【宿泊記】ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋【アメックスフリーステイ】
スポンサーリンク

アメックスフリーステイギフトを利用しザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋に宿泊しました。ザ ロイヤルパークホテルアイコニックの第1号として2020年3月に開業したホテルですが、御堂筋のシンボルであるイチョウの黄色をアクセントカラーにした落ち着いたデザインの客室は機能的で居心地もよくお勧めできるホテルです。

ザ ロイヤルパークホテルアイコニックとは?

三菱地所グループのロイヤルパークホテルズアンドリゾーツはフルサービス型ホテルのクオリティをそのままに宿泊機能に特化したプレミアム宿泊主体型ホテル「THE シリーズ」を 2011 年より展開しています。2019年に「THE シリーズ」におけるフラッグシップブランド「ザ ロイヤルパークホテルアイコニック(The Royal Park Hotel Iconic)」を新たに立ち上げました。ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋「ザ ロイヤルパークホテルアイコニック」の第1号として、2020年3月16日に開業しました。

2003 年開業の「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」は2020年4月1日にザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留へリブランドしています。また、2024 年度開業予定の「名古屋栄計画」も「ザ ロイヤルパークホテルアイコニック」での開業が予定されています。

スポンサーリンク

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋とは?

2020年1月に竣工した御堂筋沿いの高層ビル「オービック御堂筋ビル」の15~25階に入居しています。

御堂筋沿いの建物は高層建築が認められなかった経緯があり、今までは大型ホテルがあまり見られませんでした。1920年に定められた「百尺規制」により高さが百尺(約31m)までとされていました。また、1969年の建築基準法改正後は「容積規制」に基づく大阪市の指導により高さに一定の制限が設けられてきました。2007年から一部地区に限定して高さ制限の緩和が実施され、2013年3月には「新しい街並みの誘導ルール」により一定の条件を満たしている場合、従来の高さ制限(60m)を緩和し、高さ140mまでのビルが建てられるようになりました。2017年5月着工の「オービック御堂筋ビル」は、御堂筋高さ制限解除第1号(新しい街並みの誘導ルールに基づき、高さ・容積緩和・にぎわい創出等を地区計画で適用する第一号)となっています。

スポンサーリンク

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋へのアクセス

場所を確認しましょう。

大阪のメイン通り御堂筋沿いにあります。駅で言えば大阪メトロ御堂筋線の淀屋橋駅(下の地図赤丸)と本町駅(下の地図緑丸)の間です。どちらの駅からも近い出口からは徒歩3~4分で到着します。ですから、難波や天王寺など南方面から行かれる場合は本町駅、梅田や新大阪など北方面から行かれる場合は淀屋橋駅で下車されると便利でしょう。

梅田エリア(下の地図の青丸)や心斎橋エリアからも歩いて行けない距離ではありません。荷物が少ないのであれば気候の良い時期は御堂筋を散歩がてら20分も歩けば到着できると思います。

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋 客室の種類

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋はスタンダードフロアとエグゼクティブフロアに分かれており、以下の客室があります。

スタンダードフロア(16~23階)

客室タイプ 広さ ベッドサイズ
コンフォートダブル 21.21㎡ W140cm×L197cm
スタンダードツイン 26.01㎡ W110cm×L197cm
スタンダードキング 26.01㎡ W220cm×L197cm
スーペリアツイン 28.46㎡ W110cm×L197cm
スーペリアキング 28.46㎡ W220cm×L197cm
コーナーツイン 34.32㎡ W110cm×L197cm
コーナーキング 34.32㎡ W220cm×L197cm
ユニバーサル 28.53㎡ W120cm×L197cm

エグゼクティブフロア(24~25階)

客室タイプ 広さ ベッドサイズ
エグゼクティブスタンダードキング 26.01~27.81㎡ W220cm×L197cm
エグゼクティブスタンダードダブル 27.09㎡ W180cm×L197cm
エグゼクティブデラックスツイン 40.12~42.14㎡ W120cm×L197cm
エグゼクティブデラックスキング 41.85~42.71㎡ W240cm×L197cm
エグゼクティブコーナーデラックスツイン 60.08~60.34㎡ W120cm×L197cm
エグゼクティブスイート 68.86㎡ W140cm×L197cm
アイコニックスイート 102.52㎡ W140cm×L197cm

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋の入り口からロビーの様子

ビル自体は高層で目立つのですが、御堂筋側はホテルの入り口は分かりにくいです。このロゴとドトールが目印となります。

御堂筋側からホテルのエレベーターへは少し奥へ進んで行く必要があります。フロント・ロビーは15階です。

エレベーターを降りると正面のオブジェと夜景が目を惹きます!そして、とってもいいにおいがします。

フロントは照明が印象的です。ちなみにチェックアウトは自動精算機でも可能なようです。

さて客室階に上がります。今回は23階でした!

