大阪上本町にあるシェラトン都ホテル大阪に泊まった、というか以前から何回か泊まっていますがプラチナとして初めて宿泊しましたのでプラチナ会員特典(朝食メニュー、カクテルタイムのラウンジ「シェラトンクラブ」や都ヘルスクラブの様子)、部屋(プレミアムツイン)、ホテルへのアクセスなどをご紹介します。

スポンサーリンク

シェラトン都ホテル大阪とは?

1985年10月に上本町駅(現・大阪上本町駅)のターミナル整備に伴い「都ホテル大阪」として開業しました。この頃大阪市内に住んでいた私はホテル自体とは無縁でしたが、この建物の地下にある「ぷれじでんと千房」というお好み焼き屋さんに家族でよく来ていたので思い出深い建物ではあります。

その後、カールソン・ホテルズと提携し、「ラディソン都ホテル大阪」と改称した時は、「上本町に外資系ホテル?似合わない(笑)」と思ったものです。2007年4月1日、スターウッド・ホテル&リゾートのシェラトンブランドの1つの「シェラトン都ホテル大阪」としてリニューアルオープンしています。その名の通り運営会社は近鉄グループの都ホテルズ&リゾーツで、シェラトン都ホテル東京・ウェスティン都ホテル京都・大阪マリオット都ホテルなどと同じです。
客室は578室と意外と大型なホテルです。

大阪のSPG/マリオット系のホテルとしてはモクシーと並んで料金は安い方です。平日であれば最安の部屋でだいたい1万円台前半のことが多く、時には10000円を切っていることもあり、最近では一番安い日は8000円台を見かけます。安い日は周辺のビジネスホテルと変わらない値段ですので、後述するようにプラチナ会員特典で朝食を食べ、ラウンジを利用し、都ヘルスクラブでゆったりお風呂に入ることができるのであればコストパフォーマンスはいいと思います。

シェラトン都ホテル大阪の場所とアクセス

下の地図赤矢印の場所になります。

地図を見て頂いてお分かりのように大阪の繁華街である梅田(キタ)や難波(ミナミ)からは離れています。シェラトン都ホテル大阪が直結している大阪上本町駅は近鉄のターミナル駅で、近鉄百貨店もあるものの、少し駅から離れれば住宅地やお寺が多い地域で比較的静かな場所です。

伊丹空港行きは2階バスセンターから、関西国際空港行きはホテル玄関すぐ隣の1階からリムジンバスが発着しており空港とのアクセスは比較的便利です。しかし、鉄道アクセスは近鉄しかなく、難波からは近鉄電車で1本2駅と便利なのですが、大阪メトロの谷町九丁目駅からは少し離れており、梅田や新大阪、天王寺から鉄道でのアクセスは不便です。

スポンサーリンク

プレミアムツイン(31㎡)の室内の様子は?

予約していたシングルルーム(18㎡)からプレミアムツイン(31㎡)にアップグレードされました。

ベッドのサイズは120cmx200cmです。ベッド周りにはコンセントがなくて不便でした。そういえば他の部屋に宿泊した時にあったスマートフォンHandyは今回見かけませんでしたね…全部屋にあるわけではないのですね

テレビはおそらく32インチでしょうか。大きくもなく普通ですね。

テレビの下には冷蔵庫があり、引き出しの中にはナイトウェアやセーフティボックスが入っています。

テーブルは広くて、デスクライトもあり、コンセントも設けられていて、出張での仕事や勉強にも使いやすいです。

Wi-Fiも利用できるのですが、以前より遅くなったような気がします…以前はサクサクつながっていたイメージなのですが…

無料の水は2本置かれています。「飛騨の雫」というものです。

水回りを見てみましょう!古い建物で水回りは古さを感じます

プラチナ会員以上であれば後述する5Fのヘルスクラブが利用できますのでゆったりとお風呂に入りたい時はそちらへどうぞ!

