スポンサーリンク

子連れでリッツカールトン京都グランドデラックスカモガワリバービューに宿泊してきました。リッツカールトン京都の概要とアクセス、客室の種類、子供へのサービス内容、グランドデラックスカモガワリバービュー室内の様子、インルームダイニングの朝食の内容をまとめました。スタッフの方々も子供に親切にして下さいますし、子連れ宿泊お勧めです!

リッツカールトン京都の概要とアクセス

ザ・リッツ・カールトン京都は鴨川沿いにある言わずと知れた超高級ホテルです。

住所

京都府京都市中京区二条大橋上る鉾田町 543 番

電話番号

075-746-5555

アクセス

京都の繁華街である祇園や河原町からは鴨川沿いを少し北に上がったところにあります。最寄駅は京都市営地下鉄・東西線の京都市役所前となり、この辺りは少し静かで雰囲気もいい場所です。

JR京都駅よりタクシーで15分、京都市営地下鉄東西線「京都市役所前駅」より徒歩3分、京阪本線「三条駅」より徒歩約6分となります

車でアクセスする場合は名神高速「京都東インター」より約15分、「京都南インター」より約20分、第二京阪道路「鴨川西インター」より約15分となります。

駐車場はバレー式機械駐車場となり1泊1台につき3,000円となります。ホテルに到着し車を降りると荷物をスタッフの方が運んで下さって、駐車場に駐車もして下さいます。そして、帰りに車に乗るとそこまでするかとちょっと驚きました。車の中をちゃんと掃除しておけばよかったとちょっと後悔しました(笑)

ホテルフジタ京都跡地に2014年オープン

リッツカールトン京都が建つ土地は、高瀬川などを開削した京都の豪商・角倉了以が京都の発展に貢献した褒美として徳川家康から下賜された土地だそうです。その後、明治に入ってからは関西財界を代表する実業家・藤田傳三郎が別宅として使用していたようです。1970年(昭和45年)に藤田観光が運営するホテルフジタ京都が開業したのですが、2011年に営業を終了し、全く新しい建物が建築されザ・リッツ・カールトン京都として2014年より営業を開始しています。外観デザインはシンプルで歴史ある京都の街並みにもマッチしています。

内装は和洋の融合が感じられますが、京都らしく和の要素が濃くなっている印象を受けます。

エントランスを入ったホールの壁には七宝模様のセラミックタイル

お正月が近かったので門松が置かれています。その空間には京都の町屋を思わせる格子が目立ちます。

地下に降りる階段は照明がシャンデリア風のためか少しコンテンポラリー、洋の要素が感じられます。

1階ロビーラウンジの内装が個人的には好みです

格子や和傘のような照明で和の雰囲気が感じられ、仕切りが格子のため視線や外の光の抜けがよく開放感があります。

以前訳あってひとりでこちらのロビーラウンジでピエールエルメのアフタヌーンティーを頂いたことがあります。その時の様子は以下の記事をご参照下さい。

同じ1階なのにロビーラウンジ側は明るくて、フロント側は暗くて雰囲気の対比も面白いところです。

1階にはピエール・エルメ・パリ ブティックもあります
スポンサーリンク

リッツカールトン京都 客室の種類

眺望 面積(㎡) 客室数
デラックス シティ 50 49
デラックス KYOTO 中庭 50 32
デラックスガーデン 日本庭園 50 13
グランドデラックスカモガワリバービュー 鴨川 55 55
ガーデンスイート 日本庭園 65 1
ガーデンテラススイート 日本庭園 70 4
ガーデンテラススイート TATAMI 日本庭園 62 1
コーナースイート KITA 鴨川 100 3
コーナースイート TATAMI 鴨川

東山三十六峰

市街地

100 1
コーナースイート MINAMI 鴨川 115 2
スイート KAMOGAWA 鴨川 126 3
スイートTSUKIMI 日本庭園

東山三十六峰

140 1
ザ・リッツ・カールトン スイート 鴨川 212 1
スポンサーリンク

リッツカールトン京都は子供にも優しい

リッツカールトン京都は高級ホテルですし、お値段も安くはありませんから、子連れで泊まるのはハードルが高いと思っていました。しかし、スタッフの方は子供にとても優しくしてくださいますし、子供向けのサービスも充実していて、当初のイメージは間違っていたと気付かされました。

リッツ・キッズ・アドベンチャーパスポート

チェックインの時に子供1人に1つずつ渡されるものです。フロントやレストランなどスタッフの方に声をかけると貰えるシールを貼っていくものです。

また到着するとチェキで写真を撮って下さるので下の写真左側の空白のところに貼り付けます

リッツ・キッズ

子供が退屈しないグッズも部屋に用意されていました!

