【大阪グルメ】裏なんばのおすすめ立ち飲み屋8店舗まとめ

大阪裏なんばで個人的におすすめの立ち飲み8店舗の場所、店内の様子、メニュー、おすすめメニュー、営業時間などをご紹介します。大阪ミナミの「裏なんば」は今大阪で最も熱いエリアのひとつです。女性でも入りやすくコスパのいい店舗が多く、立ち飲みデビューには最適ですし、立ち飲みマスターの方も満足できるお店が多いですから、是非難波にお越しの際に訪れてみて下さい!

スポンサーリンク

裏なんばとは?

大阪のいわゆる「ミナミ」の一部エリアを指します。

北は千日前から南はなんさん通り、東は黒門市場から西は高島屋あたりまでの界隈を指します。下の地図で黄緑に塗りつぶされているエリアが「裏なんば」と呼ばれています。

「ウラなんば」(https://uranmb.com/)よりお借りしました

以下のリンクのページに「裏なんば」の成り立ちが載っており引用します。

ウラなんばの始まりは2010年。
当時は道具屋筋や家具屋通りの倉庫がならび、キャバレーの電飾が光るエリアでした。

個人飲食店の店長が「このエリアの飲食店を盛り上げていこう」と始まったウラなんば。
当初は堺筋から一本西の通り周辺からはじまり、堺筋を挟んだ黒門市場周辺の店舗と広がっていったという経緯があります。

最初にできた「ウラなんばマップ」にのっている飲食店の数はわずか11店舗。
もちろんまだ「ウラなんば」と言っても周囲にはまったく伝わらず「いつかタクシーに”ウラなんばまで!”で通じるようにできたらええなぁ!」と話していました。

そこから1年ごとに店舗数は増え、今では加盟店舗ではなくエリアそのものがウラなんばと言われるようになりました。

裏なんば文化祭という街バルイベントが開かれたり

グルメ雑誌meetsで特集が組まれたり

いつの間にかメジャーな名称となり「裏なんば」というだけで多くの人がどのあたりを指すのか説明しなくても認識されるようになりました!

そんな裏なんばで私がおすすめする立ち飲みをご紹介したいと思います!女性でも行きやすいお店を選んでおりますので老若男女問わずおすすめのお店となっています。下のマップの☆マークが私がおすすめするお店の場所になります!

魚屋ひでぞう 立ち呑み店

一言で言うと「魚が美味しい立ち飲み

平日でも早い時間から席が埋まっています。店の手前半分が禁煙エリア、奥半分は喫煙エリアとなっており、禁煙エリアから埋まることが多いです、禁煙エリアが満席でも喫煙エリアは空いていることが多いです。

営業時間

17:00~24:00(L.O)

定休日

水曜日

食べログ

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅

フードメニュー

メニューは以下の画像のような感じです。こちらのお店は創業者が築地市場でバイヤーをされていたそうで「魚屋」という名前の通り今でも魚の卸売りをされており、市場から仕入れた鮮魚が中心でメニューも日替わりです。個人的な感触としては半分くらいが日替わりと感じています。

ドリンクメニュー

ドリンクメニューは以下の通り!生ビールが350円と安い!また日本酒が豊富で僕は1杯目ビール、2杯目日本酒を飲むことが多いです

おすすめメニュー

魚屋ひでぞう 立ち呑み店に来れば注文必須なのは「刺身盛り合わせ5種(650円)」です!

下の写真のように大きめの刺身が2カンずつ5種類盛り合わせとなっており2人でシェアしても満足できます。

他のメニューは高くても600円はしないです。海鮮系の高めのメニューの方がお得感が強い印象を個人的には持っています。私はいつも刺身以外に2~3品つまんでさっと出ることが多いです。

スポンサーリンク

スタンドあじと

一言で言うと「おしゃれな洋風立ち飲み

私個人が大好きな裏なんばの「DININGあじと」の系列店です。あじとグループは裏なんばに数軒お店を出しており高島屋にもお店を出しておられます。

入口のフクロウが目印です。「立ち飲み」というよりは「スタンディングバー」と呼んだ方がしっくりくる感じで女性客の比率も高いお店です。

営業時間

16:00~23:30(L.O.23:00)

定休日

不定休

食べログ

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅

フードメニュー・ドリンクメニュー

フードやドリンクのメニューは以下のような感じです。

おすすめメニュー

こちらに来ると1杯目は「ヴーヴ・クリコ イエロー・ラベル・ブリュット(VEUVE CLICQUOT YELLOW LABEL BRUT)(780円)」を飲みたくなります。量は多くなくお得感はそれほどありませんが…

