現在のプレミアム旅割は他の旅割などと一斉発売になっており搭乗2カ月前の発売ではありません。本記事は現状とはそぐわない内容となっていますがSFC修行の忘備録のひとつとして残していることをご了承下さい。

ANA国内線のプレミアムクラスをお得に利用できる運賃であるプレミアム旅割28 はSFC修行僧なら一度は使うことになるでしょうからすごく人気です。ですので発売が開始される搭乗日から2ヶ月前の午前9:30には予約しようとPCの前で、あるいはスマホ片手に待ち構えておられる方も多いでしょう。しかし、SFC修行をする方が増えたからなのか、土日の沖縄路線などの人気ある便は発売開始直後でも満席となっており購入できないことが非常に多いです。

 

 私も仕事が落ち着いた日は9時半にこっそりと部屋の片隅で着々と修行のための航空券を確保していっております。修行僧の先達方がすでにたくさん記事にされておられますが、私はプレミアム旅割28を最も早く確保するあまりにも有名な方法を多用しております。それは本来の発売日から2週間早く予約を行う方法です。その方法のコツと落とし穴を考えてみながら、私のSFC修行ルートの一部をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 いち早くプレミアム旅割28を確保する方法

 国内線航空券予約のルールは以下の通りです

よってプレミアムクラス運賃の予約開始日時は

搭乗日2か月前9:30から

と決まっています。 しかし、

 搭乗日2か月+14日前の9:30から

購入できる方法があります。

 

 それは

<一括予約サービスについて>

第2区間以降の搭乗日が、第1区間予約取得日の2カ月後の同一日から14日以内の場合は、第1区間のご予約と同時に第2区間以降のご予約を承ります。

という規則を用いたものです。

 

すなわち、

2か月後の第一区間をダミーとして購入し、

その14日後の本命の区間を第二区間以降として購入する

という方法です。1便でも国内線の予約すれば、予約日から2か月と14日以内の便を3便まで追加予約できます。

 

コツ:プレミアム旅割28を最も早く購入する方法

 実際に私が購入した内容をお示しして説明します。

 

 

2か月後の日付で購入した最初の長崎⇒壱岐はダミーです。 なぜ長崎⇒壱岐なのか?それは片道正規運賃でもっとも安いからです。

 

もちろん旅割でも構いません。しかし、旅割は55日前までは取消手数料はかかりませんが、それを過ぎると段階的に30%以上の取消手数料がかかります。

 

 

どうせキャンセルする便ですし、キャンセル忘れで取消手数料がかかるのを防ぐために私は一番安い片道正規運賃である長崎⇒壱岐を使っています。

 

 

そして、右下の「便を追加する」をクリックします。

 

 

その14日後の本命の羽田⇔那覇の往復を予約します。こうしてめでたく狙った日の狙った便のプレミアム旅割28を確保できました。

 

その後、いったん決済しておきます。そして、本命の第2区間以降の日付の2ヶ月前の午前9:30を過ぎたら、第1区間のダミー予約をキャンセルして本命のチケットのみを残します。注意点としては取消手数料はかかりませんが、払戻手数料として 430円/1区間 が発生することです。これは仕方ありませんね。

要するに

第1区間:  2か月後の日付のダミー予約(片道運賃など)

第2区間以降: 2か月+14日後の日付の本命の予約(プレミアム旅割28)

と予約します。

欠点は430円/1区間の払戻手数料がかかることです。

落とし穴:最近はプレミアム旅割28が取りにくい?

しかし、前述のように最近はプレミアム旅割28は競争が激しいです。今書いている本来より14日前に予約する方法を用いても満席のことが多いです。

 

 

特に羽田発は平日でも取れないことが少なからずあります。土日は全く取れません。

 

そして、発売自体ない便もあるようです。

 

 

こちらの便はボーイング737-800でプレミアムクラスの座席は8席あります。プレミアム株主優待割引が8席残っているにもかかわらずプレミアム旅割28は満席となっています。すなわち、プレミアム旅割28の発売自体がないものと推測されます。

 

しかし、関空発は比較的空いています。

 

 

これは4月のとある土曜日の2か月前の空席状況です。しかも発売開始日の夕方なので発売開始してから8時間くらい経過しています。それでもプレミアム旅割28はまだ十分空席があります。もちろん羽田発は満席です…

コツ:株主優待券を使う

プレミアム旅割28が予約できない時にどうしてもプレミアムクラスを使いたい時には「プレミアム株主優待割引」を使います。これはANA株主優待券を用いると正規運賃より半額に割引される運賃です。

