまな単位で購入し、お持ちのポイントと組み合わせて獲得いただくこともできます。

こちらのシステムは無料宿泊特典に必要なポイントに足りなくても現金を追加して宿泊できるということになります。先ほどの無料宿泊特典と同様に1ポイントの価値を考慮して使用するといいと思います。

先ほどのANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのケースで考えてみましょう!

例えば「50000ポイント+14818円」で宿泊するならば55575-14818円/50000ポイントになりますので1ポイントあたり0.82円となりこのケースはポイント&キャッシュでの宿泊はまあまあお得と言えます。

なお、ポイント&キャッシュは不足分のポイントを購入した扱いになるため、予約と同時に決済され、もしキャンセルした場合は全てポイントで返還されます。

インターコンチネンタルアンバサダーの入会や更新に利用する

先ほど述べたようにインターコンチネンタルアンバサダーの入会に必要な費用を支払う代わりにポイントで代えることが可能です。

入会時・継続時ともに

200ドル or 40000ポイント

が必要となっています。

1ドル=110円で計算してみると22000円/40000ポイント(1ポイント=0.55円)となりポイントでの入会や継続はお得ではないと考えられます。

インターコンチネンタルアンバサダーについては以下の記事をご参照下さい

残念ながらポイントブレイクは終了…

2020年1月までは指定されたホテルでの無料宿泊の必要ポイント数が期間限定で割引される「ポイントブレイク」という使い道もありましたが残念ながら終了してしまいました…

その他の使い道はお得ではありません

マイルに交換することも可能ですし、ポイントでショッピングすることも可能です。また、ギフトカード、電子書籍、ゲーム、レンタカー、航空券などに交換できます。しかしマイル交換で10000ポイント→2000マイルとなります。100%ボーナス時に60000ポイント購入すると300USD=33000円(1ドル=110円の場合)ですから、1マイル=2.75円となり、レートが悪いのでよほどのことがない限り他の使い方(主に宿泊目的で使用)をした方がいいと思います。

お得なポイントの使い道としての結論

IHGリワーズポイントのお得な使い道としてはやはり無料宿泊特典、ポイント&キャッシュなどなどIHGホテルへの宿泊に使うのがよいという結論に達しました!ただし宿泊なら何でもやみくもに使うのではなく1ポイントあたりの価値をしっかりと検討するのがよさそうです。

最後に

IHGの100%ポイントボーナスポイント購入セールが開催中ですので、IHGポイントをどのように使えばお得なのかを実際のケースから検証し、今回のポイントセールでポイントを購入した方がいいのかを考察しました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本国内のホテルも夏のハイシーズンでも例年より安く、前日までキャンセル可のプランも比較的安い値段で予約できますので、行きたいホテルの行きたい日程の価格を十分に調べた上でポイント購入を考えた方が良さそうです。

スポンサーリンク
おすすめの記事