ふるさと納税をご存知ですか?メディアでもしばしば取り上げられ多くの方が一度は耳にされたことがあるでしょうし、実際にこの制度を使われたことも多いでしょう。

私もふるさと納税を数年前から利用しており、自宅で使用する米やビールはふるさと納税をフル活用しています。

しかし、最近ふるさと納税に批判的な声が目立ち始めており総務省の指導でふるさと納税の返礼品を寄付額の30%程度に抑えるように、換金性の高い返礼品は自粛するよう要請されました。しかしながら、ビールはまだ還元率が50%を超える返礼品も存続しておりお得感があります。

そこでふるさと納税でどの自治体に寄付すればお得にビールが頂けるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

 ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。

手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられるだけでなく、多くの自治体では地域の名産品などのお礼の品も用意されています。

ふるさと納税の上限を把握しましょう

ふるさと納税は控除上限額内で寄附を行うと、総合計した寄附額から2,000円を引いた額の控除(還付)を受けることができます。つまり、2000円の負担でお礼の品を頂くことができます。ちなみに控除上限額は収入や家族構成によって異なりますのでご注意ください。

ご自身の控除上限額は下のリンクから概算をご覧ください。

 

 

もし詳細に計算されたい方は下のリンクをご参照ください。

 

 

それではビールがお得なふるさと納税をご紹介します!

還元率トップは「よなよなエール」

還元率第1位は「よなよなエール」です。クラフトビールの中では知名度が高いヤッホーブルーイングの人気ビールです。

ヤッホーブルーイング公式ホームページから引用してご紹介します

 

クラフトビールの王道の味わいを追求した、アメリカンペールエールです。
最大限に引きだされた鮮やかなホップの香り
最大の個性であるアロマホップ「カスケード」の香りを引き出すために、レシピの改良を重ねてきました。グラスを傾ければ、カスケード特有のグレープフルーツやレモンのようなホップ香が、フレッシュに香ります。
喉をとおったあともゆったりつづく香りの余韻
「味わい」として感じられる香りにも、こだわりがあります。 喉をとおったあとも、香りが心地よくとどまりつづけ、“戻り香”が鼻を抜けるように醸造。ゆったりとした余韻に、あなたをいざないます。
世界をめざして磨いた技術をよなよなエールに
これまでもWorld Beer Cupをはじめ、国内外のさまざまな賞を受賞。ホップ香の研究、新製品の開発など、世界品質のクラフトビールをめざして磨いた技術を、惜しみなくそそいでいます。

 よなよなエールはキンキンに冷やすより少し温度を緩めて香りを楽しむのがオススメの飲み方とのことです。

大阪府泉佐野市に1万円ふるさと納税すると、よなよなエール1ケース(350ml×24本)がもらえます。

実勢価格が何円なのかはお酒の大手通販「やまや」を参考にしてみます。

350ml24本で税込み6408円ですので64.1%の還元率となります!

楽天でふるさと納税をするとポイントが使えますので便利です。僕は各種キャンペーンや他の買い物で貯まった楽天ポイントでふるさと納税をしています。楽天でふるさと納税をすると少なくとも1%の楽天ポイント還元がありますのでお得です。

また「お買い物マラソン」や「楽天スーパーセール」の時にふるさと納税をするとポイント付与率がアップしますし、ふるさと納税の寄付(1自治体)も1件とカウントされます。

大阪府泉佐野市

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

B385 【ふるさと納税】よなよなエール 350ml×1ケース ビール
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/2/23時点)

 

 

楽天は使いたくないっていう方はふるさと納税のポータルサイト最大手「ふるさとチョイス」を使われるといいでしょう!僕もよく使っています。

同じヤッホーブルーイングの「インドの赤鬼」「水曜日のネコ」の方が若干お値段が高くて還元率が高いのですが現在品切れです…もし見つけたらラッキーと思って申し込みしてみるのもいいかもしれませんね

 

 還元率同率2位は「ザ・プレミアム・モルツ」「エビスビール」

次に還元率が高い第2位は「ザ・プレミアム・モルツ」「エビスビール」などのいわゆるプレミアムビールが同じ還元率で並んでいます

 ザ・プレミアム・モルツ

とっても有名なビールで皆さんご存知とは思いますが紹介をWikipediaより引用します

ザ・プレミアム・モルツは、サントリービールが製造し、サントリー酒類(2代目)が販売する麦芽100%のピルスナースタイルのプレミアムビールである。

 1万円ふるさと納税すると、ザ・プレミアム・モルツ1ケース(350ml×24本)がもらえます。

実勢価格を見てみましょう!

