私はアメックスをメインカードにしています。昨年のいわゆる「雨金祭り」も影響もありアメックスゴールドをお持ちの方も多いかと思います。アメックスゴールドカード以上の特徴として手厚い保険が挙げられると思います。今回はアメックスカードに付帯する保険のうち旅行関連のものについてまとめてみました。

よく保険の規定を読まないと気付かない意外な保障も付帯しています。アメックスゴールド以上をお持ちの方は必見です!

今回は国内旅行の場合は省略して、海外旅行の場合のみをまとめてみました。

旅行傷害保険

その名の通り海外でけがや病気になった場合の保険です。旅行代金をカードで支払わなかった場合でもカバーされます。

「旅行代金をカードで決済する」の意味は以下の通りです。

ご旅行前に日本国内にてカードで日本出入国のために時刻表に基づいて運行される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージツアーの料金をお支払いになられた場合に適用されます。

つまりマイルによる特典航空券で行く場合は「旅行代金をカードで決済しない場合」になります。

保障金額はプラチナカードの場合以下の通りです(ゴールドカードは保障金額が違いますが内容は変わりません)

海外旅行の場合は基本カード会員は旅行代金を決済しなくてもある程度の保障はつくので夫婦など家族で旅行されるときは旅行代金は家族カードで決済するといいですね。

そして、この保険の興味深いところというか盲点は「傷害保険」と言いながらこんな保険がカバーされていることです

■賠償責任保険金
■携行品損害保険金

賠償責任保険

(ゴールドカード:最高4000万円、プラチナカード:最高5000万円)

もちろんその名の通り他人を死傷させた場合にも保障されます。「旅行で損害賠償を与えることなんてそうそうないんじゃない」と思われるかもしれません。しかし、賠償責任保険金の対象には

他人の財物(レンタル業者から被保険者が賃借した旅行用品を含みます)を壊したため、法律上の賠償責任を負った場合
(イ)ホテルの客室ならびに客室内の動産(ただし、被保険者の居住施設内を除く)
(ロ)住居等居住施設内の部屋ならびに部屋内の動産(ただし、被保険者の居住施設内を除く)
(ハ)レンタル業者から契約者または被保険者が直接借用した旅行用品または生活用品

という記載があります。

つまり海外旅行に行く時にレンタルした携帯電話、Wi-Fiルーター、スーツケースなどもカバーされるということです。レンタルする時に保険をかけるか聞かれることがあると思いますが、改めてかけなくてもこちらの保険でカバーされるということです。

携行品損害保険

(ゴールドカード:1旅行中最高50万円、プラチナカード:1旅行中最高100万円)

携行品損害保険は

海外旅行中に被保険者が所有し携行する身の回り品(カメラ、宝石、衣類など)が盗難、破損、火災などの偶然な事故により損害を受けた場合

が対象となります。

例えば自分のカメラを壊してしまったなどの場合はこの保険が利用できます。ただし紛失の場合はダメと書いてありますのでご注意ください。

 

パスポートについてはこんな記載があります。

パスポートの損害については旅券の再取得費用または渡航書の取得費用として最寄の在外公館所在地へ赴く被保険者の交通費、領事館に納付した再発給手数料および電信費を1回の事故について5万円を限度としてお支払いします。

ただし1回の事故ごとに3000円は免責で自己負担する必要があります。

海外航空便遅延費用補償

海外旅行の時に飛行機が遅延して予定が狂うととっても焦りますよね…そんな時にこういう保険があるとないとでは気持ちが違います。特に遅延が多発する地域への渡航が多い方やLCC利用が多い方にはあると便利ですよね。

ゴールドカード、プラチナカードともに

基本カード会員ご本人様および家族カード会員ご本人様*が海外にお出かけの際、航空便の遅延により臨時に出費したご宿泊料金やお食事代を補償いたします。 また、手荷物の到着遅延や紛失したことにより負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償いたします。

との記載があります。

プラチナカードの場合は家族カード会員も対象になりますが

家族カード会員ご本人様の補償は、国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージツアーの料金をカードでお支払いされた場合は補償が適用されますが、カードでお支払いされなかった場合は補償が適用されませんのでご注意ください。

と書かれています。

ですので基本カード会員本人は航空代金をカードで決済していなくても適用されるということになります。

以下の4つの場合に保険金が支払われます。

「乗継遅延費用保険金」

乗り継ぐ予定だったのに遅延により予定便に搭乗できず、また4時間以内に代替便に搭乗できなかった場合、ホテルに宿泊したり食事をした場合に保障をしてくれる

「出航遅延、欠航、搭乗不能費用保険金 」

出発便が4時間以上遅延、もしくは欠航等し、4時間以内に代替便に搭乗できなかった場合に食事代を保障してくれる

「受託手荷物遅延費用保険金」

預けていた手荷物が6時間以上遅延した場合、衣類や生活必需品の購入費用を保障してくれる

「受託手荷物紛失費用保険金」

預けていた手荷物が紛失した場合(48時間以上遅延した場合を紛失とみなす)、衣類や生活必需品の購入費用を保障してくれる

「乗継遅延費用保険金」「出航遅延、欠航、搭乗不能費用保険金」「受託手荷物遅延費用保険金」

ゴールドカード20000円、プラチナカード30000円

「受託手荷物紛失費用保険金」

ゴールドカード40000円、プラチナカード60000円

プラチナカードの場合は以下の通りです。

以上アメックスゴールド以上に付帯する海外旅行に関する保険をまとめてみました。僕も海外旅行の時は旅行会社に勧められるがままに保険に入っていた時期もありましたがアメックスをメインにしてからはほとんど入っていません。もちろん一般的な海外旅行保険が強いところ、クレジットカードに付帯している保険が弱いところ(例えばアメックスも疾病死亡の保障はありません)はありますので、アメックス以外をメインにされている方もお手持ちのカードに自動付帯する保険についてはきちんと調べて最少の費用で必要十分な補償を受けられるよう準備しましょう!

スポンサーリンク

akaishi的結論

ついつい海外に行く時はいろいろ心配になり保険に入りたくなりますが、アメックスのゴールドカード以上には手厚い保険が付帯しています。せっかく安くない年会費を支払っているので海外旅行の際は他に保険が必要かよく吟味してから入るべし!

スポンサーリンク
おすすめの記事