MarriottだけでなくIHGもHyattもSPGもHiltonも程度の差はあれど、有名ホテルブランドのウェブサイトならどこでも最低価格保証(ベストレート保証、ベストレートギャランティ(BRG))をやってます。だいたいは自社の公式ウェブサイト以外の第三者サイト(Hotels.com, Expediaなど)で「同じ条件」でより安く予約できることを、公式ウェブサイトの予約から「24時間以内」に発見し、申請したらその価格より割引しますよというもの(サービス?)です。

前回はIHGのベストレート保証の申請方法と実例をご紹介しました。

今回はMarriottの最低価格保証である「Look No Further® ベストレート保証」を申請しましたのでその方法と内容をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

最低価格保証とその背景

前回との繰り返しですが、有名ホテルブランドでは「公式サイトからの予約」が「最低価格」となることを一生懸命アピールしています。最低価格保証とは、第三者サイト(Hotels, Expediaなど)での価格が公式サイトよりも安い場合、公式サイト経由でもその価格より割引して販売しますよというものです。第三者サイトを通すとホテル側は手数料を支払う必要があります。手数料を節約するためにできるだけ自社サイトから販売したいというわけです。

Marriottとは?

マリオット・インターナショナル (Marriott InternationalR) はアメリカ合衆国のホテルチェーン及び運営会社です。2015年11月にスターウッド・ホテルズ&リゾーツを買収し、ホテル数5500余り、客室数110万室となり、2017年12月現在世界最大のホテルチェーンです。

マリオットベストレート保証の内容

Marriott公式サイト、電話、ホテル直接予約で予約してから 

24時間以内に  

競合サイトで 

同じ条件(部屋タイプ、人数、日付等)でさらに安い料金を見つけた場合  

Marriottのベストレート保証フォームから申請し受理されれば 

競合サイトの料金からさらに25%引きになる

マリオットは競合サイトの料金から25%引きです!

マリオットベストレート申請の方法

公式ホームページからポイントを引用します

ご利用方法:
マリオットの予約ルートのいずれか(Marriott.co.jp、マリオット・ホテル予約電話番号、またはホテルに直接ご連絡)を通してお部屋をご予約ください。 ご予約後24時間以内に、同じホテル、部屋タイプ、予約日程のご予約でより低い料金を見つけた場合、条件を満たす保証フォームをお送りいただくと、より安い料金からさらに25%割引の客室料金を提供いたします。

「比較料金」を見つけた場合は、マリオットの予約ルートを通じてのご予約から24時間以内にリクエストフォームに入力し送信してください。 対象となるのは、同一滞在予定日における、同一ホテルの同一部屋タイプに対する料金です。 また、キャンセルポリシー、事前購入に関するポリシー、ならびに料金に関するその他の規約が、すべて同一であることも必要です。

マリオットは、リクエストフォーム受領後24時間以内に比較料金を確認し、お客様に結果をお知らせいたします。

同一滞在予定日における同一ホテルの同一部屋タイプについて、マリオットの予約ルートを通して複数の料金でご予約が可能な場合、その中の最低料金でご予約いただいた場合のみこの保証を受けることができます。

比較料金は、一般の利用者が予約可能で、かつマリオットが実際にホテル予約として確認できる料金であることが必要です。

比較対象オファーのスクリーンショットは、リクエスト確認処理の際に参考として使用されますが、比較対象オファーが有効であることの証明とはなりません。

マリオットベストレート申請の実例

流れは上記の通りですが真面目に公式サイトで予約をしてから競合サイトで安い料金を探すということをしていてはなかなかベストレート保証を勝ち取るのは難しいです

書かれているように

公式サイトで予約➡別サイトで安い料金を探す

でなく

別サイトで安い料金を見つける➡公式サイトで予約する

という順番にしましょう !

公式ホームページで料金を確認

まずはマリオット公式ホームページで検索をします

ホテル比較サイトで安い料金がないか一括検索をします

僕はトラベルコ、trivago、TripAdvisorなどをよく使います。

今回はExpediaで安い料金を見つけました!

少しですが安い値段で出ています。

詳細画面を見て条件や料金の内訳(税金などが含まれているか)を確認します。

マリオットの公式サイトに戻って予約します

先ほどチェックしていたキャンセル料がかからないマリオットリワード会員限定料金のプランを予約!

次にマリオットベストレート保証の申請をします

以下のベストレート保証のホームページから入ります

以下のページになります。 

必要な項目を埋めていきましょう。Marriottもやりとりするのは主に外国の方なのでなるべく英語で記入します。

「その料金を見つけた場所」の記入欄は短いので今回であれば

「https://www.expedia.co.jp」

だけを記入しました。 僕の場合はコメントのところに

・競合サイトの該当料金が表示されるURLのコピー

・マリオットでの予約料金 

・競合サイトの該当料金 

を記入します。

例えば

https://www.expedia.co.jp/Tanabe-Hotels-Nanki-Shirahama-Marriott-Hotel.h17706220.Hotel-Information?〇〇〇〇 

Marriott rate :12000JPY 

Expedia rate:10000JPY 

などです。なるべくその情報に担当の方が辿り着きやすいようにと思っています。

無事にベストレート保証申請成功!

 するとメールが返ってきて無事に申請が通りました! ホテル名が間違っているのはご愛敬(笑)担当の方もメールをコピペしているので訂正を忘れたのでしょう(^^;)

赤四角で囲っているように

24000円➡17100円

とディスカウントされました!

24000円の25%引きは18000円なのでなぜ17100円になったかはよく分かりませんが…

安くなった分はありがたく受けておきます

南紀白浜マリオットホテルの宿泊記(部屋や朝食の様子、ゴールド会員の特典など)は以下の記事をご参照ください。

最後に!

多くのホテルブランドでは公式サイトからの予約の場合キャンセルが可能な料金があります。ですから公式サイトでキャンセル可能な料金を確認して、他サイトの検索で申請できそうな料金を見つけたら公式サイトで予約してベストレート保証申請をしてみましょう。 成功すればそのまま宿泊する。失敗したら一旦キャンセルして再チャレンジすればいいですからね。 ベストレート保証を使ったからホテル側の待遇が変わるということありません。通ればラッキーなのですから機会があればぜひチャレンジしてみてください。

どなたかがベストレート保証申請は大人のゲームとおっしゃっておられましたが、僕もゲーム感覚で楽しんでいます(笑)

 

スポンサーリンク
おすすめの記事