【ポイント購入セール】マリオットは60%ボーナス!IHGは100%ボーナス!
スポンサーリンク

マリオットが11月26日13時59分(日本時間)まで60%ボーナス、IHGが11月28日13時59分(日本時間)まで100%ボーナスポイントセール中です。今回は円高気味ですので少しお得に購入できます。マリオットポイントやIHGポイントをどのように使えばお得なのかを実際のケースから検証し、今回のポイントセールでポイントを購入した方がいいのかを考えていきます。

目次

マリオットがポイント購入60%増量セール

ちなみにSPGとマリオットが統合する前は旧SPGでは時々スターポイントを割引価格(多くは25%~35%OFF、最大50%OFF)で購入できるキャンペーン・セールが開催されていました。
大量のバイマイルが可能で非常に人気が高かったのですが、2018年8月にSPGとマリオットが統合したあとはしばらくの間セールは行われていませんでした。マリオットは統合前にポイントセールを行っていませんでしたので、セールがあるか心配していましたが2019年4月統合後初のポイント購入25%割引セールが行われました。その後2回ほど30%割引セールが行われ、2020年初めには初の50%増量セールが、2020年5月には初の60%増量セールが行われました。2020年9月には50%増量セールが行わましたが、今回は再び60%増量セールとなります。

ポイント購入は以下のリンクからどうぞ!

英語版
日本語版

期間

2020年11月19日午後11時~11月26日午後1時59分(日本時間)
(米国東部時間2020年11月19日午前9時~2020年11月25日午後11時59分)

内容

2000ポイント以上の購入で60%のボーナスポイント獲得。年間15万ポイントまで購入可能

限定オファー

今回のポイントセールは限定オファーが来ている方もいらっしゃるようです。ちなみに私にも限定オファーが来ました。

同じ60%ボーナスポイントですが、購入期限が12月23日午後1時59分まで上限は200,000ポイント(2020年中すでに購入した分を含む)となっています。

しかし、リンクを踏んでも何故か限定オファーのページに行けず…

1ポイントの価値は?

今回のセールで購入したポイントの価値を考えてみます。1ドル104円で計算します。

 

80000ポイント購入した場合は625ドル(=65000円)となります。すなわち1ポイントあたりの価値は0.81となります。

マリオットポイントの価値や貯め方、使い方については以下の記事をご参照下さい

また3/4から無料宿泊のポイントが変更となったホテルもあります。詳細については以下の記事をご参照下さい。

バイポイントした場合の1マイルの価値は?

また、マリオットBonvoyポイントは通常3,000ポイント=1,000マイル、すなわち3対1のレートでほとんどの航空会社のマイルに変換できます。しかし、まとめて60,000ポイント交換すると5000マイルのボーナスが付与されます。すなわち60,000ポイント=25,000マイルとなるわけです。

60800マリオットBonvoyポイントは今回の60%増量セール価格で475ドルで購入できる計算となります。1ドル104円とすると49400円。53500÷25000=1.98、すなわち 1マイル=1.98円の価値となります。

