ヒルトン大阪エグゼクティブルーム ダブル宿泊記

ヒルトン大阪に宿泊した際にヒルトンオナーズダイヤモンド会員特典としてエグゼクティブルームダブルにアップグレードされました。ヒルトン大阪エグゼクティブルームダブル宿泊記として、ヒルトン大阪の客室の種類、エグゼクティブルーム内部の様子を写真を用いてご紹介します。

スポンサーリンク

ヒルトン大阪客室の種類

梅田の中心・JR大阪駅の真向いで徒歩数分とビジネス・観光の拠点としてベストロケーションにあるヒルトン大阪の客室は10種類526室から成ります。

ヒルトンルーム

ヒルトンルームダブル
ヒルトンルームツイン

デラックスルーム

デラックスルームダブル
デラックスルームツイン

エグゼクティブルーム

エグゼクティブルームダブル(今回紹介)
エグゼクティブルームツイン

スイート

和室スイートルーム
エグゼクティブスイートルームダブル
エグゼクティブスイートルームツイン
プレジデンシャルスイート

エグゼクティブスイート宿泊記は以下の記事をご参照ください

ヒルトンオナーズダイヤモンド会員特典でエグゼクティブルーム ダブルにアップグレード

現在私はステータスマッチによりヒルトンオナーズダイヤモンド会員となっています。ヒルトンオナーズダイヤモンド会員にステータスマッチする方法やステータスマッチに成功しやすい会員資格については以下の記事をご参照ください。

各高級ホテル上級会員資格の特典や上級会員への近道については以下の記事をご参照ください

今回は最安ヒルトンルームダブルで予約していました。事前でアプリでチェックしていると当日にエグゼクティブルームダブルにアップグレードされているのは確認していました。

スポンサーリンク

ヒルトン大阪エグゼクティブルーム ダブル室内紹介

ヒルトン大阪エグゼクティブルームダブルは以下の見取り図のような間取りとなっています

 

部屋に入るとこのような感じです

窓際には長いソファーがあり、窓の障子で和の雰囲気があります

今回はマルビル側の眺望でした

ベッドサイズは200x200cmと大きいです

ベッドの枕側から見るとこんな感じです

キャビネット、テレビ、デスクがあります

テーブルは丸いですが大きくてPCなどの作業にも使いやすいです

ウェルカムギフトは和菓子と黒糖ラスク(右側箱の中)

テーブルの奥にはコンセントやLANポート、USBコンセントもあり便利です

入り口方向を見るとこんな感じです。お風呂はスケスケですので気になるなら障子を閉めましょう

キャビネットの上には電気ケトル、ネスプレッソ、アイスペール、無料のミネラルウォーター

キャビネットを開けると冷蔵庫と三段引き出しがあります

引き出しの中は下の画像の通り

冷蔵庫の中は以下の画像の通りです

ラゲッジスペースの下にはパジャマが置かれています

ラゲッジスペースと入り口の間には5段の収納があります。

ラゲッジスペースとキャビネットの間にはクローゼットがありバスローブやスリッパ、セーフティボックスなどがあります。

入り口入って右側のウェットエリアを見てみましょう

女優ライト付きの洗面台です

アメニティはヒルトンおなじみのクラブツリー&イブリン

浴室は木目調

シャワーはハンドシャワーのみ

深めの浴槽

エグゼクティブルームならエグゼクティブラウンジも利用可

エグゼクティブルームにアップグレードされれば2018年春に3階に移転し、295平方メートルと約2倍の広さに増床された3階エグゼクティブラウンジエグゼクティブラウンジを利用することも可能です。

ヒルトン大阪エグゼクティブラウンジの様子は以下の記事をご参照ください

最後に

ヒルトン大阪エグゼクティブルーム ダブル宿泊記として、ヒルトン大阪の客室の種類、エグゼクティブルーム内部の様子をご紹介しました。

ヒルトンによく宿泊されるのであればHPCJに入った方がお得です!HPCJについては以下の記事をご参照ください

スポンサーリンク
おすすめの記事