ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ施設情報(温泉、プール、ジムなど)
スポンサーリンク

インターコンチネンタル別府は日替わりで楽しめる檜と岩の2つの違った雰囲気の温泉浴場、別府の景色を一望できるインフィニティプールなど共用施設も魅力的です。

ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパの施設

 

インターコンチネンタル別府の施設をご紹介していきます。

エントランスから入りレセプションがあるフロアは1階ではなく2階であることに注意が必要です

1階

温泉(屋内大浴場・露天風呂)

■利用可能時間
<宿泊> 05:00~24:00
<日帰り> 14:00~17:00
■料金
<宿泊> 無料
*10時から14時の間は清掃のため利用不可
<日帰り> 平日 2,500円 | 土日祝 3,500円
■備考
<• 浴場内サウナ(スチームorドライ)、タオル類、ドライヤー、バスアメニティ完備
• 男女入れ替え制/日
• 12歳未満の子供は、同性の保護者の同伴にて利用可
• 日帰りの場合、未就学児無料、6~11歳の方は半額(ウェルカムドリンク含まず)

温泉は木と岩の2つの違った雰囲気の浴場があります。右側の入り口が岩風呂、左側の入り口が檜風呂です。毎日男女の浴場が入れ替わりますので夜と朝、あるいは連泊するとどちらの浴場も楽しめます。このあたりは温泉旅館のようですね

まずは右側の岩風呂の方を見てみましょう!

岩風呂

入ると靴や下駄を脱ぎ、下駄箱に入れます。

カギがなく中が見えないのでどれが空か分からないのがちょっと難点ですね(^^;)たくさん一度に入浴するとどれが空いているのか分かり辛いです

ロッカーも同様でどれが空なのか分かりにくいです…

2020年夏はコロナ対応で利用できるロッカーが間引かれていました…

鍵の開閉は番号なのですが入れる時も開ける時も「C」のボタンを押さなければいけないのがちょっと分かりにくいです。開ける時はつい番号だけ入れてしまい、「あれっ開かない」とちょっと焦ってしまいました(笑)

分かりにくいという苦情が多いのか再訪時にはロッカーの使い方が入っていました(笑)

タオルはたくさん用意されており部屋から持参する必要はありません。右下の茶色のものはサウナで敷くものと思われます。

洗面台はこのような感じです

2020年夏はコロナ対応で利用できる洗面台も間引かれていました

ドライヤーは洗面台の下の棚に収納されています。部屋のドライヤーはレプロナイザー4Dplusでしたが、大浴場のドライヤーは違いました…

利用可能時間は5時から24時までとなっています。5時に行きましたので誰もおらず写真を撮らせて頂きました

露天もあり、夜明けの別府湾を眺めることができます

分かり辛いですが露天風呂は数段に分かれています

洗い場はこんな感じです。木の椅子と木桶が温泉らしい雰囲気です

シャンプーとコンディショナーはコーセーのプレディアでした

サウナもあります。岩風呂側はドライサウナです

シャワーもあります

檜風呂

左側の入り口、檜風呂の方を見てみましょう!

岩風呂側とレイアウトが違って浴槽の横に洗い場があります

檜風呂側のサウナはスチームサウナです

左側の扉がサウナ、右側の扉は露天風呂への出口です

更衣室にあるウォータークーラーがシックでお洒落だなと思ったら、amadana製でした

 

温泉の成分が気になる方はご参考に!明礬温泉と同じようです

アクア

営業時間 11:00 ~ 19:00 (L.O 18:30)
席数 36(屋内_ソファ16、屋外_サンベッド12、ソファ8)

また風呂上がりにはアクアというラウンジスペースがあります

夏の時期はスムージーやカクテルが飲めるようです

夏らしくモエ・エ・シャンドン・アイス アンペリアルが置かれています。土曜日夜には「ホワイトラグーナジャズ by モエ・エ・シャンドン」とイベントが開かれており、プールサイドでジャズミュージシャンの生演奏が行われており、シャンパンを飲みながら楽しめるようです。

