ラビスタ函館ベイ「北の番屋」朝食ブッフェメニュー紹介
スポンサーリンク

ラビスタ函館ベイが人気な理由の一つは宿泊した者しか食べられない豪華な朝食です!特に自分で好きなだけのせて食べることができる「海鮮丼」は大人気で、ついついいくらを山盛りに乗せてしまいます。ホテルの朝食ランキングではかつては1位だったこともあるラビスタ函館ベイ北の番屋の朝食ブッフェの内容をご紹介します。

まず最初は炙り焼きのコーナー!

カラフトシシャモ、鮭、じゃがいも(マチルダ)、イカ、南瓜、茄子、ししとうなどどれを食べるか迷うほどです。横にバターが置いてありますのでジャガイモにこのバターと後に置かれている塩辛を載せて食べるのがおすすめです!

スポンサーリンク

海鮮丼コーナー

次はラビスタ函館ベイ北の番屋朝食の目玉ともいえる海鮮丼コーナーです

この日はいくら醤油漬け、帆立、真烏賊、甘海老、ねぎとろというラインナップでした。いくらしょうゆ漬けと帆立、真烏賊は北海道産です。前回訪れた時は帆立でなくマグロかサーモン、ネギトロでなくたらこでしたがちょっとグレードダウンしていました

スポンサーリンク

和食コーナー

松前漬け、イカの塩辛

こちらはラビスタ函館オリジナルのもので1階売店でお土産として売られています

納豆、温泉卵

和惣菜のコーナー

この日はひとくちイカ飯、厚焼き玉子、鶏肉の塩唐揚げ、豚肉の肉じゃがでした

味噌汁コーナー

味噌汁は2種類あるのが嬉しいです!

色々なきのこの味噌汁

舞茸、エリンギ、ブナシメジ、なめこ、えのきだけと具がたっぷりで美味しかったです!

鮭の三平汁

魚の出汁がよく出ていて美味しい!

ごはんコーナー

ごはんは海鮮丼コーナーにあります

お粥、二十穀粥

ご飯のお供コーナー

ラビスタ函館オリジナルの北の番屋ふりかけ、小海老とちりめん山椒、葉山葵醤油漬け、梅しそ、セロリ漬け、北海道十勝産長芋の山葵風味醤油漬け、小茄子漬、梅干

洋食コーナー

ウインナー、グラタン

舞茸のアヒージョ、スクランブルエッグ

ジンギスカン

ローストビーフ

チキングリーンカレー

バターライスもあります。洋食は以前訪れた時よりもパワーアップしている印象を受けました。

サラダコーナー

洋食の裏にはサラダコーナー!

グリーンサラダ、男爵芋のポテトサラダ、フレッシュモッツァレラチーズとミニトマト、ブロッコリー、水菜、アボカド、パプリカ、ツナと内容は充実しています。

それだけでなく、北海道産ミックスビーンズ、キヌアと6種の雑穀、コーン、クルトン、海藻、胡瓜とトッピングも豊富です。

こちらに置かれているドレッシングは1階売店で販売されています

パンコーナー

ミニ角食、ロールパン、マルゲリータセイボリー、クロワッサン、カスタードデニッシュ、玄米食パン

デザートコーナー

デザートも豊富です。花畑牧場のデザートも多くあります

函館牛乳使用濃厚プリン、花畑牧場キャラメルとりんごのパウンドケーキ、花畑牧場濃厚生ガトーショコラ、函館牛乳のヨーグルト、北海道産白玉ぜんざい

パイナップル、りんご、オレンジ、シャインマスカットゼリー

オリジナルパフェコーナーもあります

プレーンシリアル、チョコフレーク、ウエハース、生クリーム、チョコスプレー

ソースも豊富です

ソフトクリームの機械もあります

ドリンクコーナー

ドリンクを見てみましょう

函館牛乳

11種類のフルーツミックスジュース、北海道産とまとジュース、乳酸菌飲料(カツゲン?)、リンゴジュース

2020年8月新型コロナウイルス対応の朝食

新型コロナウイルス感染拡大を受け、ラビスタ函館ベイでも朝食がブッフェ形式でなくプレートでの提供になっていました。2020年7月19日より「海鮮丼とお選び横丁」という名称で再開となっています。以前のような完全なビュッフェ形式ではありませんが、炙り焼きや海鮮は盛り合わせで、その他は小鉢形式で提供されており、プレートでの提供よりは満足度は高いのではないでしょうか?

具体的に写真でお伝えします!

炙り焼きは盛り合わせとなっています

刺身も盛り合わせとなっています。いくらかけ放題は健在でスタッフの方が好みの量のいくらをかけて下さいます。

和惣菜は小鉢に盛られています。一つ残念だったのは松前漬けといかの塩辛が日替わりでの提供だったこと…じゃがバターに塩辛を乗せて食べたかったのですが2日のうち1日はいかの塩辛がありませんでした

味噌汁はスタッフの方が入れて下さいます。相変わらず美味しいです!

洋食コーナーも同様で小鉢形式、あるいはスタッフの方が取り分ける形式で提供されます

洋食の柱であるローストビーフは健在!

サラダも小鉢形式です

花畑牧場のデザートももちろんあります!

函館牛乳使用の濃厚プリンもありました!

パンは隅っこで紙がかけられており、ほとんどだれも取っておられませんでした

写真を比較してご覧になってお分かりいただけると思いますが、和食は盛り合わせとなって選択の自由度は減っているものの品数は比較的維持されています。洋食の品数が減っている、サラダの種類も少ない、ソフトクリームの機械が使えない、飲み物の選択肢も少ないなどなど、もちろん従来のビュッフェと比べると自由度が低く、メニューも減っています。しかし、下の写真のようにラビスタ函館ベイの朝食らしい雰囲気は楽しめることは間違いないでしょう!

最後に

相変わらず満足度の高い朝食でした!

以前訪れた時と比べると

・オープン前の行列は以前より長くなっている
・人気の炙り焼き、海鮮丼など和食のコーナーは入り口の2列だけでなく、レストラン奥にも用意されるようになり3か所に分散するので並ぶ時間が少し減った
・洋食メニューが豪華になった

というのが個人的な印象です。

以前3泊して3日間ラビスタ函館ベイ北の番屋朝食を食べ比べしたことがあります!その時の様子は以下の記事をご参照下さい

スポンサーリンク
おすすめの記事