私はJCB THE CLASS(ザ・クラス)カードを保有しています。こちらは医師が登録するサイトでばらまいていたことがあり医師は比較的簡単に取得できます。前回はアメックスゴールド以上に自動付帯する旅行関連の保険について取り上げてみました。今回はJCBプレミアカードに自動付帯する旅行関連の保険についてまとめてみました。

ちなみにJCBプレミアムカードとは、JCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア、ゴールド、ネクサスの総称です。

前回同様、国内旅行の場合は省略して、海外旅行の場合のみをまとめてみました。

スポンサーリンク

旅行傷害保険

アメックスと違うのは

ご出発前に上記保険に関する手続きはいっさい必要ありません
保険料を特別に支払わなくても補償が受けられる保険です

と記載があることです。

旅行代金をJCBプレミアカードで決済していなくても補償が受けられるようです。これは太っ腹ですね!

しかも、家族特約対象者も補償が受けられるようです。「家族特約対象者」とは

 JCBザ・クラス本会員の方と生計を共にするご家族で、
19歳未満のお子様をいいます。

年会費を支払っていないお子様までカバーされるとのことです!

海外傷害保険はJCBプレミアカードの勝ちですね。ちなみに、ゴールドの場合は旅行代金を決済しているかしていないかで「傷害による死亡・後遺障害」の補償金額が変わるようです。

こちらはTHE CLASSの補償金額

こちらはJCB GOLDの補償金額

アメックスと同様以下の2点についてもカバーされています。

■賠償責任保険金
■携行品損害保険金

これらについてはアメックスと補償金額や条件もだいたい同じようです。

海外航空便遅延費用補償

海外旅行の時に飛行機が遅延して予定が狂うととっても焦りますよね…そんな時にこういう保険があるとないとでは気持ちが違います。特に遅延が多発する地域への渡航が多い方やLCC利用が多い方にはあると便利ですよね。

こちらもアメックスは家族会員は航空券代金をカードで決済していることが必要でしたが、JCBプレミアカードは家族会員でも条件が書いていないので航空券代金をカードで決済していなくても適用になるようです

以下の4つの場合に保険金が支払われます。これもアメックスと条件は一緒ですね。

「乗継遅延費用保険金」

乗り継ぐ予定だったのに遅延により予定便に搭乗できず、また4時間以内に代替便に搭乗できなかった場合、ホテルに宿泊したり食事をした場合に補償をしてくれる

「出航遅延、欠航、搭乗不能費用保険金 」

出発便が4時間以上遅延、もしくは欠航等し、4時間以内に代替便に搭乗できなかった場合に食事代を補償してくれる

「受託手荷物遅延費用保険金」

預けていた手荷物が6時間以上遅延した場合、衣類や生活必需品の購入費用を補償してくれる

「受託手荷物紛失費用保険金」

預けていた手荷物が紛失した場合(48時間以上遅延した場合を紛失とみなす)、衣類や生活必需品の購入費用を補償してくれる

「乗継遅延費用保険金」「出航遅延、欠航、搭乗不能費用保険金」「受託手荷物遅延費用保険金」

20000円

「受託手荷物紛失費用保険金」

40000円

補償金額はアメックスゴールドと同じ、アメックスプラチナよりは20000円安いことになります。

以上JCBプレミアカード以上に付帯する海外旅行に関する保険をまとめてみました。海外旅行の保険についてはアメックスと比べて、JCBプレミアカードの方が適用条件が緩く、家族会員、お子さんも補償が受けやすいようです。調べてみるとカードによっていろいろと違うものですね。皆さんもご自分が所持されているカードに自動付帯されている保険を調べて海外旅行の際には必要ない保険には入らないようにしましょう!せっかく年会費払っていますもんね(笑)

スポンサーリンク

結論

自動に付帯する海外旅行保険についてはJCBプレミアカードの方がアメックスゴールドよりも補償を受けられる条件が緩くて使いやすい!しかも補償金額もそれほど変わらない。

スポンサーリンク
おすすめの記事