IHGポイントブレイクでポイント無料宿泊が普段の半分の10000ポイントで可能だったためANAホリデイインリゾート宮崎に宿泊してきました。オーシャンビューの部屋や宮崎郷土料理などの和食が美味しい朝食の内容、温泉や売店の様子などANAホリデイインリゾート宮崎の宿泊記をご紹介します。

スポンサーリンク

IHGポイントブレイクとは?ルールは?

IHGポイントブレイク(PointBreaks)とは?

ポイントブレイクはIHGのポイントを最もお得に活用できる方法の一つで、簡単に言うとポイント宿泊のバーゲンセールです。「PointBreaks」に設定されたホテルでの無料宿泊の必要ポイント数が期間限定で割引され、5000ポイント、10000ポイント、15000ポイントで無料宿泊が可能となります。2018年1月から無料宿泊の必要ポイント数がそれまでの5000ポイントから5000~15000ポイントの3パターンに増加した分、対象となるホテルが増え、インターコンチネンタルが15000ポイントで対象となることがあります。

今回のポイントブレイクは日本国内ではANAホリデイインリゾート宮崎が対象となりました。

ANAホリデイインリゾート宮崎では無料宿泊には通常20000ポイントが必要ですが、今回は半分の10000ポイントで宿泊できました。この日のツインルームのベストフレキシブルレート(朝食なし)は22000円程度でした。これが10000ポイントで宿泊できるので1ポイント当たり2.2円で使えることになります。IHGポイントは1ポイント0.6円程度の価値ですので、相当お得なのがお分かりいただけるかと思います。宮崎に帰省するタイミングだったのと、ANAホリデイイン宮崎リゾートに宿泊したことがなかったので、家内の実家に宿泊する代わりに宿泊してみました。

ポイントブレイクの注意点

同一ホテルでのポイントブレイク宿泊は最大2つの予約まで

違うホテルの予約は3予約を超えても可能です

予約可能な部屋は基本的に朝食なしでスタンダードルーム(一般的に最安の部屋)

上級会員特典やアンバサダー特典は規定上付与されない(ただし実状は宿泊先次第)

チェックイン48時間前までキャンセルが可能

キャンセルの場合はポイントがバックされますのでとりあえず抑えておくのも可

予約期限は部屋がなくなるまで

ポイントブレイク用の販売数が売り切れた場合、公式ホームページから削除されます。

ポイント宿泊はキャンペーンなどでの「ポイント付与対象」の宿泊ではない

ただし会員ステータスの「宿泊数」にはカウントされます

 

ポイントブレイクで使うのが最もお得なのですが、国内だと対象ホテルは少なくすぐに売り切れてしまうので海外の方が使いやすいかもしれません

ポイントの貯め方や会員制度などIHGリワーズクラブの詳細については以下の記事をご参照ください

ANAホリデイインリゾート宮崎の場所

宮崎駅(下の地図青丸)から車で30分、宮崎空港(下の地図赤丸)から車で15分ほどの鬼の洗濯岩で有名な宮崎の観光名所・青島に位置するホテルです。

宮崎県総合運動公園からも近く、プロ野球読売ジャイアンツ春季キャンプ時の1軍選手の宿舎としても知られているホテルです。

スポンサーリンク

スタンダードツインルーム(海側)

今回はスタンダードフロアでは最上階の7階の部屋にして頂きました。部屋から青島の海を見渡せます。ホテルの前の砂浜では海水浴やサーフィンをしている方がたくさんいました!

大人2人、小学生1人、添い寝の幼児1人で宿泊しましたのでエキストラベッドを入れて頂きました。それでもありがたいことに追加料金はありませんでした。

インテリアはちょっと古い感じですね

冷蔵庫の中は空です

電気ケトルもあります

最近よく見かけるhandyという無料スマホも置かれています

キャビネットの中にはタオルや作務衣が入っています

水回りはちょっと古めの印象です

お風呂については3階に展望温泉大浴場があり使いませんでしたので問題ありません

アメニティはこんな感じです

ポイントブレイクでの宿泊でもウエルカムドリンク頂きました

今回はポイントでの無料宿泊なのですが人数分のウエルカムドリンク券を頂きました。会員本人はアルコールもOKのドリンク券、あとの2人はソフトドリンクのみのドリンク券でした。

せっかくなので2階のカフェ&バー リップルでジントニックを頂きました!

