IHGダイヤモンド会員特典は無料朝食も!IHGワンリワードの新会員ランク・会員特典・ステータス基準解説

IHGワンリワードダイヤモンド会員の特典について2022年度より変更となった会員ランク・ステータス基準と合わせて解説します。予想されていた朝食無料だけでなくマイルストーン特典で宿泊すればするほど特典が増え年間通してのラウンジアクセス付与、スイートへのアップグレード特典など期待以上と言えるのではないでしょうか?

IHGダイヤモンド会員特典
・朝食2名分
・アーリーチェックイン、レイトチェックアウト
・アップグレード対象にスイートルームが追加
・リワードナイト(無料宿泊)必要ポイントディスカウント
・ダイヤモンド会員専用サポートサービス
・エリートロールオーバーナイト
・マイルストーンボーナス(40泊で年間ラウンジアクセス権など)

新IHGリワード(IHG ワンリワード)は2022年4月13日より開始!

新IHGリワード「IHG One Rewards」(IHGワンリワード)は4月13日に開始となり、4月17日までにすべての会員アカウントに適用される予定です。特典については6月上旬から利用可能となるようです。

新たな特典をチェックしていきましょう

無料朝食(ダイヤモンド会員)

ダイヤモンド会員は、6月よりウェルカムアメニティとして、2名分の朝食を無料で選択できます。

ただし、Candlewood Suites、Holiday Inn Club Vacations,、一部のKimpton、 InterContinental Alliance Resorts (Las Vegas and Macau)、Mr. and Mrs. Smithは対象外のようです。

アーリーチェックイン、レイトチェックアウト(プラチナ会員、ダイヤモンド会員)

今まではスパイア会員のみの特典でしたが、2022年6月からはダイヤモンド会員に加え、プラチナ会員もアーリーチェックインの対象となります。
プラチナ会員とダイヤモンド会員がアーリーチェックインを希望した場合、ホテルは空室状況に応じて最善を尽くし、部屋を用意するようにするとのことです。また、こちらも空室状況によりますが、全ての会員が午後2時までのレイトチェックアウトをリクエストできるようになります。入会するだけでなれるクラブ会員でもレイトチェックアウトが可能になるのは大きいと思います。

スイートへのアップグレード(プラチナ会員、ダイヤモンド会員)

プラチナ会員とダイヤモンド会員にはアップグレードの客室についてスイートルームが対象客室に追加となるようです。こちらについては近日中に導入される予定とのことです。

ポイント宿泊のディスカウント(プラチナ会員、ダイヤモンド会員)

新IHGリワード(IHG Oneリワード)のポイントを利用した無料宿泊において割引プロモーションを利用できるようです。つまり、無料宿泊に必要な必要ポイントが割引となります。

専用サポートライン(ダイヤモンド会員)

2022年6月よりダイヤモンド会員専用のサポートラインが開設されるようです。ダイヤモンド会員は、IHGアプリまたはウェブサイトのIHGワンリワードアカウントからサポートラインへのアクセスが可能となるようです。

エリートロールオーバーナイト(ゴールド会員、プラチナ会員、ダイヤモンド会員)

エリートロールオーバー・ナイトとは、ゴールド会員、プラチナ会員、ダイヤモンド会員が資格達成後に余った宿泊数を全て翌年の実績としてロールオーバー(繰り越し)することで、翌年により早くステータスを獲得することが可能となるシステムです。

マイルストーン特典

新IHGリワード(IHG Oneリワード)はマイルストーンリワードを導入し、20泊から100泊まで10泊クリアするごとに好みのリワードを選択することができます。これはHyattに似ていますね。

マイルストーンボーナスの詳細については以下の公式サイトをご参照下さい

まとめますと以下のようになります

必要泊数 選択できるリワード
20泊 以下から1つ選択可

5,000ボーナスポイント

フード & ビバレッジリワード×2

スイートアップグレード×1

30泊 以下から1つ選択可

5,000ボーナスポイント

フード & ビバレッジリワード×2

40泊 以下から2つ選択可

10,000ボーナスポイント

フード & ビバレッジリワード×5

スイートアップグレード×1(1回のみ)

年間ラウンジアクセス権(1回のみ)