フードのおすすめは「特製スタンドの盛りもり(680円)」!下の写真のように5種類くらいの前菜が盛り合わせになっています。ちょっとずついろいろ食べられるので一人の時にありがたいです

物足りずがっつり食べたい時は「130g鉄板ステーキ(880円)」、シメのごはんものを食べたい時は「あじとのカレー(390円)」を頂きます。

丑寅

一言で言うと「裏なんば最強立ち飲み

酒のラインナップはもちろん、立ち飲みレベルを超えた手の込んだアテ、お店の雰囲気、コスパどれを取っても満足度が高い立ち飲みでまさに裏なんばを代表するお店です。裏なんばらしいビニールシートのお店です。満席でないことは見たことないくらい早い時間から常に混んでいます。アテが美味しく立ち飲みレベルを超えています!また5人以上のお客さんは入店できないなど1人や少人数で静かに飲みたい時にいいお店です。

営業時間

月~金:17:00~23:00
土:16:00~23:00
日:16:00~22:00
祝:16:00〜22:00
※ 休前日の日祝は23:00まで

定休日

なし

食べログ

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅

ドリンクメニュー

ドリンクメニューは下のような感じです。日本酒は日替わりで関西地方のものが多く「香」「辛」「生」「旨」の4ジャンルでその日のおすすめが掲示されており注文しやすいです

フードメニュー

フードメニューは以下のような感じです。何度も繰り返しますがどれも美味しくちょっと手が込んでいて立ち飲みレベルを超えています!

カウンター冷蔵ケースの中の魚も気になりますが、冷蔵ケース上のおばんざいが美味しそうで目移りします

おすすめメニュー

必食の「柚子なめろう(450円)

ユズの香りがしっかりとしていてお酒が進みます

酒肴3種盛(500円)」も値段の割にはボリュームがあり、ちょっとずつ3種類頂くことができるので1人の時は必ず注文します。

この日は「湯蛸生七味あえ(400円)」も注文しましたが美味しかったです

虎徹

一言で言うと「一人飲み天国の隠れ家立ち飲み

お店の前には「ひとりで静かに飲みたい方の酒場です」と明記されており、3人組以上は入店できません。周りでわいわいされると一人飲みはちょっと寂しくなることもありますのでこういう立ち飲みは個人的に嬉しいです。前述の「丑寅」の姉妹店のようです。

営業時間

月~土:17:00~23:00
日:15:00~21:00

定休日

なし

食べログ

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 近鉄日本橋駅日本橋駅難波駅(南海)

フードメニュー

店内の黒板に書かれています。暗くて見にくいのが難点です(笑)高いものでも500円以下ですし、どれも美味しいです。

ドリンクメニュー

ドリンクメニューは下のような感じです。ビールは瓶ビールのみとなります。日本酒のおすすめが店内に掲示されていますが暗くて遠くて写真は撮っていません(^^;)

おすすめメニュー

こちらのお店に来ればいつもお造りか鰹のたたきを注文します。

かつおたたき(450円)

この日は「水茄子とトマトのゆず胡椒オイル(300円)」を頂きました。水茄子がみずみずしくて、柚子胡椒が甘味を引き立てます。シンプルながら美味しかったです

店内はちょっと薄暗くて落ち着いた大人の雰囲気です。ほとんどが一人客で皆さん静かにお酒を飲みアテをつついていて、静かな大人の酒場という感じで一人でしっぽりと飲むにはふさわしく僕は大好きです

にと

一言で言うと「料理が立ち飲みのレベルを超越した立ち飲み

レトロな木造の長屋で「ゆ」の暖簾がかかりノスタルジックな雰囲気です。立ち飲みと知らなければ一瞬入るのを躊躇う外観です。

営業時間

18:00~24:00

定休日

火曜日、水曜日

食べログ

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 近鉄日本橋駅日本橋駅難波駅(南海)

足元の看板を見ると間違いなく立ち飲みであることが分かります。

店内もレトロな家具にメニューがペタペタと貼られており、その上には酒瓶が所狭しと並べられておりいい意味でごちゃごちゃしています。しかし、長居したくなる落ち着いた空間です。

