石垣島で予約を取りにくい人気店「マグロ専門居酒屋ひとし」石敢當店のメニューやおすすめをご紹介します!近海物のまぐろ、海鮮創作料理中心の料理はお手頃な値段で美味しく人気の理由が分かります。

スポンサーリンク

「まぐろ専門居酒屋ひとし」は予約必須

まぐろ専門居酒屋ひとし」は石垣島で予約が取れない店の1つです。石敢當店の予約は前々月1日から開始です。12月20日に行きたければ10月1日から予約受付となります。

僕は8月に行く予定でしたので6月1日に電話をかけまくったのですが繋がりませんでした。6月2日の夕方にようやく繋がり夏のハイシーズンでしたが希望日、希望した時間に予約が取れました。

僕が訪れた日も飛び込みのお客さんが何組か来られていましたが「予約で満席です」と断られていました。

新空港になる前は当日飛び込みで行っても携帯電話の番号を教えておけば空き次第コールバックして頂けたように記憶していますが今はハイシーズンは予約必須です!

「まぐろ専門居酒屋ひとし」は2店舗存在する

現在「まぐろ専門居酒屋ひとし」の店舗は石垣島内に本店石敢當(いしがんとう)店の2店舗あります。

多くの観光客にとって離島ターミナルや繁華街の美崎町に近く便利なのは石敢當店になります。本店は新栄町という場所にあり離島ターミナルから約1km、徒歩15分ほどの場所にあります。初めて本店に行った時は地元の友人と美崎町で飲んだ後にぷらぷら歩いて二件目使いとして行きましたが今は人気過ぎてそんな使い方はできなくなってしまいました…

石敢當店の方が新しく、石垣島の中心街から近いので最近は石敢當店の方が予約が埋まるのが早い気がします。メニューはほとんど変わりませんし、本店も雰囲気はいいので個人的にはどちらでもいいと思います。

スポンサーリンク

「まぐろ専門居酒屋ひとし」石敢當店に行きました!

石垣島の中心地にある石垣市公設市場や石垣島ラー油で有名な辺銀食堂(ぺんぎんしょくどう)から少し北東に向かった場所にあります。市街地の宿泊施設に滞在している方は徒歩でのアクセスが可能なほど便利な場所にありますし、離島ターミナルから歩いて5分ほどととても近いです。

扉を開け、お店の中入ると、鍵がかかるロッカー式の下駄箱があり、靴を脱いで入店します。お店は3階建てとなっており今回は2階に案内されましたので階段を上ります。

2階は掘りごたつ式の座敷となっており、隣のテーブルとはすだれで仕切られています。テーブル間の距離が近いのと分煙されていないことがちょっと気になります。

「まぐろ専門居酒屋ひとし」で必ず食べたいおすすめメニューをご紹介!

「まぐろ専門居酒屋」と言っているだけあってまぐろはやはり美味しいです!しかし、他のメニューでもおいしいものはたくさんあります。

まぐろ寿司セット(大トロ2・中トロ2・しそ鉄火巻き1)

まぐろ寿司セット」はおそらくひとしを訪れる方のほとんどが注文していると思われる看板メニューです。新鮮な近海物の生マグロとあって冷凍とは違う生マグロらしいねっとりとした食感で脂がよく乗っていてとてもおいしいです。これで980円と都会では考えられない値段です。

刺身盛り合わせ

マグロ以外の刺身も美味しいです。美味しいだけでなくぶつ切りで1切れあたりのボリュームもあり食べ応えがあります。昔沖縄に一人旅で行き、市場で売っている刺身を買って帰ってホテルで食べていた時は「沖縄の刺身は淡白であまり美味しくないなぁ」と思ったものですが、その考えを覆されます。新鮮だからかプリプリで噛むと旨みがしっかりとあります。

そして何よりリーズナブルです!下の写真のように10種類の刺身に海ぶどうと玉子焼きがついて2人前で1500円と非常にコストパフォーマンスがいいです。

石垣牛握り(塩)