50泊 以下から1つ選択可

10,000ボーナスポイント

フード & ビバレッジリワード×5

60泊 以下から1つ選択可

10,000ボーナスポイント

フード & ビバレッジリワード×5

70泊 以下から2つ選択可

10,000ボーナスポイント

フード & ビバレッジリワード×5

スイートアップグレード×2(1回のみ)

年間ラウンジアクセス権(1回のみ)

80泊 以下から1つ選択可

10,000ボーナスポイント

フード & ビバレッジリワード×5

90泊 以下から1つ選択可

10,000ボーナスポイント

フード & ビバレッジリワード×5

100泊 以下から1つ選択可

10,000ボーナスポイント

フード & ビバレッジリワード×5

フード&ビバレッジ リワード

フード&ビバレッジリワードは1枚につき20ドル相当となり、一度に複数回使用することも可能です。以下の規約を見ると日本で利用する際は2000円に換算されるようです。

有効期限はマイルストーンボーナスとして選択してから12か月間です。

以下に規約を引用します

IHGワンリワーズ会員は、飲食特典のポイントを交換し、対象のIHGホテル&リゾートで、ホテル滞在中に適用される飲食料金について、クーポンごとに最大20USドルまでクレジットを適用することができます。会員の該当の料金合計が20USドル未満の場合でも、各飲食特典は一度のみご利用いただけます(該当の飲食料金15USドルに対する飲食特典のポイント交換は、15USドルのクレジットのみです)。
・飲食特典はマイルストーンの選択から12か月間有効です。
・適用料金は施設によって異なりますが、通常は飲食代とチップを含みます。
・飲食特典は、会員の国や地域に応じて、6つの通貨で発行され(20米ドル、15英ポンド、15ユーロ、125中国元、2,000円、および70サウジアラビア・リヤル)、その他は全て20米ドルの特典となります。特典金額とクレジット金額は、ポイント交換時にホテルの現地通貨に換算されます。
・ご滞在1回あたり会員が使用できる飲食特典の数に制限はありません。
・会員様各自の責任において、クレジット適用後の残高をご確認ください。
・IHGワンリワーズ ポイントの獲得は、残高に対してのみ可能です。
・飲食特典は譲渡できません。また複数の客室、または宿泊予約、共有客室に適用することはできません。
・獲得ポイントは、交換、差し替え、または現金もしくはその他の種類のクレジットへの変換はできません。
・一度ポイント交換をすると、飲食特典は変更やキャンセルはできません。
・飲食特典は、飲食の該当料金全額に適用されます。つまり食事のみ、またはドリンクのみに適用することはできません。
・飲食特典は、料金が第三者によって支払われる、グループ、パッケージツアー、または会議でのご滞在の場合、飲食特典は適用されません。
・特典は、ホリデイ・イン クラブバケーションズを除くすべてのIHGブランドでご利用いただけます。また、Mr & Mrs Smithのホテルやリゾート、インターコンチネンタル アライアンス リゾート(ラスベガスおよびマカオ)では、この特典はご利用いただけません。
・自動販売機、Uber Eatsなどの第三者が提供する外部デリバリーサービス、客室料金へのチャージができないレストラン、ギフトショップ、およびミニバーへのチャージにかかる税金は対象外となります。
・マーケットプレイスで特典を利用することはできません。

スイートルームアップグレード

スイートルームアップグレードは、5泊までの滞在時に客室をアップグレードするために利用できます。アップグレードはチェックインの14日前から24時間前までにIHG One Rewardsに連絡することで適用されます。