 60%増量セール時

・1マリオットBonvoyポイント=約0.8

・1マイル=約2

となります。

これを上回る価値でポイントやマイルを使うことができれば今回のセールでポイントを購入してもよいということになります。

しかしながら、現在はGoToトラベルキャンペーンが行われておりポイントでの無料宿泊よりはGo Toトラベルキャンペーンを利用する方がお得です

今回は急いでポイント宿泊に使いたいとか、しばらく宿泊でポイントを稼ぐ見込みがないといった状況でない限りポイント購入は見送りでいいと思われます。

規約

規約を以下に示しておきます

・2,000ポイント以上のご購入で60%のボーナスポイントを獲得するには、日本時間の2020年11月19日午後11時~11月26日午後1時59分 (米国東部時間2020年11月19日午前9時~2020年11月25日午後11時59分) の間に購入手続きを完了する必要があります。
・購入されたポイントは、Marriott BonvoyTMエリート会員資格を獲得するためのクレジットとしてはカウントされません。
・プロモーション期間に限り、購入ポイントと、ギフトとして別の会員から受け取ることができるポイントの合計は、最大150,000ポイントとなります。2020年中にすでに購入された、あるいはギフトとして受け取られたポイントは、上限150,000ポイントの対象に含まれます。このプロモーションで獲得した60%のボーナスポイントは、上限150,000ポイントの対象には含まれません。
・ポイントは、1,000ポイント単位で50,000ポイントまで (プロモーションの利用には2,000ポイント以上のご購入が必要)、5,000ポイント単位で100,000ポイントまで、10,000ポイント単位で150,000ポイントまで購入できます。
・ポイントは、1,000ポイントにつき12.50米ドル、5,000ポイントにつき62.50米ドル、10,000ポイントにつき125米ドルの料金で購入できます。 ポイント購入の手続きが完了するまで、ご購入後最大7営業日かかります。
・まず購入されたベースポイントが会員アカウントに加算されます。ボーナスポイントは、その後48時間以内に加算されます。
・ポイントの購入や受領を行うには、適格な要件を満たしている会員であることが必要です。
・新会員は、そのMarriott BonvoyアカウントにMarriott Bonvoyプログラム規約に記載された対象となるアクティビティが反映されている場合は、ご入会後30日を過ぎた時点からポイントを購入することができます。入会から1年後には、新会員はご利用状況に関係なくポイントを購入する資格を得ます。
・いったん購入または贈呈されたポイントの払い戻しはできません。
・Marriott Bonvoy提携のクレジットカードでポイントをご購入になると、通常の購入としてポイントを獲得することができます。
・このオファーは、このプロモーションの「ポイントを購入」または「ポイントを贈呈」ページからご購入いただいたポイントにのみ有効です。
・Marriott Bonvoyプログラムの全規約が適用されます。規約の全文はhttps://www.marriott.co.jp/loyalty/terms/default.miでご覧いただけます。

マリオットポイント購入時はTopCashback→Points.comを経由しましょう

ポイント購入画面には下の写真右上のように「Points.com」と記載があります

 

Marriott BonvoyポイントはTopCashbackからPoints.com経由での購入がお得です

 

上の赤四角「Marriott Rewards」のポイント購入は2.5%還元と書かれています。しかしながら、私はこちらのリンクから購入してTopCashbackに明細が載らなかったことがあります…

以前は「Other Partners Miles Purchase」の中にこっそりと「Marriott」が潜んでいただけだったのですが…「Marriott Rewards」単独の項目ができてややこしくなりました…

以前のように「Other Partners Miles Purchase」のリンクを踏んだ方が確実かもしれませんね

topcashbackでPoints.comを検索して、上記の「Get Cashback」ボタンから一度Points.comに飛びましょう。
そのページは放置しておいて、マリオット公式ホームページからポイント購入ページを同じブラウザの別タブあるいは別ウインドウで開いてポイント購入すれば後日キャッシュバックされます!

もしTopCashbackにまだ登録されていない方は以下のリンクから登録すれば私からの紹介という形にはなりますが10USDをゲットできますのでよろしければどうぞ!

スポンサーリンク

マリオットポイントの使い方

貯めたポイントにどのような使い方があるかチェックして行きましょう!

貯めたポイントはホテル宿泊はもちろん、客室アップグレードやレストラン・スパ等の利用代金への充当、エアラインマイルへの交換など様々な使い道があり、上手く使えば旅行などが大変お得になります。

マリオットホテルの宿泊に利用する

マリオットホテルの宿泊に利用するのが最もポピュラーであり最もお得な方法だと思います。
全額ポイントでの無料宿泊が基本となりますが、ポイントの不足分を現金で支払うキャッシュ+ポイントという方法もあります。

使い道をチェックして行きましょう!

無料宿泊

ポイントの使い方として最もお得なのは無料宿泊に利用することです。宿泊に必要なポイントはカテゴリーにより異なります。

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

2019年9月14日からスタンダードレートに加え、オフピークレートとピークレートでもポイント交換での無料宿泊が可能になります。

予約の方法は簡単です!公式サイトから「ポイントの使用」にチェックを入れて検索します。

するとその日に無料宿泊ができるホテルのリストが表示されます。必要ポイントと平均宿泊料金が出てくるので、一目で1ポイント何円で使えるかを把握しながら予約できます。

「料金表示」という青色のボタンを選択すると、以下の画面に切り替わり予約へと進みます

特典除外日(ブラックアウト期間)がなく、ゴールデンウィークだろうが年末年始だろうが、スタンダードルームに空室がある限り宿泊できます。
そして、ポイントで無料宿泊した場合でも上級会員資格の特典は適用されます。

ポイントアドバンス

マリオット&SPGリワード(Marriott Bonvoy)にはポイントが不足していてもポイントでの無料宿泊が予約できる「ポイントアドバンス」というユニークな制度があります。ポイントでの無料宿泊を予約したくてもポイントが不足している場合にチェックインの最低14日前までに追加ポイントを獲得するか、購入すれば、希望通りに予約することが可能なのです。