アメニティはシェラトン系列でよく見かける「le grand bain」です

プラチナ会員特典

SPG/マリオット合併後のプラチナ会員特典は以下のようになっています

客室での無料のインターネットアクセス
完全予約保証
50%ポイントボーナス
優先レイトチェックアウト(16時まで)
ウエルカムギフト、朝食、またはアメニティ
より望ましい客室へのアップグレード(スイートを含む)
ラウンジアクセス
ルームタイプの保証
選択可能な特典(5泊のスイートナイトアワードまたはギフトオプション)

 

シェラトン都ホテル大阪ではチェックイン時に以下のようなチケットをもらえます。

ヘルスクラブ無料利用券無料朝食券プラチナ会員特典です。

レストラン10%割引クーポンはゴールド会員でも以前貰ったように思います。

シェラトン都ホテル大阪のプラチナ会員特典で利用できる施設をチェックして行きましょう!

ラウンジ「シェラトンクラブ」が利用可能

シェラトン都ホテル大阪のエグゼクティブラウンジである「シェラトンクラブ 」は18階にあります。シェラトンクラブフロアに滞在する宿泊者とプラチナエリート会員以上はラウンジを利用可能ですので、プラチナ会員特典でこちらのラウンジを利用できます。

日本のSPGホテルの中で最もショボいラウンジの1つだと思われ、日本三大がっかりラウンジの1つです(あとの2つは知りませんw)

10人も入ればいっぱいになります。この日は平日19時台に行きましたが満席にこそなりませんが入れ替わり立ち代わり常に8割以上は埋まっていました。

シェラトンクラブラウンジの営業時間

営業時間 11:00-21:00
・ドリンクサービス   11:00-21:00
・オールディスナック  11:00-21:00
・イブニングカクテル  17:00-20:00

イブニングカクテルの様子

イブニングカクテルの様子をご紹介します。

カウンターにはアルコールが並んでいます。

ビールやソフトドリンクは冷蔵ケースの中です。

ソフトドリンクはウーロン茶、緑茶、オレンジジュース、リンゴジュース、ジンジャーエール、コカ・コーラとあります。

アルコールは瓶ビールと日本酒があります。

アルコール類はビール、日本酒、ワイン(赤、白、スパークリング)、梅酒、ウイスキー、スピリッツが数種類とラウンジの規模からすると比較的豊富です。

スパークリングは最初は違うものだったのですが空になった後、スタッフの方が違うものを持ってこられました。デ・ボルトリ・ロリマー・スパークリング・ロゼというオーストラリアのロゼスパークリングでした。ほんのり甘みがあり泡は強めです。甘くて飲みやすいロゼ泡でした。

白ワインはルイス・フェリペ・エドワ-ズ ソーヴィニョン・ブランというチリの白ワインでした。程よい酸味にフルーティさが感じられる飲みやすいものでした。

赤ワインは飲みませんでしたが白ワインと同じルイス・フェリペ・エドワ-ズ カベルネ・ソーヴィニョンの赤でした。

アルコールの横のカウンターにはナッツやチョコレート、ドライフルーツなどのおつまみが並んでいます。

壁側一番奥にはフードが数種類用意されています。

この日はパテドカンパーニュ、生ハム、スモークサーモン、カナダホッキ貝のサラダの4種類の小鉢でした。

チーズやクラッカーもあります。

パウンドケーキもありました。バニラといちじく紅茶の2種類ありました。横にはコーヒーマシーンがあります。

紅茶はTWGです。

夕食をすでに食べた後でしたのでこんな感じで軽くつまんで飲みました。

ホットミールはありませんのでこのラウンジだけで食事を完結するのは難しいでしょう。食事の前後に軽く飲んでつまむにはいいラウンジでした。ただし、満員で部屋で待ってくださいと言われることも多いので予定がある方には使いにくいかもしれません。

eu(ゆう)での朝食(和洋ブッフェ)が無料

プラチナ会員特典で2階レストラン「eu(ゆう)」での和洋ブッフェ朝食が無料となります。通常大人1人2700円します。

eu(ゆう)の営業時間

朝食:6:30-10:00

eu(ゆう)の朝食メニューご紹介

めちゃめちゃ美味しいというわけではありませんし、ホテルらしい高級感があるわけでもありませんが、和食から洋食まで揃っていて品数も多く個人的には好きなレストランです。

サラダ

コールドミール

スモークサーモンやハムなどのコールドミール。この裏にはチーズがありました。

ホットミール

定番のベーコンやポテト、ソーセージ、卵料理などが並んでいます。

個人的にはここの上海焼きそばは好きです。特別美味しいってわけではないのですが何故かここに来ると食べたくなります(笑)

大阪らしくたこ焼きもあります。まぁ揚げたこ焼き風ですし、美味しくはないです。大阪のたこ焼きがこんなものと思われては困りますというレベルです(笑)

和食

だし巻き、さつま芋のレモン煮、こんにゃく煮、大根柚子風味煮などの和食もあります

うどんもありますよ!

