今回は深夜便でシンガポールに行きました!0:20羽田発→6:30シンガポール着のNH843便です。今回はホテルを予約しない0泊18時間シンガポール滞在の修行でしたのでシンガポールチャンギ空港に到着してからシャワーを浴びて身支度をして着替えを空港で預けてから街へ出たいと思いました。しかし到着時には保安検査通過後の制限エリア(transit area)のラウンジは使えませんし、トランジットホテルを使うのはもったいないと思いました。

プライオリティパスで使える保安検査通過前の非制限エリア(public area)にあるラウンジは1か所しかありません。T3のTHE HAVEN BY JETQUAYのみです。今回使ったこちらのラウンジは到着後シャワーを浴びて身支度を整えるのにとっても便利でしたのでご紹介します。

スポンサーリンク

ANAが到着するTerminal2からの行き方

ANA便はTerminal2に到着しますのでTerminal3まで移動が必要です。Terminal 2とTerminal 3の間のSkytrainは制限エリア(transit area)にしかありません。 非制限エリア(public area)には、Terminal 2とTerminal 3の間にはシャトルバスがある他、Link bridgeという橋があり徒歩で移動できます。今回は僕は徒歩で移動しました。

ANAの案内を見ますと入国審査、税関を通って上の地図の赤丸の場所に出ます。下に示すチャンギ空港の地図で同じ場所に赤丸をつけます。

そこから赤矢印の方向に向かっていくと青丸の「Train to City」「Link Bridge to T3」の表記がありますね。実際の写真で青丸あたりの場所を見てみます!当たり前ですが直進の矢印には「Terminal 3」「Train to City」の表記があります。写真の左側に写っているエスカレーターで地下に降ります。

地下に降りて左側を見ると下の写真のような通路があります。

これを直進するとTerminal3に着くわけです。

下の写真の場所に着くと写真左上の案内のように左側に向かいましょう!すると昇りのエスカレーターがありますので「Arrival Hall」のエスカレーターに乗ります。

もちろんT31階のArrival Hallに着きます。下の地図の青丸あたりです。

このような案内地図もありますので分かりやすいです

上の地図の赤矢印の方向にひたすら真っ直ぐ進みます

すると下の写真のように左側にマクドナルド、右側にガラス張りの部屋が見えます

T3の地図を拡大した下の地図で赤丸がマクドナルド、青丸が目指しているラウンジThe Havenです!

僕の足でT2からここまで10分で到着です。

新しそうでとってもきれいなラウンジです。

ラウンジのサービス内容

受付でパスポートとプライオリティパスを提示します。プライオリティパス利用の場合の滞在は3時間までです。メニューを見せてくれてホットミールは1つ無料だけどいる?と聞かれます。今回は機内食を軽く食べたばかりだったのでパスします。シャワーを使いたいというとカギを貸してくれます。ラウンジ内のWi-fiのSSIDとPASSが書かれた紙も渡してくれました。

受付左奥がシャワールームです。

清潔感がありきれいなシャワールームです。手持ちのシャワーはホースから水漏れがして十分な水量が得られなかったので天井から浴びるタイプのシャワーで汗を流します。こちらは全く問題ありません。

シャワーをして着替えて街へ持っていく荷物と空港に預ける荷物を仕分けしてラウンジへ戻ります。

キッズスペースもありインターネット可能なPCもあります。

奥にはドリンクやおつまみ程度のフードもあります。アルコールは有料ですが十分に感じます。

ホットミールは1品無料ですし、パンやカップ麺もあるのである程度小腹は満たせるでしょう

コーヒーのマシーンもあり温かい飲み物も飲めます

僕はこちらでチケットオフィスが開く8時ころまでゆっくりして旅行ガイドを見たりgoogle mapを見たり観光の最終確認をしました。

深夜便で到着したのでさっと汗を流して少し休憩出来てとても便利なラウンジでした!

スポンサーリンク

結論

チャンギ空港Terminal3のラウンジThe Havenはプライオリティパスを所持していれば無料で使えるラウンジです。シャワーもあり軽食もとれるので深夜便到着時の修行にはとても便利だと感じました

スポンサーリンク
おすすめの記事