 

株主優待券は先月大阪の金券ショップでは4300円で売られていましたが、ヤフオクで期限が近いものだと3500円くらい、複数枚まとめ買いすると3700円くらいで購入できます。

株主優待割引運賃には、

普通運賃の半額で購入できる(場合によってはプレミアム旅割28より安い路線もある)

予約変更が出発時刻まで無料で可能(購入日から90日後の有効期限まで変更可能)

払戻は航空券の購入日〜航空券の有効期間満了日の翌日から起算して10日以内なら可能(出発時刻までは取消手数料無料)

などといったメリットがあります。

 落とし穴:プレミアム株主優待割引を購入する時の組み合わせ

プレミアム株主優待割引を用いる時の落とし穴についてお話したいと思います。僕はこの落とし穴にはまってしまいしばらく航空券が購入できず困ってしまいました。

 

 

上の画像をご覧になってどう思われますか? 僕はこうして航空券を購入しようとしましたが「次へ」のボタンの色が変わっておらず先に進めずに困ってしまいました。

 

よく見ると下に 「「株主優待割引」は他の運賃と組み合わせての予約はできません」 との表記がありました。

 

どうも

株主優待運賃は他の運賃の航空券(普通運賃や旅割など)と一緒に購入できない

ようです。

株主優待運賃購入後にしておくこと

 

 

購入した後は株主優待券をスクラッチしてWEBから株主優待券の番号を登録します。 空港まで株主優待券を持っていくという方法もありますが、株主優待券を家に置き忘れたら大変です。そのリスクを考えると、事前にWEBから登録しておいた方がいいでしょう。その方がスキップサービスも使えて便利です。

 

 この方法を利用すると、2ヶ月と14日前に最も早くプレミアム旅割28を確保することが可能です。SFC修行者の間では常識かもしれませんので、この方法を使っても確保ができないことが増えてきているように思いますが、狙った航空券を確実に取るには必須の方法だと思います。

 

そして、これを使わなくてももっと早くプレミアム旅割28を購入できる方法があります。

 

 

 それはダイヤモンド、プラチナステータスを取得することです。

往路、復路それぞれ通常のご予約開始日(ご搭乗日の2カ月前)より2週間前の6:30から受付開始 となっています。

沖縄、特に八重山の離島が好きなものですから夏休みに狙った日程で石垣や宮古への便をスムーズに予約できるようになる予約の先行受付は是非とも欲しい特典です。私がSFC修行をしているモチベーションの一つです !

修行日程をご紹介します

私が現在までに購入した航空券での修行日程をお示しします。

私の修行の方針は

・同一機材での単純往復はしたくない
(シャイなものでCAさんのおかえりなさい攻撃に耐えられる自信がないww)

・修行の日程があまりとれないので一度に多量のPPを稼ぐべくプレミアムクラス中心にする
(普通席で何往復もする体力面での自信がないのも理由です)

・できるだけ訪問先でゆっくり時間をとりたい
(食いしん坊なものでせっかく訪れたのだから名物を食べる時間くらいは取りたい)

・宿泊はできるだけしない(隠密修行なものですから…)

です。

日程その1

 

 

これはふと調べてみたら偶然関空→宮古のプレミアム旅割28に空席がありとっさに予約してしまいました(笑)。しかし宮古から関空の復路が取れませんでした。探したところ那覇からプレミアムクラスの空席を見つけたのですが、那覇での乗り継ぎが20分しかない!まぁこの乗り継ぎをする人は私の他にもきっといると信じています

日程その2

 

 

一度は王道である羽田発の修行はしておきたいと思い組んでみました。プレミアム旅割28争奪戦頑張りました(笑)

日程その3

 

 

 

これは3つとも同じ日付です。

すなわち1枚目の宮古→那覇と3枚目の長崎→壱岐はダミーで

羽田→石垣→那覇→千歳→関西

と1日で乗ります!

 

これは修行僧必須?の

・最長距離路線那覇→千歳に一度乗りたい

・三角飛び(正確には出張帰りに関空に帰るので三角ではありませんが…)をしたい

からこんな日程を組んでみました。

 

これを全部全うすれば

1日で9787PP稼げる

計算です!

akaishi的結論

プレミアム旅割28は2か月+14日前に予約しようとしてもかなり予約が難しくなっている

プレミアム旅割28がなかなか予約できない時はプレミアム株主優待割引の使用や羽田以外の発着便を利用することも視野に!

スポンサーリンク
おすすめの記事