納豆、明太子、梅干などの御飯の友も豊富です

エッグステーション

オムレツやスクランブルエッグなどをシェフが作ってくれます。各テーブルにあるオーダー用紙に記入して渡すと完成次第テーブルに運んで下さいます。

パン

クロワッサンやデニッシュなど種類は豊富です

シリアル類

ヨーグルト

ジュース

フレッシュジュースやスムージーもあります

ハラール認証のコーナー

近年の外国人観光客の増加に伴いハラール認証のコーナーもあります。結構利用されている外国の方いらっしゃいます。

こんな感じでバランスよく頂きました!

eu(ゆう)の朝食は皆さん朝が早いので注意!

僕は平日しか泊まったことがなく、休日の様子は分からないのですが、平日の朝は見た感じお仕事らしい男性一人客と外国人観光客が多いですのでとにかく朝の出足は早いです。オープンの6時半に行っても人は多いですし、7時になると入り口には行列ができて、待ち時間が生じています。まぁこちらのホテルはホテルでゆっくりするというより、SPG・マリオットホテルとしては安いので観光や仕事の拠点として泊まっている方が多いからでしょう。

追加料金で「うえまち」和定食の選択も可能

また300円の追加料金を支払えば3階「うえまち」で和定食を頂くことも可能です。

一度行ってみたいのですが、「うえまち」の営業時間が7時からとなっており、平日宿泊が多い私はその時間から食事をすると仕事に間に合わないのでいまだに行けていません…

フィットネスクラブ「都ヘルスクラブ」の利用が無料

シェラトン都ホテル大阪のフィットネスクラブの名前は都ヘルスクラブと言います。プラチナ会員特典で滞在中は何度でも都ヘルスクラブを無料で利用できます

シェラトン都ホテル大阪とは別棟になっているのですが5階から直接アクセス可能です。5階でエレベーターを降りてこの長い廊下の突き当りが都ヘルスクラブです。

この扉を開けると…

都ヘルスクラブの入り口になります。

都ヘルスクラブの営業時間

台風21号の被害のため2018年11月時点でもまだプールは利用できません…

プール:11:00-21:00(最終受付20:30)2018年11月現在利用不可
ジム:11:00-21:00(最終受付20:00)
サウナ・浴室:11:00-22:00(最終受付21:00)

都ヘルスクラブ内部の様子

ロッカールームはこのような感じになっています。

フェイスタオル、バスタオル、バスローブなどは用意されており、手ぶらで行っても利用可能です。

バスルームの内部は写真撮影できませんので公式ホームページから写真をお借りしました。

お風呂の温度は42度を超えていて熱めでした。

サウナはドライサウナとミストサウナがあり充実しています。

風呂上がりにはリラックスルームでドリンクを飲むことができます。人がいらっしゃって写真は撮っていません…

シティホテルに宿泊しながらゆったりと大きなお風呂に入れるのは嬉しいところです。難点は朝は11時からということと夜の受付は21時で終了と利用時間が短いことでしょうか。仕事などで宿泊の際はなかなか使いにくいですね。

最後に

シェラトン都ホテル大阪の宿泊記、特にプラチナ特典として無料で利用できるラウンジや朝食の様子、都ヘルスクラブのご紹介をしました。古い、狭い、ラウンジがしょぼいとよく聞きますが、日によってはビジネスホテル並みの値段で宿泊できますので、ホテルでのんびりするという使い方でなければいいホテルだと思います。特にプラチナ会員以上であれば10000円を切った値段で泊まれることもありますし、それでラウンジを利用できて朝食もつくのでリーズナブルだと思います。梅田や新大阪に出るには交通が不便ですから、仕事や観光が難波中心で、大阪へのアクセスが飛行機であれば選択肢に入れていいホテルだと思います。あとは本来のホテルの使い方ではありませんが宿泊数を稼ぐときには使いやすいホテルだと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事