函館で必ず行きたいと思っていたのはお寿司屋さんと海鮮メインの居酒屋さんです。旅行先で食事に行きたいお店の個人的判断基準は観光客がいっぱい訪れるお店でなく地元の人も通うお店です。

お寿司屋さんは湯の川温泉の木はらに行きました!

居酒屋はどこがいいかなぁと検索しているといくつか候補のお店が出てきました。どちらにしようかなと思っていたところにTwitterのフォロワーであるねーさんがブログでオススメされているのを見て決めました! 

1か月前に電話で予約して訪問です!

スポンサーリンク

場所

JR函館駅からJR五稜郭駅に向かう途中の国道5号線沿いです。左上赤丸印の五稜郭駅からは歩けないわけではない範囲ですがタクシーで向かうのがいいと思います。函館駅周辺から1000円前後です。有名なようで店の名前を言うだけでOKでした 。ちなみに右側の赤丸が有名な五稜郭ですがJR五稜郭駅からは離れているのでやはり徒歩での移動は無理そうですのでご注意ください。

概要

外観はこんな感じです。

観光客が飛び込みで入ろうとは思いませんね。 入り口には本日は予約でいっぱいですという貼り紙があります。

中に入ると一番乗りです!靴を脱いで上がりカウンターの一番奥に案内されます。

カウンター6席、テーブル4つくらいのこじんまりとしたお店です。

入るなりマスターが「今日は予約でいっぱいなので料理出すのが遅くなるけどいい?」と言われます。こちらは仕事も終わり翌日帰るだけで何にも用事がなくちびちび飲みながら函館の海鮮を堪能したいと思っていたところなので思うところです!

しかし、お店の中は誰もいないのにマスターがすごい勢いで手を動かし、他のお店の方に指示を飛ばしています。事前の仕込みが大変なのかなぁと思っていたところにお客さんがひとりやって来られます。マスターが「裏に回って!」と仰ったのでようやく理由が分かりました。どうも離れのような団体さん向けの席もあるようでそちらにお客さんがいっぱいいたようです。結局この日はカウンターも座敷も埋まることはありませんでしたがマスターおひとりで調理されておられるので手がいっぱいということだったのでしょう。このように空席があっても入れないことがありますので予約は必須です。直接お店に行き、「空いてるから入れて」などと言わないようにしましょう!

食べたもの

まずは突き出しを頂きながらメニューを見ます

結局マスターと相談してオススメを頂きます。 

まずは磯つぶ煮ごま豆腐を!

オススメを尋ねたところ一番に「ごま豆腐」と言われたので注文しました。自家製だそうで胡麻の風味がほんのりとしたやさしい味でした。

そして今日もまたまた活イカを注文します。

マスターが生簀から出して見せてくださった後、調理されます。 ぴくぴくとまだ動いている間に頂きます。

やっぱり函館で食べるイカは新鮮で美味しいです!

銀ダラのみそ焼き

刺身盛り合わせ

ここでも先日のお寿司屋さんに続いて高級魚というめぬけが出てきました!あっさり淡泊ですが噛むと旨みがじわっと出てきます。この時期の函館はめぬけもオススメのようです。

ここで焼酎にスイッチします。上記blogのねーさんがキープされていた赤霧島を頂きます!

先ほどの活イカのゲソはてんぷらにしてくれます 

ここで焼酎をスピードアップすべくアテを投入します

自家製イカの塩辛

活北寄貝

盛り合わせになかったお刺身でオススメを尋ねたところ北寄貝ということでしたので注文

 

寄せ豆腐

ここで焼酎が空になったのでねーさんへのお礼も兼ねてニューボトルを入れます

水ナス

ほろ酔い満腹です!

お会計は以下の通りです。活イカ、活北寄貝、盛り合わせなどなどお刺身をたらふく頂いて、焼酎ボトル1本入れた割にはリーズナブルです

僕のお隣に座られていた方は前年お店の外でマスターと出会われてお店に来られたのが最初みたいでした。去年に続いて来られてとても嬉しいとおっしゃっておられました。

マスターは何度も何度も「遅くてごめんね」とこまめに声をかけて下さりこちらが逆に恐縮してしまうくらいでした。

このように美味しいだけでなくマスター含めたお店の方々のフレンドリーだが丁寧な接客、お店の雰囲気もあって我々のような観光客だけでなく地元の方々を惹きつけるお店なんだと感じました。

akaishi的結論

よし庵さんは新鮮な魚介類が美味しいだけでなくお店の方々の温かい接客も心地よい素晴らしいお店でした。函館で海鮮を頂きたい場合は超おすすめです!ただし超人気店ですので要予約です

スポンサーリンク
おすすめの記事