フードメニュー

フードメニューは以下のような感じです。和洋、創作系と豊富なメニューですが500円を超えるメニューはなくリーズナブルな価格設定です。

ドリンクメニュー

ドリンクメニューは下のような感じです。常にあるメニューも一緒に写真を撮りました。

おすすめメニュー

ローストビーフ(400円)」は必食です!三種のソース(デミグラスソース、ポン酢、醤油)で頂きますが400円と思えないレベルと量です。

ポキキムラくん(400円)」もおすすめです。漬けマグロとキムチ、わかめがサラダと共に和えられておりボリュームもなかなかで、ピリ辛のためお酒が進みます。

マスターは元フレンチのシェフだそうで、立ち飲み屋で出てくるレベルではない料理がリーズナブルな価格で頂くことができるのも納得です。

アンケラソ

一言で言うと「入店困難なホルモン立ち飲み

裏通りに面した雑居ビルの2階にあります。知らなければなかなかこんな階段を上っていく勇気は出ません(笑)

お店の入り口はこんな感じです。常に満席でお店前のテーブルも埋まっているのが常です。

営業時間

17:30~翌0:30(L.O.23:30 ネタ切れ仕舞い)

定休日

火曜
祝日の場合は営業

食べログ

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 近鉄日本橋駅日本橋駅難波駅(南海)

お店の中は鰻の寝床のような感じです。

フードメニュー

フードメニューは以下のような感じです。ホルモンが中心です。

ドリンクメニュー

ドリンクメニューは下のような感じです。おすすめメニューのところに出した写真のようにビールが小ぶりなマグカップなのが残念です…ホルモンでガンガンビール飲みたいんですけどね

おすすめメニュー

まず注文するのは「生センマイ(500円)」!

この値段で臭みもなく新鮮な生センマイを美味しく頂けるのはいいですね~

またこちらも必食なのは「ホルモン煮込み(400円)

具だくさんで柔らかく、甘辛いタレでお酒が進みます

もちろんホルモン焼きも必食です。この日は「赤セン(タレ)(350円)」を注文!タレが濃厚でお酒が進みますね。

立呑み「最」

一言で言うと「女性にもオススメの日本酒立ち飲み

こちらのお店は店員さんも女性で女性が入りやすいお店です。女性が多いためかナンパが多くなったため一時期「店内声掛け禁止」の貼り紙がありました。逆に言うとそれくらい女性が入りやすく人気ということですね(笑)

営業時間

月~金:17:00~23:00(L.O.:22:30)
土:17:00~23:00(L.O.:22:30)

定休日

日曜日、祝日

食べログ

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅

フードメニュー

フードメニューはなく店内の短冊を見て注文します

酒の肴3種とその日の日本酒で500円というレディースセットもあります

ドリンクメニュー

日本酒しかないのが特徴です。日本酒は基本的にはメニューがなく店内冷蔵庫の中を見て注文します。瓶に値段が張ってありますので分かりやすいです。

一部日本酒については下記のような飲み比べセットがあります

おすすめメニュー

こちらのお店は調理スペースが狭く手の込んだアテは多くありません。フードというよりは日本酒を楽しむお店です。

この日は以前から気になっていた「メガネ専用」を頂きました

フードはこの日はちょっとずつつまみたい気分だったので酒の肴4種盛を注文しました

枝豆、醤油の実と豆腐、ツナスパサラ、いぶりがっこ

兵吾

一言で言うと「日本酒をちょっと飲みたい時に行く立ち飲み

営業時間

14:00~22:00(L.O21:30)

定休日

不定休

食べログ

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 近鉄日本橋駅日本橋駅難波駅(南海)

フードメニュー

こちらはお店が狭く調理スペースもないためアテも出来合いのものがほとんどです。

ドリンクメニュー

以前は奈良の日本酒「風の森」がメインだったのですが現在風の森は1種類しか飲めず残念です。現在は「白真弓」という岐阜県 飛騨古川のお酒がどちらかというとメインになっています。

おすすめメニュー

基本的には日本酒を楽しむお店で前述のように手が込んだアテはありません。この日は「肉キムチ寄せ豆腐」を注文しました。

店員さんが女性で着かず離れずの適度な接客が心地よいお店です。風の森の種類が減ってからは個人的には足が遠のいております…

最後に

大阪で一番熱いエリア裏なんばで私個人がおすすめする立ち飲み店をご紹介しました!宴会前に軽く1杯とか、何軒かはしごしてちょっとずつええとこどりをするとか、飲み足りない時に1軒寄って帰るといった多彩な使い方ができるのがいいところです。老若男女問わず立ち飲みデビューにもおすすめですので難波にお越しの際は是非!

スポンサーリンク
おすすめの記事