ポイントでの無料宿泊の予約画面で以下のように「ポイントアドバンス」を選択するだけでOKです。

ただし、予約を持ちすぎると怒られますのでご注意ください(笑)

ポイントセーバー

SPG/マリオット リワード(Marriott Bonvoy)には「ポイントセーバー」という制度があり、最大33%少ないポイントで無料宿泊可能です。ポイントセーバーは年がら年中利用できるわけではなく、閑散期のキャンペーンとして使えることがあります。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でしばしばみられました。ですから宿泊したいホテルにディスカウントしたポイントで無料宿泊できるチャンスを見つけた場合は積極的に利用を検討しましょう。ポイントセーバーで必要なポイントは以下の表の通りです。

キャッシュ&ポイント

ポイントが無料宿泊に足らないときには、キャッシュ&ポイントという「ポイント+現金」という方法で宿泊する方法もあります。2,500ポイントと50米ドルの組み合わせから無料宿泊特典と交換できます。

 

例えばカテゴリー8は

スタンダード:440 USD + 42,500 ポイント
オフピーク:440 USD + 27,500 ポイント
ピーク:440USD + 57,500 ポイント

となります。
キャッシュ+ポイントは無料宿泊とは異なり、ブラックアウト期間があることに注意が必要です。繁忙期は利用できない日もあります。
また、無料宿泊の方がお得なケースがほとんどと思われますので、無料宿泊できるポイントが貯まっている場合は無料宿泊と比較検討しましょう。

5泊目無料宿泊特典

ポイントで4連泊の宿泊をすると、次の5泊目が無料になります。つまり4泊分のポイントで5泊することが可能になります。また、特典除外日はありません。

ポイントをレストランやスパの料金に充当

「インスタントアワード」(ポイントでお支払い)という制度もあります。ポイントをレストラン・カフェ・バーの飲食料金、スパトリートメントなどの多彩なホテルサービスと交換できます。部屋付けにできる料金なら何でも利用可能です。


部屋付で利用した代金について、250ポイント=1US$の交換レートで精算に利用することが可能で250ポイント(1米ドル相当)から交換できます。この場合は1ドル110円で考えると1ポイントが0.44円相当となりあまりお得な方法ではありません。

客室のアップグレード

最小1,000ポイントからポイントを利用することでより良い部屋へのアップグレードをすることが一部のホテルとリゾートで可能です。

例えばプログラム統合前はリッツカールトン東京では20000ポイント、リッツカールトン大阪では30000ポイントの追加でクラブフロアへのアップグレードが可能でした(現在は不可となっています)。

航空会社のマイルに交換

マイルに移行する場合の航空会社の選択肢がとても多く、ANAやJALも含む、40を超える世界の航空会社のマイレージプログラムに交換可能です。マイル移行手数料は無料です。

詳細については以下をご参照ください。

ほとんどのマイルへの交換レートは3,000ポイント=1,000マイル、すなわち3対1となっています。

もっとお得に交換しようと思えば、まとめて移行するとボーナスポイントが加算されるのでお得です。60,000ポイントまとめて移行すると、本来は20,000マイルなのですが、なんと5,000マイルが追加ボーナスとして加算されます。つまり60,000ポイント=25,000マイルということになります。

すなわち基本的には、マリオットのポイントをマイルに移行する場合は、60,000ポイントまとめて移行するのがお得でおすすめということになります。

しかも、ポイントをユナイテッド航空マイレージプラスの特典マイルに移行すると、10%のボーナスマイルが加算されます。

マリオット&SPGポイント(Marriott Bonvoyポイント)を航空会社マイルに移行する場合は以下のリンクからどうぞ!

最近見かけませんがマリオットポイントを航空会社マイルに移行する場合に30%増量キャンペーンというものもあります。キャンペーン時にマリオットポイントをマイルに交換するとさらに還元率が上がります。

僕は個人的に最近ユナイテッド航空マイルを利用してANA国内線特典航空券を発券しているのでマリオットポイントをユナイテッド航空マイルに移行しています。ユナイテッド航空マイルの詳細につきましては以下の記事をご参照ください。

ユナイテッド航空マイルを使って、あちこち寄り道フライトを楽しんでおります(^^;)

トラベルパッケージ(7日間の無料宿泊とマイルのセット)

「航空券とホテルのパッケージ」という選択肢もあります。航空マイル+マリオットの無料宿泊(7泊)にポイントを交換できます。

※ユナイテッド航空については7泊+55,000マイルあるいは7泊+110,000マイルとなります

7泊+50,000マイル 7泊+100,000マイル
カテゴリー1〜4
(5,000~30,000ポイント)
255,000ポイント 330,000ポイント
カテゴリー5
(30,000~40,000ポイント)
315,000ポイント 390,000ポイント
カテゴリー6
(40,000~60,000ポイント)
435,000ポイント 510,000ポイント
カテゴリー7
(50,000~70,000ポイント)
495,000ポイント 570,000ポイント
カテゴリー8
(70,000~100,000ポイント)
675,000ポイント 750,000ポイント