規約を引用します

スイートルームをご利用いただけない場合、エントリーレベルのスイートルームまたはプレミアムルームへのアップグレードを1室のみ承ります。
・確約済みスイートアップグレード特典は、マイルストーンでの選択から12か月間有効です。
・確約済みスイートアップグレードは、40泊および70泊に達したマイルストーン時点で1回のみご選択いただけます。
・確約済みスイートアップグレードは、ベストフレックス料金、会員割引、政府関係者割引価格、一部のコーポレート レート、およびパッケージ料金など、対象料金でのご滞在についてのみ承ります。
・事前決済が必要な予約ではご利用になれません。
・確約済みスイートアップグレードは、必ずIHGカスタマーケアにご連絡いただいた上でご利用ください。
・確約済みスイートアップグレードは、ご到着の14日前からチェックインの24時間前まで承ります。
・最大5泊までのご滞在についてご利用になれます。
・確約済みスイートアップグレードは、会員様の客室にのみ適用されます。したがって、この特典を譲渡することはできません。
・スイートアップグレードは、現金や他の種類のクレジットに交換することはできません。
・確約済みスイートアップグレードは、グループでのご滞在、パッケージツアーでのご滞在、または会議でのご滞在で、料金が第三者によって支払われるものについてはご利用になれません。
・プラチナエリート、ダイヤモンドエリート会員の方は72時間保証の対象外となります。
・ホテルのキャンセルポリシーに定める期間内にキャンセルされた場合、確約済みスイートアップグレード特典は会員のリワードウォレットに戻され、元の有効期限が適用されます。
・多大な需要が発生する特別なイベント時には、ホテルの判断により、確約済みスイートアップグレードのご利用可能状況に例外を適用させていただく場合があります。
・会員様が確約済みスイートアップグレード特典をご利用になったにもかかわらず実際にはご宿泊をされなかった場合、アップグレード特典は無効になります。
・確約済みスイートアップグレードは、ロイヤルアンバサダー、アンバサダー、Inner Circle会員のアップグレード保証に加えてさらにご利用になることはできません。
・確約済みスイートアップグレードは、一部例外(avidホテル、アトウェル スイーツ、IHG軍用ホテル、ホリデイ・イン クラブバケーションズ、インターコンチネンタル アライアンス リゾート(ラスベガスおよびマカオ)、シックスセンシズ ホテルズ リゾーツ スパ)を除いたすべてのIHGブランドでご利用いただけます。
・一部のホテルやリゾートでは、スイートルームのご用意に限りがあります。スイートルームをご用意できない場合には、プレミアムルームをご提供いたします。

年間ラウンジアクセス権

40泊または70泊した場合のマイルストーンボーナスで年間ラウンジアクセス権を選択できます。40泊または70泊をクリアした年の残りの期間と翌年に有効となります。

マイルストーンリワードの獲得は達成から90日以内にいずれかのオプションを選択する必要があります。この文言から、ちまたでは10月にクリアした場合90日たった1月1日に年間ラウンジアクセス権を選択した場合丸々2年間利用できるのではないかといわれていますが、それは甘いのではないかと個人的には感じています。もしそうならよいニュースですが、あまり期待せず正式なアナウンスを待ちたいと思います。

規約を引用します

ラウンジ会員資格をお持ちの場合、登録会員様に加え、ゲストの方お一人様(追加ゲストはホテルに滞在する必要はありません)までに限り、滞在期間中またはチェックアウト時まで、ホテルのクラブラウンジおよび供用施設(ライブラリー、ミーティングルーム、ビジネスステーションなど)をご利用いただけます。
・年間ラウンジ会員を選択すると、会員資格はその年の年末までと、これに加えて12か月間有効となります(例:2022年6月に年間ラウンジ会員マイルストーンを選択した場合、2023年12月31日まで有効となります)。
・年間ラウンジ会員特典は貯めておくことはできません。会員は、40泊または70泊のマイルストーンに達した時点で年間ラウンジ会員を1回選択していただくだけで、会員としてのメリットを最大限活用し、同年の年末までに加えて12か月の間、有効にご利用になれます。
・ラウンジでの飲食のご提供および追加のアメニティは地域およびホテルごとに異なります。
・ラウンジの年間会員資格は、改装や閉鎖、その他の施設側の制限のない限り、クラブラウンジのあるIHGのホテルやリゾートでご利用いただけます。
・年間ラウンジ会員には、クラブリージェントやクラブインターコンチネンタルの実際のラウンジ以外のアメニティやサービス(例:無料プレス、送別用アメニティ、空港送迎など)は含まれません。
・年間ラウンジ会員資格は、対象となるご宿泊についてのみ有効です。

IHGリワードの会員ランク・ステータス基準が2022年4月より変更

IHGリワード(旧IHGリワーズクラブ)とは?