税込み5400円ですので、還元率は54になります

大阪府泉佐野市、和歌山県北山村、宮崎県都農町、佐賀県基山町など、複数の自治体で同一の返礼品が用意されています。泉佐野市は同じ値段でも泉州タオルのおまけがついていますのでナンバーワンですかね(笑)

大阪府泉佐野市

 

和歌山県北山村

 

宮崎県都農町

 

佐賀県基山町

 

福島県中島村

兵庫県洲本市

 ザ・プレミアム・モルツ香るエール

同じ1万円で香るエールがもらえる自治体もあります

 

 和歌山県北山村

 

 

 大阪府泉佐野市

 

 

エビスビール

こちらもとっても有名なプレミアムビールです

Wikipediaには

サッポロビールが製造・販売する麦芽100%ビールの商標。プレミアムビールに分類される。

とあります。

 1万円ふるさと納税すると、サッポロエビス1ケース(350ml×24本)がもらえます。

実勢価格を見てみましょう!

税込み5400円ですので、還元率は54になります

大阪府泉佐野市、和歌山県北山村、佐賀県基山町、兵庫県洲本市で同一の返礼品が用意されていますが泉佐野市はエビスビールも泉州タオルのおまけがついています(笑)

大阪府泉佐野市

 

 和歌山県北山村

 

佐賀県基山町

 

 

兵庫県洲本市

泉佐野市では「エビス華みやび」「エビスプレミアムブラック」も用意されています

エビス華みやび

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

B465 【ふるさと納税】エビス 華みやび 350ml×1ケース(24本)ビール
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/2/23時点)

 

 

エビスプレミアムブラック

 

他にもエビスビールが獲得できる返礼品はありますが、還元率No.1はこの4つの自治体です!

 他のビールは還元率は約50%!

オリオンビール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

B485 【ふるさと納税】オリオンドラフトビール 350ml×1ケース(24本)
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/2/24時点)

 

アサヒスーパードライ

 

キリン一番搾り

 

サッポロ黒ラベル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

B406 【ふるさと納税】サッポロ黒ラベル 350ml×1ケース(24本)ビール
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/2/24時点)

 

これらは全て1万円のふるさと納税をすると350ml24本がもらえます。

実勢価格を見てみましょう!例はオリオンビールを出していますが他も同じでした。

5054円で還元率50.5%となります。

しかし同じ10000円を払うならせっかくならプレミアムビールがいいですよね(笑)

 

 隠れトップは「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」

ビールの中で還元率が最も高いのは「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」です。プレミアムビールとして有名な「ザ・プレミアム・モルツ」よりさらにプレミアムな最高級ビールとされています。

Wikipediaから引用します

マスターズドリーム 醸造家の夢
レギュラー品と同じ素材を用いながら、新たに開発した技術や製法を用いて作り上げたスーパープレミアムクラスのビール。

 大阪府泉佐野市に1万円ふるさと納税すると、ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム305ml×1ケース(24本)がもらえます。しかし残念ながら現在は品切れ中です…

税込み7452円ですので何と74.5の還元率となります!

 ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]
ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 大阪府泉佐野市 - B520 ザ・プレミアム...
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/27213/439993
大阪府泉佐野市のお礼の品や地域情報を紹介。お礼の品や地域情報が満載のふるさと納税No.1サイト「ふるさとチョイス」なら、地域の魅力を知ったうえで、あなたが応援したい地域に簡単・便利にふるさと納税で寄附ができます。

以上ふるさと納税でビールがお得な自治体のご紹介でした!家でビールを飲まれる方はお得ですので是非こちらを参考にふるさと納税でビールをゲットして下さい

スポンサーリンク
おすすめの記事