内容は…

ぬりえ
シール

クレヨン

部屋やレストランでちょっとした時間つぶしをする時にいいですね!いずれも持って帰ってもOKでしたのでクレヨンはありがたく自宅でも利用させて頂いております。

子供へのウェルカムスイーツ

お部屋には子供へのお菓子や飲み物も用意されていました

プラスチックコップに入ったジュース、マドレーヌ、ゼリービーンズ、箱に入っているのはピエールエルメのポップコーン イスパハン(フランボワーズとローズ風味のポップコーン)と盛りだくさん!

その他にも何度もピエール・エルメ・パリのアイスクリームを頂くことができるアイスクリームパスポートもあります。チェックインの時に子供1人あたりに1つ頂く下の画像のようなリストバンドを提示するとアイスクリームを頂けます!

リッツキッズ探検隊

リッツカールトン京都では子供向けのアクティビティーも用意されています。

今回はリッツキッズ探検隊をお願いしました!ホテルのスタッフのお姉さんが1時間相手をして下さいますので親はついて行かなくてもいいのですが、気になったのでちょっと離れた場所で見守ることにしました。ネタバレになるので写真はお出ししませんが、宝の地図を見ながらホテルをあちこち移動し、隠された宝物を探すというものです。最後には宝箱からプレゼントを選ぶこともできます!終了後、子供の写真に加えて、ご丁寧に担当のスタッフの方から子供へのお手紙も頂き、無料でここまでして下さって大変恐縮しました(^^;)

リッツ・キッズ・ナイト・サファリ

こちらは有料となりますが部屋の中に子供用のテントを用意してくださいます

価格

12,640円(税サ込)

内容

テント
ライオンのぬいぐるみのリュックサック(持ち帰り可)
サファリハット(持ち帰り可)
おもちゃなど

おもちゃについては申し込み時に選択したテーマ(の3つから1つ選択)や年齢、性別に合わせて選択されるようです。

ちなみにチェックイン時に何も案内がなかったのでライオンのリュックサックやサファリハットもそのまま置いて帰ったら、後日ご丁寧に宅配便で自宅まで配送してくださいました!

子供用インルームダイニングがリーズナブル

ちょっとびっくりしたのが子供用のインルームダイニングのお値段が非常に良心的なことです。

朝食は和洋とも900円、ランチやディナーの焼き魚定食などの和食は900円、コンボメニュー(メイン・デザート選択制)は1500円とホテル、いやリッツカールトンという高級ホテルのインルームダイニングのお値段とは思えません。

グランドデラックスカモガワリバービュー室内の様子

今回はマリオットの85000ポイントを利用した無料宿泊で予約していましたが、直前にポイントセーバーが出たため80000ポイントで予約しなおしました。

マリオットポイントについては以下の記事をご参照下さい。

ポイントでの予約は最安のデラックスとなっていましたが、グランドデラックスカモガワリバービューに事前にアップグレードして頂きました!

まずはグランドデラックスカモガワリバービューの平面図をチェックしましょう。私が泊まった部屋は下の平面図の上下反転でした。

入り口を入ると洗面所やバスルームからベッドルーム、窓を通して鴨川沿いの景色まで見渡せます。まさにカモガワビューです!

洗面台の裏はもう1本通路があるような造りになっています。

間接照明が多く使われておりシックな空間です。

引き出しにはミニバーや食器が置かれています。ピエールエルメのチョコが目を惹きます。

グラスもよいものが置かれているので怖くなり子供にはこちら側の通路は通行禁止を命じました(笑)

反対側にはワインとこれまた良さそうなカップ&ソーサが置かれています

ワインはなんとオーパスワンでした!

2つの引き出しの間には冷蔵庫があります。中身はたくさん入っているのですが、ここにもピエールエルメのチョコが入っているばかりか、白ワインはルイ・ラトゥール コルトン・シャルルマーニュ、日本酒は獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分、ミネラルウォーターはVOSSとさすがのラインナップです。

ミニバーのお値段です…

 

カウンター上にはネスレティーサーバー・ネスプレッソ・Russel Hobbsの電気ケトルが置かれています。

戻って洗面台を見てみましょう。

ダブルシンクで広々としています。鏡と鏡の間には液晶テレビがあります。

アメニティは漆塗りの箱に入っています。

子供用の歯ブラシも用意されていました。

ブラシと櫛が素敵で自宅でも使わせて頂いております

石鹸は2種類置かれています。右はアスプレイ、左は京都しゃぼんやのハンドメイドソープです。

アメニティはアスプレイ

 

バスルームを見ていきましょう!

扉の左右にはバスローブがかけられています。このバスローブとバスタオルは今治産とのことです。

バスルームは桜模様をあしらった壁とすのこの床が印象的です

バスタブは広々としており、バスピローもありゆったりと入れます

浴槽にはバスピローの他にスポンジ、子供用の犬のスポンジが置かれていました

また箱の中にはバスソルトもあります

バスルームにももちろんAspreyのアメニティ

さてベッドルームを見ていきましょう!

