IHGポイント宿泊のバーゲンセールであるポイントブレイク(PointsBreaks)が発表になりました。今回のポイントブレイクの予約、そして滞在期間は2019年2月28日までとなっています。今回のポイントブレイク対象となった気になる日本のホテルは?

スポンサーリンク

IHGポイントブレイクとは?ルールは?

IHGポイントブレイク(PointBreaks)とは?

ポイントブレイクはIHGのポイントを最もお得に活用できる方法の一つで、簡単に言うとポイント宿泊のバーゲンセールです。「PointBreaks」に設定されたホテルでの無料宿泊の必要ポイント数が期間限定で割引され、5000ポイント、10000ポイント、15000ポイントで無料宿泊が可能となります。2018年1月から無料宿泊の必要ポイント数がそれまでの5000ポイントから5000~15000ポイントの3パターンに増加した分、対象となるホテルが増え、インターコンチネンタルが15000ポイントで対象となることがあります。

今回のポイントブレイクは日本国内では

ANAクラウンプラザ松山(5000ポイント)

ANAクラウンプラザホテル宇部(10000ポイント)

ANAクラウンプラザホテル広島(15000ポイント)

が対象となりました。
今回のポイントブレイクの滞在期間は2018121日から2019228日までまでとなっています。

日本語のホームページは以下のリンクをご参照ください

しかしながら上記日本語ホームページは更新が遅いのでもし表示されない場合は以下の英語版からリストをご参照ください。

日本以外の対象ホテルだと10000ポイントでインターコンチネンタルがいくつか出ています。

COLOMBIA
InterContinental Cali
InterContinental Medellin

コロンビア(^^;)カリもメデジンも首都ボゴタに次ぐくらいの規模の都市だそうですが安くてもコロンビアに行く勇気はなかなか出ません…

15000ポイントで泊まれるインターコンチネンタルは

KENYA
InterContinental Nairobi

VIETNAM
InterContinental Phu Quoc Long Beach Resort

前回に引き続きベトナムのインターコンチネンタルが出ていますね!

ベトナム最後の秘境と言われるフーコック島は一度行ってみたい場所ではあります。しかし、行けそうにないのでこういった記事を見ながらいつか行ける日を夢見ます…

ポイントブレイクの注意点

同一ホテルでのポイントブレイク宿泊は最大2つの予約まで

違うホテルの予約は3予約を超えても可能です

予約可能な部屋は基本的に朝食なしでスタンダードルーム(一般的に最安の部屋)

上級会員特典やアンバサダー特典は規定上付与されない(ただし実状は宿泊先次第)

チェックイン48時間前までキャンセルが可能

キャンセルの場合はポイントがバックされますのでとりあえず抑えておくのも可

予約期限は部屋がなくなるまで

ポイントブレイク用の販売数が売り切れた場合、公式ホームページから削除されます。

ポイント宿泊はキャンペーンなどでの「ポイント付与対象」の宿泊ではない

ただし会員ステータスの「宿泊数」にはカウントされます

最後に

IHGポイントブレイクでの宿泊はかなりお得ですので気になるホテルがあればぜひ一度宿泊してみてください!

ポイントの貯め方や会員制度などIHGリワーズクラブの詳細については以下の記事をご参照ください

ポイントブレイクを使ってANAホリデイインリゾート宮崎に滞在した時の宿泊記は以下の記事をご参照ください

インターコンチネンタルアンバサダー会員については以下の記事をご参照ください

スポンサーリンク
おすすめの記事