IHGホテルズ&リゾーツの会員プログラムです。2021年インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)が、IHGホテルズ&リゾーツにブランドを変更したと同時に、ロイヤリティプログラムについても「IHGリワーズクラブ」から「IHGリワード」に名称を変更しました。

以前のIHGリワーズクラブから 「クラブ」を取り除き、すべての人を温かくお迎えしたいという思いを込めたそうです。

さらに2022年には「IHG One Rewards」(IHGワンリワード)に名称が変更となりました。

登録料・年会費は無料でIHGのホテルで様々な特典を受けることができます。

IHGリワードの会員ランクは4段階→5段階に

2022年1月時点では、IHGリワードには、1暦年(毎年1/1〜12/31)の宿泊数や獲得ポイントに応じてクラブ、ゴールド、プラチナ、スパイア4段階のステータスがあります。クラブ会員は入会するだけでなれます。

2022年4月以降は

・シルバーが新設
・スパイア→ダイヤモンドに名称変更

となります。つまり、

クラブ、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドと5段階のステータス

となります。

IHGリワードのステータス基準が変更

上述のようにIHGリワードの会員ランクが4段階→5段階に変更になるとともに、各ステータス獲得基準が変更となります。

シルバー ゴールド プラチナ ダイヤモンド
宿泊数 10泊 20泊 40泊 70泊
ポイント数 - 40,000ポイント 60,000ポイント 120,000ポイント

現在はコロナの影響でステータス基準が緩和中

IHGも2020年に実施していた上級会員資格の条件緩和を、2021年も継続実施することを発表しています。

・エリート会員資格を得るための必要ポイント数や宿泊数が25%引き下げとなります。

ステータス獲得基準(例年)

ゴールド プラチナ スパイア
宿泊数 10泊 40泊 75泊
ポイント数 10,000ポイント 40,000ポイント 75,000ポイント

ステータス獲得基準(2021年~2022年3月)

ゴールド プラチナ スパイア
宿泊数 7泊 30泊 55泊
ポイント数 7,000ポイント 30,000ポイント 55,000ポイント

このステータス基準引き下げについては2022年3月まで適用されているようです。

IHGリワードの会員ランク・ステータス基準変更のまとめ

まとめますと以下の表のようになります。

会員ランク 宿泊数 ポイント数
シルバー 2020年以前 設定なし 設定なし
2021年 設定なし 設定なし
2022年 10 -
ゴールド 2020年以前 10 10,000
2021年 7 7,000
2022年 20 40,000
プラチナ 2020年以前 40 40,000
2021年 30 30,000
2022年 40 60,000
スパイア 2020年以前 75 75,000
2021年 55 55,000
ダイヤモンド 2022年 70 120,000

2021年までは基本的に上級会員獲得のための基準を満たすには「宿泊数」と「ポイント数」を比べると「ポイント数」の方が条件を達成しやすいという状況でしたので、手が入ったのでしょうか。

私は数年前にボーナスポイントプランでポイントを稼ぎポイント数で基準を満たしスパイア会員となりました。

ただ、ボーナスポイントプランを利用すれば今後も「ポイント数」の方が条件を達成しやすいことには変わりなさそうです。プラチナやダイヤモンドを目指す場合、必要な宿泊数はあまり変わっていないですが、必要なポイント数が相当増えたということになります。

しかし、今後は宿泊数を稼いだ方がマイルストーンボーナスで特典がどんどん貰えますのでステータスそのものを狙うのか、特典を狙うかにより戦略は異なってくると思われます。

2023年2月までは会員ランクの降格はなし

今のステータスがいつまで維持されるかはFAQに書かれています

2. What tier will I be in after these changes take effect?

All members’ statuses have been extended through February 2023. This means that Gold Elite and Platinum Elite members’ tier names will not change during 2022. Spire Elite members will see their tier name change from Spire Elite to Diamond Elite when the new program launches.

Once the new tier structure goes live during March, using the new criteria as shown in the table below, we will start to move members who have qualified for an upgrade into a higher tier.

3. Will I be downgraded if I haven’t achieved the new nights threshold?

All Elite statuses have been extended through February 2023. However, once the new program has launched, if you did not reach the qualified nights or points threshold between January 1, 2022 and December 31, 2022, your status will be downgraded in early 2023.

