前回まで3回にわたって大阪市内の有名なたこ焼き屋さんを食べ歩いて紹介しました

 

 

その1:市内北部編

その2:ミナミ編

その3:市内南部編(ミナミ以外)

 

今回はたこ焼き直球のお店というよりは変化球のお店を紹介します。

 

スポンサーリンク

自分で焼くたこ焼き屋さんはどうでしょう

大阪のたこ焼き屋さんをいろいろご紹介しました。当たり前ですがこれらのお店はお店の人が焼いてくれます。せっかく大阪に来たのなら自分で焼いてみたくありませんか?

蛸の徹

このお店では基本自分で焼いて食べるシステムです。大阪でもこのようなお店はあまり多くないので、国内旅行者に限らず外国人観光客にも大人気です。関西の人以外はなかなか自分で焼くことは少ないでしょうから面白いと思います。やってみるととても楽しいですよ。焼くのが苦手な場合は店員さんがお手伝いしてくれるようです。創作メニューがたくさんあるようなので自宅でのたこ焼きパーティーのレシピの参考になるかもです。

梅田地区に2店舗あります

 

 

 

たこ焼きをつまみながら飲むのもいいです

大阪にはたこ焼きをつまみに飲むお店もあります。

僕が個人的に行くのは谷町六丁目、空堀商店街近くにある「たこりき」と天神橋筋六丁目、天神橋筋商店街近くにある「GOBUGOBU」です。

たこりき

空堀商店街を語るのに欠かせないのは「こんぶ土居」です。大阪の出汁文化には昆布は欠かせません。こんぶ土居さんは「日本一の出汁の取り方教室」を開催するなど大阪の出汁文化には欠かせないお店だと僕は思っています。そしてそんな土居さんの近くには土居さんがここにあるからという理由で移転してきたお店もあります。うどん屋さんの「きぬ川」です。ここのうどん屋さんもとても美味しいです。そして、土居さんの昆布を使って出汁を取って焼いたたこ焼き屋もあります。それが「たこりき」です。たこりきの特徴は昆布だしとシャンパンではないでしょうか。たこ焼きをつまみにシャンパンを飲むのもいいものです!

久々にたこりきに行ってみましたが、体制を見直すためしばらく休業との張り紙がありました。残念…

 

 

そしてもう1件は日本一長い商店街である天神橋筋商店街から少しはずれたところにあるGOBUGOBUです。こちらのたこ焼きのおススメは「塩ラー油」です。まさに酒のあてにぴったりです!

 

 

 

ちょっと小腹がすいて飲みたい時にこういうお店もいいかもしれません

いか焼きも忘れてはいけません

あとはたこ焼きと言えばいか焼きを忘れてはいけません。

大阪以外の方にはたこ焼きは通じるけどいか焼きは通じないことにカルチャーショックを受けたことがあります。

大学時代、関西以外出身の友達に「いか焼き」の話をした時に彼が

 

 

(上の画像はhttps://matome.naver.jp/odai/2140759914841455101より引用)

を思い浮かべていたと後で聞いてとっても驚きました。大阪以外の人にはほぼなじみがないんですね…ちなみに上の画像はgoogle画像検索で「いか焼き」を検索して一番最初に出てくる画像です。やはり全国的にはこちらの方がポピュラーなんですね(笑)

いか焼きと言えば阪神百貨店です!以前はスナックパークと言うB級グルメを集めた立ち食いフードコートがありました。現在は阪神百貨店が改装工事で売り場面積を縮小しているため仮店舗での営業となっています。

 

 

そして、食べるスペースはありませんのですべて包装され持ち帰りとなってしまいます。

 

 

改装後はどのような形になるのかわかりませんが、スナックパークは復活してほしいですね。大阪らしいフードコートでしたから!

話は脱線しましたがメニューは以下の通りです。

 

 

ソースがいい感じでおやつにもお酒のあてにもいけます!

梅田に観光に来られた時は是非いか焼きも食べてみてください!

スポンサーリンク
おすすめの記事