その他

その他にも以下のようなMarriott Bonvoyポイントの使い道はありますが、アメリカ国内向けですので日本人には使いにくいと思います。

航空券&レンタカー「テイクオフ」
ギフトカードおよび商品クーポン
モーメント
スポンサーリンク

IHGは11月27日まで100%ボーナスのポイントセール中

IHGリワーズポイントは以下のリンクより購入することができます。

普段は1000ポイント=13.5ドルで購入できますがこのレートでの購入はオススメできません。

IHGはポイント購入セールをよく実施しています。IHGのポイント購入のセールは100%ボーナスが最大です。現在2020年11月27日まで100%ボーナスのキャンペーン中ですのでもし購入を考えておられるならチャンスと言えます。

期間

2020年11月23日午後2時から2020年11月28日午後1時59分(日本時間)
(米国東部時間2020年11月23日午前0時から2020年11月27日午後11時59分)

内容

10000ポイント以上の購入で最大100%のボーナス

1ポイントの価値は?

キャンペーン中は年間ポイント購入の上限が25万ポイントに引き上げられています

このような感じでポイントを購入すると同じだけボーナスが付与される、つまり100%ボーナスとなります。

また、以下の画像で26000ポイントの価格が25000ポイントの価格より安くなっていることからお分かりいただけると思いますが、IHGのポイントは26000ポイント以上を購入すると最安となります。逆にそれ未満のポイントを購入した場合は割高になることに注意が必要です。

100%ボーナス時に26000ポイント以上購入すると1ポイント=0.52円程度になります(1ドル=104円とした場合)。使用する時は以下にも述べますようにそれ以上の価値になるように使いましょう。

規約

ちなみにキャンペーンの規約は以下の通りです

キャンペーンでの購入は、2020年11月23日午前0時から2020年11月27日午後11時59分(いずれも東部時間・期限時刻を含む)までです。1回のご購入で10,000ポイント以上ご購入いただいた場合に、100%のボーナスポイントを加算いたします。本キャンペーン期間中に限り、最大250,000ポイントをご購入いただけます。また本キャンペーン期間中に限り、最大250,000ポイントを他の会員の方へギフトとして送ったり、他の会員の方からのギフトとして合計250,000ポイントを受け取ったりすることができます。2020年1月1日以降にご購入・ギフト進呈または受領されたポイントは、本キャンペーンの上限250,000ポイントに含まれます。ご購入のポイントはIHG®リワーズクラブのエリートステータス取得対象ポイントとしてカウントされません。本キャンペーンは本案内を受け取られた方のみが対象です。譲渡や転送はできません。キャンペーン内容は変更されることがあります。他のキャンペーンとの併用はできません。

価格には適用されるすべての手数料が含まれています。購入されたポイントの払い戻しはできません。またポイントは、IHG®リワーズクラブのすべての特典との交換にご利用いただけます。ポイントをお受け取りになるお客様のアカウントにポイントが加算され、反映されるまでに72時間かかります。IHG®リワーズクラブのその他のあらゆるご利用規約が適用されます。

 

IHGリワーズポイントの使い方

せっかく使ったIHGリワーズポイントをどのように使うとお得に使えるのか使い方を考えていきましょう。

IHGリワーズポイントを無料宿泊に使う

日本国内のホテルで無料宿泊に必要なポイント数は10000~70000ポイント/泊

IHGのホテルではポイントでの無料宿泊が可能です。無料宿泊に必要なポイント数はホテルによって異なり日本国内のIHGホテルでは1泊あたり10000~70000ポイントでホテルによって固定となっていました。閑散期のド平日でも繁忙期(年末年始やお盆)でも無料宿泊する場合は同じポイントが必要でした。

2020年からポイント変動制導入

2019年までは毎年1月に無料宿泊に必要なポイント数の見直しがあり発表されていました

2019_Point_Changes_Summary_120718_PDF

しかし、2020年は無料宿泊に必要なポイント数の見直しの発表がありませんでした。新型コロナウイルスの影響なのかそうでないのかは不明でした。

その後、日本のIHGグループホテルでも無料宿泊に必要なポイントが変動していることが確認されています。詳しくは以下の記事をご参照下さい。

1ポイント=0.6円で使えるかが基準

キャンペーン時にポイントを購入した場合前述のようにだいたい1ポイント=0.6円になります。よってそれ以上の価値になるように、また可能な限り1ポイント1円程度の価値になるような使い方がベストです。