御堂筋に建つホテルらしく御堂筋のシンボルである「いちょう」がカーペットにあしらわれています

ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋スタンダードツイン室内の様子

さて室内をチェックしていきましょう!今回はスタンダードツイン(26㎡)のお部屋です。

入ってすぐはこのような感じに見えます。やはりカーペットのいちょうといちょうらしい黄色が目を惹くお部屋です。

入ってすぐ左はウェットエリアです。こちらも黄色が基調となっています。

トイレは独立していません。

洗面所はこんな感じでシンプルです。

アメニティーは新型コロナウイルス対策のためかフロントで紙袋に入れて渡されました。

歯ブラシ、バスソルト、シャワーキャップ、ヘアブラシ、コットン、綿棒、ボディタオル、カミソリ、アルコールウェット

お風呂は独立しており洗い場付きです。レインシャワーもあります。

洗い場、浴槽ともにこのサイズの部屋にしてはゆったりしている印象です。

アメニティはイタリア製の「ミレニアムオーガニックス」

ウェットエリア入り口とベッドルームの間にはオープンクローゼットがあります。ハンガー、アイロン、アイロン台、消臭スプレー、スリッパ、ブラシ、折り畳みバゲージラックが置かれています。

ベッドルームを見てみましょう!こちらも黄色が印象的なお部屋です。

ベッドはシモンズ社製でサイズは110×197cm

思っていたより寝心地はよかったです

写真では分かりにくいですがシーツには「THE」マークの透かしが入っていて肌触りがよく気持ちよかったです。パジャマもセパレートタイプで、よくあるクタクタのものでなく、質感や肌触りがよく気に入りました。

枕元には照明のスイッチとコンセント、USBコンセントがあります。こちらで部屋の全ての照明のON/OFFが可能です。

反対側の枕元にはいちょうがあしらわれやはり黄色が!

反対側と同様、照明のスイッチとコンセント、USBコンセントがあります。照明のスイッチはイラストもあって分かりやすいです!

下の引き出しを開けるとランドリーバッグとセーフティボックスがありました。

窓側にはイスとテーブルが置かれています。

何より目を惹くのがこちらの黄色の棚でしょう!ミネラルウォーターを取ろうとしてガラスに手をぶつけてしまいました(笑)

花瓶?、ワイングラス、無料のミネラルウォーター、お皿とカトラリー、アイスペールがディスプレイされています。

こういったホテルでは珍しい魅せる収納と言えるでしょう!

収納の下には引き出しが!

引き出しを開けると電気ケトル、グラスとカップ、無料のコーヒーが入っています

引き出しの下段は冷蔵庫です。中身は空っぽです。

棚の横にはシャープの空気清浄機が置かれています。

枕元からみるとこのような感じです。

テレビはYouTubeの視聴が可能で、HuluやNetflixなどの動画配信サービスも会員ならログインして見れます。また、クロームキャストで自分のスマホを画面に映すことも可能でした。

カードキーは黒でICONICの文字が入っています

こちらのお部屋は北側に面しており、梅田方面が見渡せます。夜景もキレイでした!

アメックスフリーステイギフトとは?

アメックスフリーステイギフトはアメックスプラチナカードの特典で継続2年目以降日本国内の対象ホテルで使用できる無料宿泊券のことです。

利用可能ホテルなど詳細については以下の記事をご参照下さい。

最後に

アメックスフリーステイギフトを利用してザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋 スタンダードツインに宿泊しましたのでスタンダードツイン室内の様子を中心にホテルの様子をご紹介しました。いわゆる宿泊特化型のホテルですが、クオリティーはシティホテル並みであり、お値段も2020年秋から冬は1万円台前半(Go Toトラベルキャンペーン適用で日付や部屋によれば10000円切り)のお値段で宿泊可能です。御堂筋沿いの静かな場所にあり、キタにもミナミにもアクセスはよく、個人的にはお勧めできるホテルだと感じました。

スポンサーリンク
おすすめの記事