このような書籍も用意されています

 

マッキントッシュの真空管式アンプが目立つJBLを代表するスピーカーシステムParagonが置かれています。おいくらするんでしょ…

フィットネスセンター

■利用可能時間
7:00~19:00
■料金
会員制 / 宿泊者…無料
※スポーツ用品(シューズ、シャツ、短パン)は有料にて貸出し
※16歳未満は安全上の理由により、保護者同伴でも利用不可

ジムはプールを挟んで、温泉と反対側にあります

下の写真、プールの奥右手に見えているガラス張りのスペースがフィットネスセンターになります。

 

雄大な景色を見ながら運動できます

各種マシンやフリーウエイトのコーナーもあります

バランスボールもあります

タオルやミネラルウォーターはありますので部屋から持参する必要はありません

体脂肪率や体脂肪量を測定できるBody Plannerもあります

2020年夏は新型コロナウイルス対応で24時間営業でなく、9時~19時しか利用できません。利用者がいなくてもスタッフの方がこまめに消毒されていたので消毒対応のための営業時間短縮と思われます。

インフィニティプール

利用可能時間
9:00〜21:00 (※冬季期間9:00〜18:00)
■料金 *温泉利用含む
• 宿泊:無料
• 日帰り:平日 4,500円土日祝日 5,500円
■備考
• 要水着着用。ホテルにて販売もあり。
• 水温…27℃  (冬季の利用も可能)
• 10時から11時の間は更衣室の清掃のため、プールやジムを利用する場合は客室内での着替えが必要
• 水温は、日本水泳連盟による「プール公認規則」にて推奨される温度
• 12歳以下の利用は
– 宿泊:保護者同伴にて利用可能
– 日帰り: 利用不可
– 9:00 – 17:00 に利用可能

別府の景色を一望できるプールもあります

反対側にはジャグジーもあります。別府の湯けむり、別府湾、高崎山が一望できます

こんなスペースもあり飲食もできるようです

カバナ

公式サイトには以下のような記載があります。

「プールサイドにあるカバナは、シャンパンやフルーツなどを楽しみながら、少人数でご利用いただける特別なプライベートスペースです。」

夜のプールはとても雰囲気がいいですね

ハーンヘリテージスパ

タイの高級ブランドHARNN(ハーン)のスパがあります

営業時間
月曜日~金曜日:12:00-21:00
(受付は午後8時30分に閉まります)
土・日曜日:12:00-22:00

詳細については以下のリンクからどうぞ!

2階

ロビー&レセプション

高い吹き抜け、別府市内を見渡す大きな窓が印象的なロビーです。

竹細工の大きなオーナメントが素敵です

別府石が用いられた壁面もいいですね~

別府を望む大きな窓の前のソファーに座ってチェックインできます

レセプションは金色で目立ちます

吹き抜け上から見るとこんな感じです

素敵な空間なのですが、新しく作った割には柱の配置が微妙だったり、何だかバランスが悪いなぁという印象でした。IT企業「オーリッド」(O-RID)の研究施設を改装したものだと知り納得しました。

リゾートセンター

スタッフの方がいらっしゃっておそらく観光の相談などができるコンシェルジュのようなコーナーと思われます。

ソファーなどがありくつろげるスペースになっています

またこのように書籍も置かれています

ブティック

2Fブティックでは、ゲストルームのアメニティをはじめ、TWG teaの紅茶や厳選したスイーツ、地元の伝統工芸品や調度品などお土産にふさわしい商品を取り揃えております。
シグネチャーアイテムでは、かぼすなどの柑橘類やハーブをブレンドした100%天然成分由来のエッセンシャルオイルやマスコットキャラクターの「モモファン」なども取り揃えております。
<商品一例>
・竹細工の家具や小物 ・小鹿田焼き、小石原焼きのお皿 ・HARNN、Agrariaのアメニティ
・TWG Teaの紅茶 ・菓子類(ピエールエルメなど) ・浴衣 ・竹かご
・アロマオイル ・バスソルト ・モモファン など
■営業時間
9:00〜18:00