無料宿泊がお得なのかしっかり考えて使いましょう

特に今年は例年と比べ日本国内のIHGホテルは宿泊料金が安めで、ベストフレックス料金で予約しなくても、安めのプランでも前日までキャンセル可のケースも見かけます。しっかりと候補先のホテルの宿泊希望の日程の料金を調べ、ポイント宿泊との比較を行った方がいいと思われます。

ケース1

先ほど述べたように国内で最高の70000ポイント/泊必要なANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートを例に見てみましょう!夏休み後半ですがまだまだ沖縄のリゾートはハイシーズンである8/17から1泊で調べてみると有償なら1泊55575円となっています

ポイント宿泊のケースもチェックするともちろん70000ポイント必要となっています。

55575円/70000ポイントですので1ポイントあたり0.79円となりポイントでの無料宿泊は少しお得と判定できます。

ケース2

インターコンチネンタル大阪のケースもチェックしてみましょう。8/15から1泊で調べてみると有償なら1泊62182円となっています

ポイント宿泊では60000ポイント必要ですから、62182円/60000ポイントですので1ポイントあたり1.04円となりポイントでの無料宿泊はかなりお得と判断できます。

ケース3

次のケースを見てみましょう!観光シーズンに入る前の5月の平日にANAホリデイ・イン札幌すすきのに宿泊する場合を考えてみます。8/15は19000円で宿泊可能です。

一方ポイント無料宿泊特典では40000ポイント必要となります。19000円/40000ポイントですので1ポイントあたり0.48円となりポイントを使った無料宿泊は少しもったいないということになります。

このように無料宿泊特典を利用する際は1ポイントの価値がいくらくらいになるのか考えて使うのがよいでしょう!

ポイント&キャッシュで宿泊する

公式ホームページから引用します。

IHGリワーズクラブの「ポイント&キャッシュ」は、無料宿泊特典獲得の際のオプションです。無料宿泊特典は、貯まったポイントを使ってご希望の無料宿泊特典に交換いただけるだけでなく、不足ポイントをさまざまな単位で購入し、お持ちのポイントと組み合わせて獲得いただくこともできます。

こちらのシステムは無料宿泊特典に必要なポイントに足りなくても現金を追加して宿泊できるということになります。先ほどの無料宿泊特典と同様に1ポイントの価値を考慮して使用するといいと思います。

先ほどのANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのケースで考えてみましょう!

例えば「50000ポイント+14818円」で宿泊するならば55575-14818円/50000ポイントになりますので1ポイントあたり0.82円となりこのケースはポイント&キャッシュでの宿泊はまあまあお得と言えます。

なお、ポイント&キャッシュは不足分のポイントを購入した扱いになるため、予約と同時に決済され、もしキャンセルした場合は全てポイントで返還されます。

インターコンチネンタルアンバサダーの入会や更新に利用する

先ほど述べたようにインターコンチネンタルアンバサダーの入会に必要な費用を支払う代わりにポイントで代えることが可能です。

入会時・継続時ともに

200ドル or 40000ポイント

が必要となっています。

1ドル=110円で計算してみると22000円/40000ポイント(1ポイント=0.55円)となりポイントでの入会や継続はお得ではないと考えられます。

インターコンチネンタルアンバサダーについては以下の記事をご参照下さい

残念ながらポイントブレイクは終了…

2020年1月までは指定されたホテルでの無料宿泊の必要ポイント数が期間限定で割引される「ポイントブレイク」という使い道もありましたが残念ながら終了してしまいました…

その他の使い道はお得ではありません

マイルに交換することも可能ですし、ポイントでショッピングすることも可能です。また、ギフトカード、電子書籍、ゲーム、レンタカー、航空券などに交換できます。しかしマイル交換で10000ポイント→2000マイルとなります。100%ボーナス時に60000ポイント購入すると300USD=33000円(1ドル=110円の場合)ですから、1マイル=2.75円となり、レートが悪いのでよほどのことがない限り他の使い方(主に宿泊目的で使用)をした方がいいと思います。

最後に

マリオットが60%ボーナスポイントセール、IHGが100%ボーナスポイントセールを開催中ですので、2つのセールの内容をまとめました。また、これを機にマリオット、IHGポイントの使い方についておさらいしました。今回は円高でちょっぴりお得ですので使う予定がある方は購入しておいてよいと思います。

おすすめの記事