日本内科学会2018年度セルフトレーニング問題を友人に頼まれて一緒に解きました。以下の記事には問題の解答と迷う問題についてはポイントや引用文献などを提示しています。

総合内科専門医更新のためには5年間にセルフトレーニング問題による単位を1回以上取得する(全問題の正解率が60%を超えた者について5単位を与える)必要があります。 また総合内科専門医資格認定試験を受験する際には直近数年間のセルフトレーニング問題は解いておいた方がいいと思われます。近年内科学会がどんな疾患を大事に考えているかというのはわかりますし、問題の雰囲気や傾向は試験に似ています。出題されている疾患や選択肢に出ている用語を調べるだけでも違うと思います。

問題番号はマークシート版に準じています。WEB版は問題番号がバラバラですのでご注意ください。WEB版の方でもどんな問題か分かりやすいように問題文の最初を一緒に記載しています。

個人的に調べて解いただけですので間違いもあるかもしれないことはご了承下さい。調べた時に参考にしたものについてはURLなど載せていますが、メジャーな疾患については全部書いていられませんのでyear noteなどご参照ください。一応認定更新研修単位が付与される60%は超えていると思います(笑)

まだ期間中ですので料金を支払って問題を入手していない方に問題をお見せするのは適切でなく問題自体は載せていません、また一般の方々にお見せする内容ではないので最低限の料金を設定してnoteの形式にしていますことをご了承ください。

問題1-25のポイントと解答は以下のnoteをご参照ください

問題26-50のポイントと解答は以下のnoteをご参照ください

こちらの記事は2018年9月30日をもって非公開とさせて頂きます

スポンサーリンク
おすすめの記事