石垣島に来たら石垣牛は食べたいところです。まぐろ専門店と言いながら石垣牛の握りもメニューにあります。下の写真右端の2貫が石垣牛握りになります。

こちらの石垣牛握りはまず運ばれてきただけでニンニクの香りが漂い食欲をそそります。軽く炙られており、とても柔らかい石垣牛は噛まなくても脂が溶けてとろけるような食感が最高です!たれもあるのですが、個人的には塩の方がおすすめです。塩の方が石垣牛の旨みをダイレクトに感じられますし、塩ダレが肉の甘味を引き立てるように思います。1貫220円の値打ちは十分にあります!いつもたくさん食べたくなっちゃうのですが他のものも食べたいのでぐっと我慢します。

その他のおすすめ料理

ジーマミ豆腐の揚げ出し

お豆腐は大豆から作られるのが通常ですが、ジーマミ豆腐は落花生から作られたお豆腐のことです。ジーマミ豆腐は普通に食べてももちもちで美味しいのですが、僕はジーマミ豆腐の揚げ出しが大好きです。沖縄に来たり、沖縄料理屋さんに行った時にメニューにあれば必ず頼みます。濃厚でとろ〜っとクリーミーな食感が最高で、出汁と合わせて食べるとめちゃめちゃ美味しいです。是非一度召し上がってみて下さい。

もずくの天ぷら

もずくも沖縄に来たら食べたい食材の一つです。沖縄はもずくの生産量、消費量ともに日本一なのです。沖縄のモズクはフトモズクというだけあって太くてしっかりしています。ちなみに本州で食べるのはイトモズクと言われるものがほとんどです。

こちらのもずくのてんぷらはふわっと揚げられており、外はカリッ、中はしっとりとした食感が楽しめます。ひとしでは塩とカレー塩をつけて頂きます。

その他食べたもの

ポーク玉子サラダ

ポークたまごとはポークランチョンミートをスライスして両面をこんがり焼いたものに卵焼きが添えられたおかずのことです。沖縄県のコンビニエンスストアやお弁当屋さんにはポーク玉子のおにぎりがよく売られてるくらい沖縄の定番の料理です。

ひとしのポーク玉子サラダはキャベツなどの野菜サラダの上にオムレツとスパムがドーンと乗っています。一見サラダに見えないほどサラダの上にいろいろ乗っかっています(笑)食べ応え十分のサラダです。

島豆腐の厚揚げ ウニソース

本州の豆腐は大豆を煮てから漉すのに対して沖縄の豆腐はすりつぶした大豆を生のまま漉して煮るため、大豆の味わいが濃厚と言われています。沖縄の「ゆし豆腐」とは豆乳ににがりを入れただけで固める前のやわらかいおぼろ状の豆腐のことを言い、「ゆし豆腐」を型に入れて固めたものが「島豆腐」です。

島豆腐を厚揚げにしたものにウニソースをつけて食べるのですが、ウニソースが濃厚でお酒のおかずにぴったりです。

ラフテーとか他にも数品食べたのですが食べるのに夢中だったのか酔っぱらっていたのか写真がありません(^^;)

気になるお値段は?

全部ではありませんがメニューをご紹介しておきます。

こんな感じで人気観光地石垣島にありながら観光地価格でなくリーズナブルに美味しくいただけます。それも人気の理由のひとつでしょう。ちなみに大人2人、小学生、3歳で満腹食べて飲んでお会計は10000円でした。まぐろも刺身も寿司もたくさん食べてこのお値段ですし満足度は高いです!

最後に

石垣島の人気店「まぐろ専門居酒屋ひとし」をご紹介しました。まぐろだけでなく刺身や石垣牛握りなどの他のメニューも美味しいお店です。しかも、人気観光地石垣島にありながら観光地価格でなくリーズナブルに美味しくいただけます。人気店で予約は必須ですが是非一度行ってみて人気の理由を実感してみて下さい。

スポンサーリンク
おすすめの記事