まとめますと

・全ての会員のステータスは2023年2月まで延長されている。
・スパイアエリート会員は、新プログラムが開始されると、スパイアエリートからダイヤモンドエリートへとティア名が変更される。
・3月中に新しいステータス基準開始後、新基準で上位ステータスの基準を満たせば会員ランクは上がる。
・2022年1月1日から2022年12月31日の間に新基準でステータス基準を満たさなければ2023年初めに会員ランクは下がる。

つまり、2023年2月まで現在のステータスから上がることはあっても、降格となることはありません。

インターコンチネンタルアンバサダーの制度に変更はなし

IHGグループのホテルの中で最も高級な「インターコンチネンタルホテル」にはアンバサダープログラムという有料会員プログラムがあります。こちらの会員になると特典がたくさんあり、インターコンチネンタルを利用する頻度が高い人はもちろん、ウイークエンド無料宿泊券の存在により1回の滞在だけで元が取れる(それ以上お得になる)可能性があります。

インターコンチネンタルアンバサダーの詳細については以下の記事をご参照下さい

今回のIHGリワードの会員ランク・ステータス基準変更によってFAQに書かれている内容を見る限りはインターコンチネンタルアンバサダーの内容には変更はなさそうです。

Ambassador & Royal Ambassador

1. Are the Ambassador or Royal Ambassador loyalty programs changing as part of the new IHG Rewards loyalty program?

No, we are not making changes to the Ambassador or Royal Ambassador programs at this time.

IHGリワードの会員ランク・ステータス基準変更についてのFAQについては以下のリンクから公式サイトをご参照下さい

IHGワンリワードの会員特典(2022年6月以降)

特典 クラブ シルバーエリート ゴールド
エリート
プラチナ
エリート
ダイヤモンド
エリート
翌年のステータスのための繰り越し宿泊(エリートロールオーバーナイト) - -
ボーナスポイント獲得 - 20% 40% 60% 100%
ポイント獲得
無料宿泊特典

(利用除外日がなくいつでも利用可)

ポイント有効期限なし -
会員料金
会員限定キャンペーン
無料宿泊特典の割引 - - -
ダイヤモンド専用サポート - - - -
無料インターネット
客室保証 - - - 72時間 72時間
無料アップグレード

(空室状況による)

- - -
ウェルカムアメニティ - - - ポイント

または

飲み物/スナック

 朝食、ポイント、飲み物/スナックの無料サービス
アーリーチェックイン

(空室状況による)

- - -
 レイトチェックアウト

(空室状況による)

午後2時 午後2時 午後2時 午後2時 午後2時

IHGリワード(旧IHGリワーズクラブ)の会員特典(2022年4月まで)

参考までに2022年4月上旬までのIHGリワードの会員特典を表にまとめますと以下のようになります。

スパイアチョイス特典(25,000ボーナスポイント)は2022年4月13日で廃止のようです。

特典 クラブ ゴールド
エリート
プラチナ
エリート
スパイア
エリート
ポイントまたはマイルの獲得
会員専用料金(YOUR RATE)
無料インターネット
会員専用の電話によるカスタマーサービス
無料宿泊特典

(利用除外日がなくいつでも利用可)

特典での無料宿泊でステータス獲得に必要な宿泊にカウント
レイトチェックアウト -
ポイント有効期限延長(期限なし) -
プライオリティ・チェックイン -
基本ポイントにボーナスポイントを加算 - 10% 50% 100%
客室の無料アップグレード - -
客室の保証サービス - -
ハーツGoldプラス・リワーズFive Starステータスへの限定アップグレード - - -
ステータス獲得・更新時の特別選択式特典(25000ポイントorプラチナエリートステータスを友人にプレゼント) - - -
アーリーチェックイン(午前10時) - - -

IHGワンリワード会員規約

IHGワンリワード会員規約は以下のリンクからどうぞ!

最後に

IHGリワードのダイヤモンド会員の特典が決定しましたので2022年度より変更となった会員ランク・ステータス基準と合わせて解説します。予想されていた朝食無料だけでなくスイートへのアップグレード、マイルストーンボーナスで年間通してのラウンジアクセス付与などなかなか充実した特典となりました。しかも、今まではボーナスポイントプランで上級会員になった場合と宿泊数で上級会員になった場合では特典は同じでしたが、きちんと宿泊数を稼いだ人に40泊で年間ラウンジアクセス権などどんどん特典が付与されるシステムは面白いと感じました。

おすすめの記事