183×203cmの大きなダブルベッドに600スレッドカウントの上質なベッドリネン

枕元も七宝模様の組子デザインでオシャレです

Bluetooth対応Tivoli Audioが目立ちます!照明やすだれ、カーテンを調整できるコントロールパネル、電話があります。コンセントは1口のみ

反対側のベッドサイドにもオーディオと照明のスイッチがあります。こちらもコンセントは1口です。

ベッドの向かい側には大きなソファー。クッションカバーは西陣織の老舗「細尾」に特別注文したものだそうです。

ソファー横のキャビネットを見てみましょう

引き出しは空っぽです

上には急須と湯呑み、お茶が置かれています

窓側にはテーブルとイス、テレビがあります。上述した子供用のテントを設置して頂いたため少し手狭になっちゃいました…

テーブルの上にはウェルカムフルーツ、上述した子供用のウェルカムスイーツが置かれています。

箱の中には宇治抹茶煎餅が入っていました

鴨川と大文字山や吉田山などの東山の山々が見渡せます!しかし、2階なので鴨川沿いを散歩されている方と目が合います(^^;)

新型コロナ感染拡大の時期でしたのでマスクとアルコールが置かれていました

窓側から部屋を見るとこのような感じです

入り口に戻ります

入り口を入ってすぐ右手には大きなクローゼットがあります

バゲッジスペースの下の引き出しにはセーフティボックス

ハンガーはたくさんありますが、奥の2つには麻100%の浴衣がかけられていました

クローゼットの隣にはトイレがありますが、非常に分かりにくく子供が「トイレがない!」と探し回っていました(笑)

ターンダウン

ターンダウン後の部屋の様子です

ベッドサイドにはスリッパが、枕元にはミネラルウォーターが用意されています。

ベッドの上にはメッセージとお菓子が置かれていました

キングベッドに4名で寝るのは狭いかなと思っていたら、スタッフの方がソファーベッドの使用を提案した下さったのでお願いしました。

リッツカールトン京都の朝食(インルームダイニング)の内容は?

この日は朝食は洋食と和食は違う場所での提供となるとのことでした。本来はレストランで朝食を頂こうと思っていたのですが、私が洋食、家内が和食を食べたくてどっちにするか相談していました。決着がつかないのを見兼ねたのかスタッフの方が「インルームダイニングでしたらお二人で洋食と和食をそれぞれ食べられますよ」とご助言下さいました(^^;)

せっかくなのでインルームダイニングで朝食を頂くことにしました!

あさげの水暉膳

メニューは以下の通りです

オレンジ または グレープフルーツジュース
豆腐料理
焚き合わせ お浸し
卵料理
焼き魚
紀州農園の紀州南高梅 焼海苔 本日の珍味
お味噌汁
ご飯 または お粥
フルーツ

お造りも付いていました!

ザ・リッツ・カールトン ブレックファースト

メニューは以下の通りです

オレンジ または グレープフルーツジュース
卵料理をお好きなスタイルで(卵2個)

今回はエッグベネディクトを選択しました

お好きな付合せをお選びください
ポークソーセージ チキンソーセージ ラムソーセージ
ベーコン クリスピーベーコン ロースハム

ベーコンを選択しました

ベジタブルサラダ フルーツサラダ

3種類のパンをお選びください
ホワイトトースト 全粒粉トースト ライスブレッド
ブリオッシュ マフィン デニッシュ クロワッサン パン・オ・ショコラ

クロワッサン、デニッシュ、パン・オ・ショコラを選択しました。デニッシュを選択したらクロワッサン イスパハンが出てきました!

ヨーグルト

ヨーグルトもイスパハンでした(笑)

コーヒー 紅茶 または ミルク

アメリカンブレックファースト(キッズ)

メニューは以下の通りです

飲み物(オレンジジュース or アップルジュース or ミルク or ミネラルウォーター)
プレーンヨーグルト
ミニフルーツプレート
ハム入りスクランブルエッグ
ソーセージ
本日のスープ
デニッシュ or ピエールエルメの本日のクロワッサン

マリオットプラチナ会員のため朝食はインルームダイニングでも無料でした。マリオット上級会員特典については以下の記事をご参照下さい。

また、新型コロナの影響で2021年は上級会員資格取得のハードルが下がっています。詳細については以下の記事をご参照下さい。

また、子供の朝食も無料でした。マリオット上級会員の子供朝食無料化については以下の記事をご参照下さい。

最後に

リッツカールトン京都デラックスカモガワリバービューに子連れで宿泊してきましたので部屋の様子を中心に、リッツカールトン京都の概要とアクセス、客室の種類、子供へのサービス内容、インルームダイニングの朝食についてご紹介しました。リッツカールトンは子連れには敷居が高いと思っていましたが、子供へのサービスは素晴らしく、子連れにもお勧めできると感じました。

おすすめの記事