奈良でUber Eats(ウーバーイーツ)が開始!大阪や兵庫でもエリア拡大!
スポンサーリンク

飲食デリバリーサービス「Uber Eats (ウーバーイーツ)」が2020年6月25日とうとう奈良でもサービス開始となります。また、大阪府北摂エリアや兵庫県西宮市・伊丹市・姫路市にもエリアが拡大されます。Uber Eatsの使い方を詳細に解説し、お得にお試しできる割引やメリット、デメリットを説明します。

奈良県奈良市と大和郡山市の一部でUberEatsサービス開始

2020年6月25日奈良県奈良市でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達と注文のサービスが開始されます!下のエリアマップを見ていると大和郡山市の一部もエリアに含まれそうです。

スポンサーリンク

大阪や兵庫でもUberEats利用可能エリアが拡大!

2020年6月25日に大阪府の吹田市摂津市高槻市茨木市池田市、兵庫県の伊丹市西宮市(一部)でUber Eats(ウーバーイーツ)のフードデリバリーサービスが同時に開始されます。また、2020年6月30日には兵庫県姫路市でUber Eatsのサービスが開始されることが発表されました。

吹田市、摂津市、高槻市、茨木市、池田市など北摂エリアに広がり、大阪ではUberEats利用可能エリアが一気にぐっと広がりました!

また兵庫でも伊丹市、西宮市、姫路市と人口が多い都市で利用可能となりました

 

これを受けて2020年6月25日以降の大阪府のUberEats利用可能エリアは以下の通りになります。

大阪市の中心部(24区全て)・豊中市・吹田市・東大阪市・八尾市・堺市・松原市・藤井寺市・高石市・門真市・大東市・守口市・高石市・寝屋川市・枚方市・交野市・吹田市・摂津市・茨木市・高槻市・池田市

また2020年6月30日以降の兵庫県のUberEats利用可能エリアは以下の通りになります。

神戸市の中心部(中央区・兵庫区・灘区・長田区・須磨区・東灘区)・芦屋市・西宮市・尼崎市(一部)・伊丹市・姫路市
スポンサーリンク

まずUber Eatsアプリをダウンロードしましょう!

Uber EatsはPCからも注文はできますが、割引クーポン(プロモーションコード)はアプリでのみ適用となります。ですからスマホアプリのダウンロードを行ったほうが便利でお得です。AppStore, GooglePlayの両方のストアに対応タブレットやiPod touchでも利用可能です。
Uber Eatsアプリは以下のリンクからダウンロードできます!
 【a】Uber Eats オーダープログラム

UberEats

プロモーションコードを入れることで割引があります。手持ちのプロモーションコードがない方は「eats-f35ky」を入力して下さい!1400円以上の注文が1200円割引となるクーポンをゲットできます。

アプリをダウンロードしたらまず登録!

配車アプリの本家Uberのアカウントを持っている方は、Uber Eatsでもアカウントをそのまま利用できますのでサインインしましょう!

初めての方は画面最下部の「登録」から進みましょう。

電話番号を入力
SMSで4桁の数字が送られてくるので入力
メールアドレスを登録
メールが送られてくるのでメール内のリンクをクリック
パスワードを作成
名前を入力
利用規約と個人情報保護方針に同意
登録完了

Uber Eats (ウーバーイーツ)の使い方

①配達希望場所の入力

下のスクショのように届けてほしい場所を入力します。住所でもOKですし、施設名を入れると候補が表示されます

届け先は自宅、ホテル、職場など配達エリア内ならどこでも指定できます。Uber Eatsは、スマホやタブレットで注文できるので必ずしも屋内や建物である必要はなく、例えば公園や学校などのパブリックスペースにも届けてもらうことが可能です。

 

一応GPS機能でだいたいの位置は把握できますが、GPSはずれることもありますし、細かい住所の指定が難しいので、屋外の場合は特に注文時に詳しい具体的な場所や目印をメッセージに入れる方が間違いないでしょう。

② レストランと料理の選択

下部メニューアイコンの左端にある家型アイコンをタップすると、近隣のUber Eats 登録店舗が表示されます。下にスクロールしていくと、

「Uber Eatsの新着(新しくUber Eatsに加わったお店)」
「20分未満(比較的配達の時間が短い・すぐ届く店舗)」
「お近くの人気スポット」
「○○で注文したユーザーが利用しているその他のお店」
「日本料理の人気レストラン」
「¥220で配達」
「レストランをもっと見る」