竹細工の小物やTWGの紅茶などが置かれています

部屋に置かれている浴衣や竹かごも販売されています

浴衣はなんと18000円でした…

TWGの紅茶は種類が豊富です

ザ・ラウンジ

ちょっとしたお茶、アフタヌーンティーを楽しめるようです。ホテルの雰囲気を楽しみに訪れるにはこちらでティータイムというのが一番お気軽になりそうです。

営業時間 10:00~18:00 (L.O 17:45)
アフタヌーンティー4部制_13:00~、13:30~、15:30~、16:00~
*利用時間120分 *要予約
2階ロビーラウンジフロアにある「ザ・ラウンジ」では、バリスタが淹れるコーヒーやシンガポール発のラグジュアリーブランドTWG Teaの香り高いティーやハーブティーなどをお楽しみいただけます。他にも、オリジナルのアフタヌーンティーやケーキセット、そしてグルメなお食事などもご用意しております。お待ち合わせや、語らいの場としてご利用ください。

 

3階

インターコンチネンタルラウンジ

いわゆるエグゼクティブラウンジです。後ほどご紹介しますがクラブインターコンチネンタルルーム、スイートルームに宿泊すればクラブアクセスがつきます。デラックス、プレミアム宿泊の場合にクラブアクセスをつけるのは1室あたり20000円/泊の追加料金が必要とのことです。

Club InterContinental Lounge(クラブインターコンチネンタルラウンジ)のサービスに内容については以下の記事をご参照下さい

ザ・ギャラリー

いわゆる宴会場や会議室です

4階

レストラン&バー

ダイニングエリアは複数のレストラン&バーで構成されています

朝食からランチ、ディナーまで利用できるオールデイダイニング「エレメンツ」
営業時間 7:00~21:00
・朝食   7:00~ 10:00 (L.O 9:45)
・ランチ  11:30~ 14:00
・ディナー 18:00 ~21:00 (L.O 20:40)
・アラカルトメニュー 14:00~18:00
席数 110(室内86、テラス24)

朝食

エレメンツでの朝食ブッフェの様子は以下の記事をご参照ください

ランチ

平日 ¥4,000
土曜日と日曜日および祝日 ¥4,500

前菜盛り合わせと選べるメイン、デザートのセット

Elements-lunch

ディナー

エレメンツ オーダーブッフェディナー ¥5,900

前菜盛り合わせと選べるメイン、デザートのオーダーブッフェ

Elements-dinner

お盆など繁忙期は特別メニューになるようです

Elements_Dinner_Semi-buffet_Obon_8.7_8.16_with-price
オープンキッチンを目の前にしたカウンターの「アトリエ」
営業時間 17:00~21:30 (L.O 21:00)
(2回転制17:00~、19:30~)
席数 21(カウンター)

ディナー

11300円

アトリエ11300
ジャパニーズウィスキー、日本酒、日本製のジンなどが中心の「バー」
営業時間 19:00~23:00 (L.O 22:45)
席数 23(室内13、テラス10)

開業時はフラリシングフォレストというオリジナルカクテル(2300円)を頂きました(2020年夏時点ではメニューからなくなっています…)!シャンパンベースでジャパニーズクラフトジン、カボス、シュガーシロップが入ったものでした。

スポンサーリンク

インターコンチネンタル別府の客室の様子は?

ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパの客室の様子は以下の記事をご参照下さい。

スポンサーリンク

最後に

ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパは日替わりで楽しめる檜と岩の2つの違った雰囲気の温泉浴場、別府の景色を一望できるインフィニティプールなど共用施設も魅力的ですのでご紹介しました。宿泊しなくてもアフタヌーンティーやランチ、スパなど日帰りでも楽しめます。共用施設もこだわりの素晴らしい空間ですので、是非一度訪れてみて下さい。

スポンサーリンク
おすすめの記事