ヒルトン東京ベイ セレブリオルーム(ツイン・パーク側)宿泊記

ヒルトン東京ベイ セレブリオルーム(ツイン・パーク側)に宿泊してきました。ヒルトン東京ベイの客室の種類、ヒルトン東京ベイでのヒルトンダイヤモンド会員特典、セレブリオとセレブリオセレクトの違い、セレブリオルーム(ツイン・パーク側)の室内の様子をご紹介します。デザインが独特で個人的には落ち着きませんでした(笑)

スポンサーリンク

ヒルトン東京ベイ客室の種類

ヒルトン東京ベイはヒルトンホテルが運営している東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルの1つで828室の大きなホテルです。

客室は以下の通り大きく3つのカテゴリーに分かれ7種類あります

ヒルトンルーム

ヒルトンルーム

ハッピーマジック

ハッピーマジックルーム
ファミリーハッピーマジックルーム
ハッピーマジックスイート

セレブリオ

セレブリオ(今回宿泊)
セレブリオセレクト
セレブリオスイート

ヒルトン東京ベイにおけるヒルトンオナーズダイヤモンド会員特典

現在私はステータスマッチによりヒルトンオナーズダイヤモンド会員となっています。今回は最安ヒルトンルームで予約していましたが、セレブリオににアップグレードして頂きました!

ヒルトン東京ベイにおけるヒルトンダイヤモンド会員の特典は以下の通りです

ヒルトン東京ベイダイヤモンド会員特典

・部屋のアップグレード
・セレブリオラウンジ利用可
・1000ボーナスポイント
・朝食無料サービス(メンバーと同室の1名分)
・100%ボーナスポイント
・ミネラルウォーター2本無料/滞在
・レイトチェックアウト
・エクスプレスチェックアウト
・プレミアムWi-Fi無料

 

セレブリオラウンジについての案内は以下のようなものを頂きました

ヒルトン東京ベイセレブリオラウンジ朝食の様子は以下の記事をご参照ください。

ヒルトンオナーズダイヤモンド会員にステータスマッチする方法やステータスマッチに成功しやすい会員資格については以下の記事をご参照ください。

各高級ホテル上級会員資格の特典や上級会員への近道については以下の記事をご参照ください

スポンサーリンク

ヒルトン東京ベイ セレブリオとセレブリオセレクトの違い

上述のようにセレブリオとセレブリオセレクトは「セレブリオ」というカテゴリーです。しかし、セレブリオとセレブリオセレクトは全然違うことを知りました。

セレブリオ セレブリオセレクト
部屋のバス・トイレ・洗面台 仕切りなし それぞれ仕切りがあり独立
ミニバー なし 無料
ラウンジアクセス なし あり

部屋の見取り図を見ると水回りの違いがよく分かります(上がセレブリオ、下がセレブリオセレクト)

部屋のバストイレが独立しているかはいいとして、ミニバー無料やラウンジアクセスの有無でこれだけサービスに差があれば違うカテゴリーの部屋にすればいいのになぁと思ってしまいます(笑)

ヒルトン東京ベイ セレブリオルーム(ツイン・パーク側)室内紹介

セレブリオルームも厳密には4種類のタイプあります。ベッドがキングかツインか、眺望が海側かパーク側かです。海側とパーク側の部屋では微妙に部屋の広さが違うことにも注意が必要です。海側:40m²、パーク側:35m²

今回はツイン、パーク側となります

エレベーターホールに着くと紫のライトでヒルトンらしからぬ雰囲気でちょっとびっくりしました。ディズニーリゾートなので非日常感を出したいのでしょうか

廊下は白が基調で円のオブジェが目立ちます。絨毯も円ばかり(笑)

室内に入ります!

室内も廊下と同じカーペットに白を基調とした、円や曲線が目立つインテリアです。やっぱりヒルトンらしくなく落ち着きません(笑)

椅子も丸くてデザインの一貫性は評価しますが、座りにくくて落ち着きません…

小学3年生の長女の分は添い寝であれば無料なのですが、最近寝相が悪く狭いベッドで添い寝はお互い辛いので追加料金を支払いエキストラベッドを準備して頂きました

窓側から見るとこんな感じです

扇形のキャビネットにはポットやグラス、カップ、サービスのミネラルウォーターなどが置かれています

下の段の冷蔵庫は空っぽです

ベッドの枕元はこのような感じです。こちらも円形のテーブルです。

しかし、枕元にコンセントがなく不便です。円形テーブルの下には1つだけコンセントがありますが使用されている状況です…

ウェットエリアをチェックしましょう

先ほどもご紹介したようにセレブリオルームはバス・トイレ・洗面台は一体となっております。

アメニティーはヒルトンおなじみのクラブツリー&イブリン!子供用アメニティーセットも用意されています

シャワーはこんな感じです。子供と入るので独立タイプがやっぱりいいですね…

そしてびっくりしたのがお風呂の照明の色が変わることです!こんな風にブルーにできます。もはやヒルトンでなくラ〇ホに見えてきました(^^;)

色を変えるスイッチはなぜかシャワーの近くになく、洗面所にあるので人がシャワーを浴びている時に子供がカチカチ遊んでいました…

入り口近くにはラゲッジスペースがあります。この横にある扉をスライドすると…

ラゲッジスペースが隠れて、代わりにクローゼットが出現します。クローゼットの中にはセーフティボックスがあります

パジャマはワンピースタイプ

スリッパは子供の分も人数分用意されていますが使い捨てタイプではありません。個人的にはこのスリッパは足がねちゃねちゃしてあまり好きではありません…

ウェルカムギフトはバウムクーヘン、マカロン、チョコレート、わらび餅、ミニ大福といったお菓子の盛り合わせでした

パーク側ですので景色はこんな感じです!ディズニーランドホテルやスペースマウンテン、シンデレラ城は確認できました!

最後に

ヒルトン東京ベイ セレブリオルーム(ツイン・パーク側)の室内の様子をご紹介しました。セレブリオのデザインが独特で個人的には落ち着きませんでした(^^;)子連れはハッピーマジックルームの方がいいのでしょうかね??次回はハッピーマジックルームに宿泊してみたいです

ヒルトンによく宿泊されるならHPCJに入会されるのがお得です!HPCJについては以下の記事をご参照ください

スポンサーリンク
おすすめの記事