函館の市場といえばJR函館駅からすぐの場所にある朝市が観光名所として有名です。しかし、朝市は市場というよりはもはや観光名所化しています。客引きがすごい、アジア系の観光客が多いということもあり個人的にはちょっと苦手です。またどこのお店もカニ、ウニ、いくら、夕張メロンなど同じようなものを売っているのも何だかひっかかります。いろいろ調べていると他にも市場があることを知りました。中でも「はこだて自由市場」は駅からも近く、地元の人々や料理人の方も買い物をするとのこと!今回はこちらの市場を訪れて実際に買い物をしてみましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

自由市場の場所

函館駅から歩いても10分ちょっとで着きますし、市電「新川町」電停の目の前です。アクセスもとても便利です。 下の地図赤丸の場所です。

自由市場の概要と様子

「はこだて自由市場」は、駅前の朝市と同じで戦後の闇市を起源として発展した市場のようです。

朝市は観光地化しており、地元の人々はあまり買い物をしないようですが、こちらの自由市場は地元の人々や近隣の飲食店の方も買い物されています。僕は旅先ではレストランでもお店でもなるべく地元の方々も利用するところかどうかという点を重視しています。

建物は比較的新しく、鮮魚、青果、乾物など60軒余りの店が通りに沿って整然と並んでおりとても見やすいですし分かりやすいです。

規模は朝市よりかなり小さいですが、特に魚介類の豊富さには定評があるそうで値段も朝市より安いと感じましたし、素人目には鮮度もいいように思いました。

またしつこい客引きもなくゆっくり品定めができます(笑)。 イートインコーナーもあり、市場で買ったものを食べるスペースがあり、はしと醤油も置いてあります。観光客にも対応されているところもいいと思いました。

また、朝市のお店と一番違うと感じたのは、それぞれのお店は得意分野が違い、置いているものがお店により大きく違うことです。朝市はどのお店もカニ、ウニ、いくらが並んでいてどこで買えばいいのかよくわかりません。しかし自由市場はある程度専門性があるようで鮭ばかり並んでいるお店、貝ばかり扱っているお店などなどお店によって特色があります。例えば上の写真の左手のお店の看板を見てください。「すじ子・たらこ・いくら」と書かれており、魚卵が専門のようです。医者にかかる場合、「内科・外科・整形外科」とどれが専門かよくわからないクリニックにかかるのはちょっと不安ですよね?「消化器内科」と専門がはっきりわかるクリニックにかかる方が安心じゃないですか?あれと同じでそれぞれの専門のお店で説明を聞きながら買えるのがうれしいところです。

いろいろ調べると鮮魚は前鮮魚店、貝類はヤマサ佐藤商店、鮭は新巻のたかはしが専門だということでした! それぞれ専門のお店でいろいろ話を聞きながら選ぶのがいいと思います。

毎月8、18日は「市場の日」と銘打った特売デーで、普段よりお得な商品が並ぶようです。僕は残念ながら日程が合いませんでしたが、滞在中にちょうど「市場の日」があれば是非その日に行かれた方がいいと思います。

本当は最終日に市場で鮮魚を購入して飛行機で持ち帰り夕食にしたかったのですが、木曜日から日曜日までの滞在だったので最終日の日曜日は市場は閉まっているので断念…。比較的日持ちする海鮮物のみ帰宅する日に着くように宅配便で発送する作戦に変更しました。

いろいろ調べるといくらは自由市場では丸み佐藤商店がオススメとのことでこちらでいくらを購入します。試食させて頂きましたが噛むと磯の風味が口の中に広がりとても美味しかったです。サイズはいろいろありましたので相談して4000円のものを購入しました。帰宅後イクラ丼にして食べましたが最高でした!

その後はうろうろして高野鮮魚店でお刺身とウニ、一夜干しを購入しました。ここの市場では他のお店で購入した物も同梱発送して下さるとのことで大変助かります。それぞれ専門の気になるお店で購入して最後にまとめて発送して頂くことも可能です!

購入して自宅に発送して頂いたものの一部です!

また僕は入りませんでしたが「市場亭」や「COFFEEマルシェ」といった飲食店が入っていて海鮮丼なども食べられるようです!

また他にも市場はあります!

スポンサーリンク

中島廉売

自由市場からさらに五稜郭方面に少し行ったところ、「堀川町」電停の近くにあります。周囲には目ぼしい観光スポットはないので、観光客はほとんどいません。市電を降りたのも僕ひとりでした。

市場というよりは商店街と言った方がいいのでしょうか?中島町大通り商店街と露店商からなっているようです。廉売という名前の通り安いのでしょう!少なくとも鮮魚類については朝市よりは安いと感じました。

子供の頃に祖母の家の近くにあった市場に似ていて「昭和の近所の市場」って感じでちょっと懐かしい雰囲気です。自由市場に比べるとちょっと暗くて雑然としていますがこういう雰囲気嫌いじゃありません。平日のお昼過ぎでお客さんが少なすぎて写真を撮るのは憚られたため写真はありません。

塩辛などとても惹かれる物も売っていたのですが前述のように僕の函館滞在最終日は日曜日でまとめてお土産を発送するのなら自由市場の方が便利そうだったので今回は買い物しませんでした。次回函館を訪問するならば中島廉売でも買い物したいところです。

朝市での買い物や食事は目的をはっきりと

もちろん朝市も悪いところばかりではありません!駅から近く駐車場もあり交通の便はいいです。

いかを釣って楽しんだり、食べ歩きをしたり、雰囲気を楽しんだりするにはいいと思います。また海鮮物の買い物についてもいいお店もちゃんとあるようです。事前に詳しい人におすすめを教えてもらったり、自分ですごく調べたりしてここっていうお店に行って買い物をしたり食事をしたりするにはいいと思います。ただ客引きを断れずに購入したり、飛び込みで入ったお店で買ったり食べたりするのはやめた方がいいと僕は思います。僕も乾物については事前に調べて美味しそうな昆布屋さんがあったので僕も朝市で買い物しました。  

朝市は観光名所でもあり観光に行かれた方なら一度は足を運ぶとは思いますが、海産物のお土産を購入するのであれば「自由市場」や「中島廉売」を候補に入れるのがいいのではないかと個人的には思いました!時間があれば朝市だけでなくこれらの市場も覗いてみてください。

 



結論

函館は朝市が有名ですが、海産物を買うには「自由市場」や「中島廉売」といった市場も選択肢に入れるのがいいでしょう!それぞれの市場の特性を理解して函館での買い物や食事を楽しみましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事