また部屋には宮崎のお菓子も用意されていました。こちらも会員特典のウエルカムギフトだったのでしょうか?

朝食の内容をご紹介します

今回はポイントでの無料宿泊ですので朝食がついていませんでした。僕は無料宿泊の場合でもチェックアウト精算時にゼロ円というのはなるべく避けるようにしており、朝食やルームサービス、ミニバーなど何らかの料金が発生するようにしています。今回は朝食を食べることにしました。

朝食は大人 1,782円 / 小人 1,247円と書かれていますが精算された料金を見ると宿泊客はもう少し安くなるようです。今回はANAグループ優待券(株主優待冊子)に入っているIHG・ANAホテルズグループジャパンで使用できる「レストラン・バー10%割引券」を用いました。

ANAグループ優待券(株主優待冊子)についての詳細は以下の記事をご参照ください!

朝食は地下1階のラグーンテラスが会場なのですがこの日は7時過ぎで満席ということで1階の龍王に案内されました。ラグーンテラスを見下ろす席で頂きます。

料理の内容は全く同じということでした。

では朝食の内容をご紹介していきます!
サラダ

ホットミール
定番のウインナー、ベーコン、スクランブルエッグ

パスタ、ポテト、筑前煮
目玉焼き、ハム
パン、ワッフル

パンケーキ

ホリデイインの焼き印が入っています

焼き魚

豆腐、味噌汁

こちらには和食とともに宮崎の郷土料理が並べられています

温泉卵、卵焼き、焼き茄子、お浸し

宮崎の郷土料理その1
冷汁

冷汁とは焼いたあじ、イワシなどの近海魚をほぐし、焼き味噌をのばした汁に、豆腐、きゅうり、青じそなどの薬味を入れてアツアツのご飯にかけて食べる夏の名物料理です。

宮崎の郷土料理その2
飫肥天

さつま揚げに混じって飫肥天があります

飫肥天とはイワシ、アジ、シイラ、サバ、トビウオ、サワラなど日向灘の近海でとれる大衆魚を丸ごとすり身にしたものに豆腐を混ぜ、味付けに味噌や醤油、黒砂糖を加えて揚げて作ります。見た目は薩摩揚げに似ていますが、豆腐が入っているため薩摩揚げに比べて柔らかく、ふわりとした食感で、少し甘めで独特の味わいがあります。上の写真では右上のものが飫肥天になります。

御飯の友が豊富です

ご飯の横には肉味噌もあります。肉味噌も宮崎ではよく食べられるもののようで宮崎出身の家内は関西に来て肉味噌がポピュラーでないことに驚いていました(笑)

ヨーグルト、シリアルやフルーツ

最初に取ってきたのはこんな感じです。

こちらの朝食は洋食に焼き立てのオムレツなどがないのもあり、冷汁や飫肥天などの和食がとても美味しくて和食中心にたくさん頂きました!特にこの時期は冷汁が最高ですね~さらさらとご飯を食べることができます。

展望温泉大浴場

3階には温泉があります

温泉内部は写真が撮れないので公式ホームページから引用します

オーシャンビューで景色もよく、少しぬるぬるとした温泉は温度もよく気持ちよかったです

Zaboonすとあ~

ホテル1階にはショップもあります。

シーズンであり浮き輪や水着などのマリンレジャーに欠かせないアイテムも売られています

コンビニとほぼ同様の値段で飲み物や食べ物も売っています。ホテルから最寄りのコンビニは歩いて行くには遠いのでありがたいです。

宮崎土産の種類も豊富です。僕はこちらで職場へのお土産を購入しました。

サンダルやサングラスなどレジャーに用いるアイテムもたくさんあります

アクティビティも楽しめる

ジェットスキーやバナナボートだけでなくサーフィンスクールやボディボードスクールなどもあり宮崎の海でのアクティビティも楽しめるようです。

またセグウェイやヨガなど陸でのアクティビティもあるようです。

今回は時間がなかったのですがこういったアクティビティは南国宮崎らしい体験ができてよさそうです。

最後に

水回りや設備など少し古い感じのホテルですが、景色がよくて温泉もあり宮崎郷土料理も出る朝食が美味しかったので思っていたよりは快適に過ごせました。また機会があれば宿泊して今度はセグウェイなどのアクティビティにも挑戦してみたいと思います。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事