などいろいろなテーマで配達可能なお店が表示されます。

上部の「フィルター」をタップすると、人気順、評価順、配達時間順、料金や配達料の安い順などの並べ替えが可能です。

アプリ画面下の「虫眼鏡マーク」をタップすると、「ハンバーガー」「丼もの」「洋食」「ピザ」などなどジャンル別で探せる画面になります。

 

店舗一覧が表示される画面では、評価、配達手数料、配達に要する時間、メニューを確認することが出来ます。

商品が決まったら、カートに入れます。

最後に注文内容を確認します。

プロモーションコードをお持ちの場合は、プロモーションコードを入力すると割引が適用されます。

お持ちでない場合は「eats-f35ky」を入力すると、1400円以上の注文が1200円割引となるクーポンをゲットできます。

割引用のクーポンは自動で適用され、割引されて合計金額が表示されます。

合計金額を確認すると注文が完了します!

③ 注文後、お店が料理を準備

注文が入るとお店が調理を開始します。お店はタブレットなどで注文を確認するようです。

④ 配達パートナーがお店で料理をピックアップ

Uber Eatsに登録した配達パートナーがお店に料理をピックアップしに行きます。

⑤ 配達パートナーが指定場所まで配達

配達パートナーの配達状況がリアルタイムでスマホアプリで確認できるのが興味深いです。
普通のデリバリーとUber Eatsが大きく違うのが配達状況を把握できる点ではないでしょうか?遅いなぁと思ってもお店をすでに出ているのかどうかわかれば気持ちも違うでしょうし、配達パートナーが迷っていると思えば連絡を取ることが可能です。実際私の場合は配達パートナーの方が建物を迷ってぐるぐるしているのが分かったので直接メッセージを送ったことがあります。通知設定をONにしていると商品が店舗から配達員に渡った時に最初の通知、到着1〜3分前にもう一度通知があります。


地図上を自転車のアイコンが移動していきます。え、こんなに遠いのにあと3分で着くの?と思うこともありますが…

⑥到着したら受け取るだけ

代金支払いはアプリでのクレジット決済なのでお金のやり取りをしなくていいのも便利な点です!大きなカバンを担いだ配達パートナーの方が到着したら「ありがとうございました!」と受け取るだけです

 大阪エリア限定で現金支払いにも対応していた時期もあります(実験中?)ただし現金払いに対応している配達員が少ないことに注意が必要です

⑦評価する

受け取りが完了すると、アプリで配達パートナー、料理、お店の評価をすることができます。スキップもできますし、何かある場合はメモを追加することもできます。特に問題なければGOODを押してあげましょう。相互評価がUberのシステムの肝ですので!

Uber Eats (ウーバーイーツ)の割引クーポンコード

Uber Eats (ウーバーイーツ)には初回利用時限定の割引クーポンが用意されています。
下部メニュー右端の人型アイコン→「プロモーション」→上部の「プロモーションコードを追加」をタップするとプロモーションコード入力画面となります。
もしプロモーションコードをお持ちでなければ「eats-f35ky」を入力して下さい!1400円以上の注文が1200円割引となるクーポンをゲットできます。

Uber Eats (ウーバーイーツ)のメリットとデメリット

Uber Eats (ウーバーイーツ)のメリット

屋外を含め好きな場所まで配達してくれる
一品から遠慮なく注文可能(最低注文金額の設定がない)
配達が早い
アプリでのクレジット決済なので金銭のやり取りが不要
リアルタイムで到着時間がわかる
料理だけでなくデザートやドリンクのお店もあり選択肢が豊富

Uber Eats (ウーバーイーツ)のデメリット

対応エリアが限られている
配達料が別途かかる
クレジットカードがないと使えない(大阪など一部地域では現金払いの選択肢もあり)
商品の価格が割高(Uberに支払う分を乗せている)

トータルするとUber Eats (ウーバーイーツ)は便利なのでリピートしています

大阪でも2018年4月に利用可能となりました。試しに使ってみると今まで出前に対応していなかったもののよく食べに行っていたお店(ジョニーのから揚げ、大戸屋、ケンタッキーフライドチキンなど)の料理を自宅で食べることができる便利さにハマってしまいました。お店で食べるより割高ですが、子供を連れて電車やバスに乗る手間や運賃、混雑する時間はお店での待ち時間、夕食時は夫婦ともアルコールを飲みますのでお店で飲んだ時の値段などなどを考えると週末で出かけるのが億劫な時なんかは外食よりは手間やお金の面から本当にありがたいです。

最後に

Uber Eats (ウーバーイーツ)が2020年6月から奈良でも利用開始になり、大阪や兵庫でもエリア拡大しましたのであらたっめてUber Eatsの使い方、割引、メリットやデメリットをご紹介しました。

スポンサーリンク
おすすめの記事